NO IMAGE

陸軍のナノテクノロジーと量子力学の研究は現在「ワクチン」に投入されているものと似ている

陸軍のナノテクノロジーと量子力学の研究は現在「ワクチン」に投入されているものと似ている

https://www.naturalnews.com/2022-10-24-army-research-nanotechnology-quantum-mechanics-vaccines.html

米国陸軍は、ナノテクノロジーと量子力学を含む様々な武器に、何百万ドルもの税金を費やしています。これは偶然にも、大手製薬会社の最新の「ワクチン」の重要な構成要素となっています。

一陸軍研究室に所属するジョー・チュウによれば、カーボン・ナノチューブは、従来のシリコンベースの半導体の代わりとして研究されているとのことである。この新技術は、30数ギガヘルツの超高周波や、アメリカの空港の裸体スキャナーに使われているミリ波などの超短波で特に有効だと、チウ氏は言う。

カーボンナノチューブは、ドナルド・トランプがアメリカの納税者から盗んだ数十億ドルを使ってワープスピードで展開する5Gネットワークの重要な構成要素であることが分かっているのです。

5G技術の大量導入は、はっきり言って、携帯電話やコンピューターだけの話ではありません。トランスヒューマニズムとしても知られるモノのインターネットに人間を接続することでもあることを示唆する強い証拠があり、偽「大統領」ジョー・バイデンは大統領令(EO)14081などで、同様に高速化を支援しています。

元ファイザー社員のカレン・キングストンは、彼女が参加したスティーブン・ホッツ博士とのインタビューで、このすべてをさらに詳しく説明しています。

「バイデンの9月12日の大統領令はトランスヒューマニズムに関するものだ」とキングストンはHotzeに語っています。「EOの中で、彼は、コンピュータのプログラムを作るのと同じように、細胞をプログラムして、私たちの生物学を再プログラムできる技術の開発に資金を提供することが重要であると明言しています」

「これらの生物兵器、神経兵器、人工知能、高度な装置技術をアメリカ国民と子供たちに解き放つのをやめさせる動きがもっと出てこないのは、がっかりです」

グローバリストの支配する5G「以降」のグリッドに接続するためにすべての人に量子ドットタトゥーを施せというのだ

陸軍によると、現時点では、5Gの展開は6ギガヘルツより低い範囲にほぼ限定されている。しかし、これらの周波数を28ギガヘルツ以上に「改善」する計画があります。

「5Gだけではありません、5Gを超えるものです」

とQiuは言います。

「今後5年以内に、ナノチューブを用いた集積回路の商業利用が現実のものとなる可能性があるが、これはあくまで推定に過ぎない」

と彼は付け加えました。陸軍は、少なくとも過去10年間、このような研究に資金を提供してきました。

陸軍はまた、億万長者の優生学者ビル・ゲイツが武漢コロナウイルス(Covid-19)「ワクチン」に組み込むことを話したのと同じ技術である量子ドット技術に取り組んでいます。

量子ドットはカーボンナノチューブよりもさらに小さく、その中に収まることが可能であることが判明しています。非常に特殊な波長を発するように設計されており、人体への「刺青」として埋め込むと、近くの塔と通信することができるようになります。

製造は容易ではないが、納税者の現金が無限にあるように見えるので、陸軍は医療を含め、アメリカ社会で一般的な機能にするために努力しているのです。

議会と善良な政府監視団は、軍事的目的との明確な関連もないのに国防総省の予算に滑り込んでくる奇妙な研究プロジェクトについて、正当な理由でしばしば疑問を呈する」と、この技術について『Breaking Defense』誌のシドニー・J・フリードバーグJrは書き、我々の鼻先で行われているこの気味の悪い研究の秘密主義について言及しています。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!