• 2021-01-15
  • 2021-01-16

病院ガラガラ医療崩壊:新型コロナウイルス

この状況で誰が病院にかかろうというのでしょうか? まともな人間なら、このコロナ騒動で一番危険なのは病院と考えるに決まっています。 いつも混んでる病院が、ガラガラ。これも一種の医療崩壊?みんなコロナが怖くてよほどじゃないと来ないよね。大事を取 […]

  • 2021-01-14
  • 2021-01-14

若ハゲの原因と関わる食事とレンチン

若ハゲに悩む若者が増えていると言われている昨今。その原因をここで真剣に考えてみます。 食生活の劣化 まず一つ目に考えられる原因が食生活の劣化です。生まれた時から食品添加物や人工ビタミンまみれの加工食品を、有害なマイクロ波を放射する電子レンジ […]

  • 2021-01-08
  • 2021-01-13

放射能時代と上級国民の異常行動からみる脳と血液

放射能のことは怖くて口にもできないくせに、まだ発見されてないコロナウイルスに関しては聞かれてもないことをしゃべる自称専門家の方々。とても元気です。 正常性バイアスがと言ってる割に コロナウイルスを認めないのは「正常性バイアスが働いて都合の悪 […]

  • 2021-01-07
  • 2021-01-07

シャンプーでハゲどころか体調不良のオンパレード

シャンプーには様々な化学物質が含まれています。シャンプーの悪影響が薄毛・ハゲ程度の被害で終わるならまだマシなほうなのかもしれません。 頭皮から注入される有害物質 頭皮には10万個の毛穴があります。 毎日シャンプーをするたびに、頭皮の10万個 […]

  • 2021-01-03
  • 2021-01-04

ハゲるメカニズムと頭皮&細胞毒性

ハゲる人は頭皮が薄いことが確認されていますが、頭皮が薄くなると産毛のような細い毛しか生えなくなってしまいます。 その理由は一体何なのでしょうか。 頭皮は毛髪・毛根、畑と作物と根 頭皮は毛髪の関係は、畑と作物の関係にたとえられます。 畑の土が […]

  • 2021-01-02
  • 2021-01-02

シャンプーが破壊する毛髪と皮脂とキューティクル

シャンプーは含まれる界面活性剤などの有害物質によって頭皮を痛めるものとして説明をしてきましたが、頭皮だけに対するダメージでは済まず、髪の毛そのものを痛めることになります。 ケラチン 頭皮から出ている毛髪は死んだ細胞で構成されています。ケラチ […]

  • 2020-12-22
  • 2021-01-01

生物兵器ハンタウイルス騒動:新型コロナウイルス

確かにPCR検査は不正確であり、陽性の健康な患者ばかりが出てきてしまいウイルスの特定には向いていません。 でもコロナウイルス騒動が始まった当時は明らかに具合の悪い者がいて、芸能人でも急に肺炎になって入院して治療を受けた者もいました。謎の急変 […]

  • 2020-12-18
  • 2020-12-19

PCR検査とは一体何なのか:新型コロナウィルス

ピースィ〜ア〜ル!ピースィ〜ア〜ル! 「スィ〜」の発音で国民の感情を無駄に逆撫でしつつババアが叫ぶのでおなじみのPCR検査。一体何の検査なのかいまだに不明。そして発表される陽性者の数字も数字ばかりがポンポン出てきてうさん臭く、その過程も全く […]

  • 2020-12-17
  • 2021-01-07

ハゲを助長する界面活性剤と頭皮の構造

このハゲーーーーー! 女に怒鳴られて髪の毛が増えるならこんな楽なことはありません。 ハゲる、ハゲないの二択ではなく、ハゲになる行動を見極め、減らすことが肝心です。 最近の日本人は若者から年寄りまで「遺伝だから」「いい年のとり方をしてる」「絶 […]

  • 2020-12-06
  • 2021-01-02

シャンプーでハゲる理由

個人差はあるでしょうが、シャンプーで髪を洗うのをやめただけで、これだけの効果が実感できるといわれています。水だけで洗うようになっただけです。このように、髪が健康になるのは、シャンプーという有害物質を頭皮に入れるのをやめたことにあります。シャ […]

  • 2020-12-02
  • 2020-12-06

インチキコロナ騒動「俺は絶対にワクチン打たねーよ」官房長官:新型コロナウィルス

「加藤勝信官房長官は、厚労大臣時代から“俺はワクチンを打たねーよ”と漏らし、その姿勢はいまに至るまで一貫しています。“一部の高齢者を除けば、インフルエンザより重症化リスクが低い”“感染予防を徹底していれば大丈夫”というのが理由です」 htt […]

  • 2020-11-06
  • 2020-11-07

多重人格シリアルキラーがん専門医がウソを広める

子宮頸(けい)がんの主な原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)への感染を防ぐワクチンを接種する女性が減った影響で、将来の一定期間に子宮頸がん患者が約1万7千人、死亡者が約4千人増えるとの推計を、大阪大などのグループがまとめ、論文発表した […]

  • 2020-11-04
  • 2020-11-04

放射能で耳が聞こえね〜よ!

「聞こえね〜よ! 大きな声で話せ!」 麻生太郎副総理兼財務大臣(78)が不機嫌そうにそう怒鳴り、周りの人間に当たり散らすのは、最近の国会や記者会見ではすっかりおなじみの光景だ。以前から、がらっぱちな麻生氏ではあるが、このところの態度は、やや […]

  • 2020-11-03
  • 2020-11-04

インフルワクチン打ちで死亡がん偽治療からみえるコロナ治療の本質

患者の死亡の原因がインフルワクチンにある、と正直に認めている時点で日本よりも韓国の方がマシです。患者が死ねば因果関係ナシで逃げるのは日本の原発問題と同じ構造ですが、ワクチン打って具合が悪くなったのだから原因はワクチンに決まっています。 コロ […]

  • 2020-11-02
  • 2020-11-03

老人の認知症を作り出す危険な処方薬

おじいちゃんが急におかしくなった おばあちゃんが急にボケて別人のようになってしまった 現実の見えない一般人は必ずこう言います。 具合が悪いから病院に行っていたんだね 表面だけ見て決めつけます。 でも現実は 病院に行ったおかげで具合が悪くなっ […]

  • 2020-10-30
  • 2020-11-04

発ガン性物質が多すぎる

日本には発ガン性物質が多すぎます。 ガンの原因になる発ガン性物質は以下のものが代表的です。 例 放射線 原発 レントゲン CTスキャン MRI 各種検査機器 処方薬 市販薬 鎮痛剤 ワクチン 抗ガン剤 ベビーパウダー 発ガン性物質入り食品  […]

  • 2020-10-06
  • 2020-11-04

肝炎の原因を隠すノーベル賞

肝炎の原因はウィルスである、との学説を唱えた学者がノーベル生理学賞を受賞したようです。 しかし、これには裏があり真実と異なります。ここでは肝炎の原因についてみていきます。 肝炎 輸血が原因で起こる血清肝炎は、輸血した後50日から150日の潜 […]

  • 2020-10-05
  • 2020-11-04

新型コロナウイルス:無駄な治療とトランプ

一時高熱のトランプ氏、5日にも退院見込み 医師団報告 2020/10/05 新型コロナウイルスに感染し入院しているトランプ米大統領(74)について4日、医師団が会見した。症状は引き続き改善しており、「早ければ明日にでも退院してホワイトハウス […]

  • 2020-09-29
  • 2020-10-01

電磁波クッキングによる弊害と脱電子レンジ

放射能汚染のない西日本の食材を集めて食べていても、調理方法が不適切なものなら意味がありません。科学的に問題のある調理方法を選択すれば体調不良になるのは当然のことです。 お手軽だけど、問題のある調理法としてお馴染みなのが電子レンジ。食品が簡単 […]

  • 2020-09-04
  • 2020-09-07

「スペイン風邪」の現場証言:エレノア・マクビーン

人は歴史から学ばなければいけません。 100年くらい前に今のコロナウイルス騒動と同じような出来事が起こっていたのです。その時にあることを見抜いていた人物がいました。 そして、その時に指摘されていた問題は、現在に起こりうる可能性が極めて高く注 […]

  • 2020-09-03
  • 2020-09-04

新型コロナウイルス:第二波の構造と人災

新型コロナウイルスの流行が秋口から第二波が始まると言われています。 第二波の中核として考えられるのは、人災です。 純粋に新型コロナウイルスの再流行もあるかもしれないし、変異したウイルスというのもあるのかもしれません。 アルカリ性食品を食べる […]

  • 2020-08-30
  • 2020-09-02

新型コロナウイルス:人工呼吸器で窒息治療後遺症は肺のメカニズムと空気の質と電子を無視

肺のメカニズムに大きな誤りがあります。 肺 酸素 二酸化炭素 肺(はい、英: Lung)は、脊椎動物の器官の1つである。肺臓とも呼ばれる。空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、老廃物である二酸化炭素を空気中に排出する役割(呼吸)を持つ。こ […]

  • 2020-08-25
  • 2020-08-25

新型コロナウイルス:血漿療法も効かねえよ

回復患者の血漿(けっしょう)を体内に注入する方法がコロナ対策として登場。でもどうせ失敗です。抗体で病気が治ると誤解してるからおかしくなります。 現代医学はコロナ対策といいながら、ことごとく体調を悪化させています。 突然現れた血漿療法は、結果 […]

RANKINGランキング

CATEGORY カテゴリ最新

NO IMAGE
error: Content is protected !!