NO IMAGE

がん診療のコロナ影響を調査 受診控えの増加

がん診療のコロナ影響を調査 受診控えの増加で23年度から
2023年1月3日 17時41分 (1月3日 18時10分更新)

新型コロナウイルス感染症の流行で、がん検診の受診や治療を控え、悪影響が出ている恐れがあるとして、厚生労働省が2023年度から、がん患者の健康に対する中長期的な影響の実態調査を始めることが3日、分かった。結果を基に、新興感染症が流行した際に国や自治体が取るべき対策をまとめた指針を作成する方針。

高齢化により、がんは増加傾向。だが厚労省によると、20年度のがん集団検診の受診者数は、新型コロナ禍前の3年間の平均と比べて、五つの部位で2~3割減少した。また胃がんや大腸がんなどの外科の治療数も減っている。
新型コロナによる影響は大きいとみられる。
https://www.chunichi.co.jp/article/611679

ワクチン性ターボ癌を早期発見して抗がん剤ツイン毒物死

ワクチン後遺症をがん死して隠蔽できる

ワクチン打つ

ターボ癌

がん早期発見

早期抗がん剤

死亡

医師「手遅れ!受診控えのせい!」

「がんは不治の病だし国民の二人に一人がかかるからしかたないよね」的な

厚生労働省ってワクチンでターボ癌になることを完全に知っててやってるよな

「がん検診の受診や治療を控え、悪影響が出ている恐れ」
なんて大ウソ

医師がカネほしさに毒チンうちまくったせいだろ

ここで一気に葬る気

国民総中居正広社会だろ

生きてるのかな

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!