Sponsored link
NO IMAGE

「命を救う」人工呼吸器が実際には死を招くことを証明?驚くべき成功率の人工呼吸器がよけい有害になるのではと医療関係者が危惧

  • 2021-09-10
  • 2021-09-06
  • 空気
  • 316view
NO IMAGE
Sponsored link

人工呼吸器に関する翻訳記事です。

「命を救う」人工呼吸器が実際には死を招くものであることを証明しているのでしょうか?驚くべき成功率の人工呼吸器がよけい有害になるのではと医療関係者が危惧していることが不穏なレポートで明らかに

https://www.dailymail.co.uk/news/article-8230775/Is-proof-live-saving-ventilators-actually-deathtraps.html

心配そうに顔を歪めた若い救命救急医が、世界に向けて必死のメッセージを発信しています。彼は、何百人ものコロナウイルス患者のベッドを見守ってきましたが、今では、彼らを救うはずの治療が原因で彼らが死んでいると信じています。

病院に運ばれた患者は、鎮静剤で意識を失い、人工呼吸器で肺を機械的に動かして酸素を体内に送り込みます。

これは、死に至る肺炎の標準的な治療法であり、中国では最初に、そしてヨーロッパでは次に、そしてここ英国では、コロナウイルスの患者に使用されています。

しかし、ニューヨークの救命救急医であるキャメロン・カイル=シデル氏は、YouTubeで公開されている率直なビデオの中で、医学界の権威とは一線を画し、人工呼吸器をこのように使用することは間違っていると警告しています。

彼は、「この誤った治療法は、短期間に多大な被害をもたらすことになると思います」と力強く語っています。「コロナウイルスは肺炎ではありませんし、肺炎として扱うべきではありません」

世界中で視聴された彼のビデオは、重症のコロナウイルスの治療法を再考するきっかけとなりました。特に、人工呼吸器を使わずに、マスクで酸素を供給して血液を飽和させることが、患者を救う最善の方法ではないかと専門家は考えています。

これは、ボリス・ジョンソン氏がロンドンのセント・トーマス病院の集中治療室でウイルスと闘っていたときに用いられた方法だと言われています。パンデミックが発生する前は、カイル=シデルの説は破天荒なものとして否定されていたかもしれない。

しかし、多くの著名な医療専門家、政府、政治家が、初期の段階では、人工呼吸器は極めて重要な救命装置であると主張していました。英国は人工呼吸器の確保に奔走しました。保健省のマット・ハンコック長官は、先週末までに1,500台の新しい人工呼吸器を用意すると約束しましたが、NHSに届いたのは数百台に過ぎませんでした。

世界的に人工呼吸器が不足しているため、政府は長期的な目標である3万台の人工呼吸器を危機的状況の中で用意することを縮小せざるを得ませんでした。

しかし、病院でのウイルス感染による死亡者数が増加する中、Daily Mailの調査によると、ニューヨークの救急医の異例の見解は、狂気とは程遠い、正反対のものであり、死亡者数を防ぐ鍵となるかもしれない。

ニューヨークの救命救急医キャメロン・カイル・シデルは、医療業界の常識を覆し、人工呼吸器が正しい方法で使用されていないことを警告しました。

人工呼吸器を使用している患者の死亡率は壊滅的です。英国のある研究では、98人のコロナウイルス患者に人工呼吸器を装着したり、同様の侵襲的な呼吸補助装置を装着したりしたところ、3分の2が死亡したと、集中治療国家監査研究センターが報告しています。

特にウイルスの被害が大きかったニューヨークでは、人工呼吸器を装着した患者の80%が回復しなかったという。他の国でも、人工呼吸器を装着した患者の命が失われていることは同様に恐ろしいことです。

米国救急医療学会の会長であるデビッド・ファーシー博士は、無差別に機械を使用することに警告を発している。ファーシー博士の患者は、鼻腔チューブやマスクを使ったファーストフロー酸素で治療に成功している。

また、彼は患者を左右どちらかの側に寝かせるプローニングと呼ばれる作業を、人工呼吸器を装着した患者よりもマスクを装着した患者の方が簡単に行うことができ、血液中の酸素濃度を瞬時に上げることができます。

「これは、私たちが考えていたことをすべて覆すものでした」と彼は言います。6週間前には、(病院の)誰もが気管挿管や機械装着の準備のために走り回っていました。しかし、今は違います。

では、なぜこのような変化が起きたのでしょうか?それは、このウイルスの症状は、高所での酸素不足による高所呼吸困難や、赤血球中の酸素がなくなる一酸化炭素中毒に似ているという驚くべき新説があるからだ。

いずれの場合も、酸素を求めて必死になっている。しかし、肺炎患者のように人工呼吸器を装着して肺が破壊されることはない。Kyle-Sidell博士はビデオの中でコロナウイルスについて次のように述べている。高山病に似た、ある種のウイルス性の病気のようです。

何万人ものニューヨーカーが30,000フィートの飛行機に乗っていて、ゆっくりと機内の圧力が抜けていくようなものです。これらの患者は、ゆっくりと酸素を奪われているのです。

私が診ている患者さんは、まるでエベレストの頂上で順応する時間もなく降ろされた人のようです。彼らは(酸素不足で)死の淵にいる患者のように見える。肺炎で死にかけている患者には見えません」。

肺炎の場合、人工呼吸器は「患者の筋肉が疲れてできなくなった仕事をする」と説明している。しかし、コロナウイルスの患者さんの筋肉は元気です。

「彼らは呼吸不全ではなく、酸素不全に苦しんでいるのです」

彼の支持者には、ドイツ・ゲッティンゲン医科大学のルチアーノ・ガッティノーニ博士のような著名な医学者がいる。ガッティノーニ博士は『アメリカン・ジャーナル・オブ・レスピラトリー・アンド・クリティカル・ケア・メディスン』誌に寄稿し、従来の人工呼吸器の使用はコロナウイルス感染者の肺を痛める可能性があると警告している。

ヨーロッパのある病院では、ウイルス患者にこの方法で人工呼吸を行ったところ、60%の患者が死亡したという。アイルランドの国際血管外科学会会長であるSherif Sultan教授もこの問題に取り組んでいます。

彼は、コロナウイルスは肺炎などの呼吸器系疾患とは似ても似つかないため、侵襲的な人工呼吸は解決策にならないと考えています。我々は患者を間違った病気のために治療するのをやめる必要がある」と、ウイルスに関する医学研究の分析の中で彼は推測している。

スルタン教授は、コロナウイルスが肺炎とは異なることを示す重要な手がかりは、人体への攻撃方法にあると考えています。コロナウイルスは両肺を同時に侵すが、肺炎ではそのようなことはほとんどない。

この病気は、わずか8週間前に西ヨーロッパで初めて発生した非常に新しい病気で、医師たちは必死になって理解しようとしている。彼らを困惑させているのは、コロナウイルスに罹患した患者の多くが、病院に到着したときに酸素濃度が極端に低くなっていることです。

不思議なことに、彼らは不快感を感じることもなく、普通に行動し、医師たちが「幸せな」低酸素症(酸素欠乏症)と呼んでいる状態にあるのだが、その後、突然悪化して倒れてしまうのである。インドの医学研究者の報告によると、彼らは笑っていたかと思うと、次の瞬間には死の淵に立たされることもあるという。そして今、彼らを人工呼吸器に急がせることは、事態を悪化させる可能性があるようです。

人工呼吸器は、鎮静剤を投与された患者の呼吸を代行するもので、自力で呼吸ができないという感覚と戦うことができません。肺に酸素を送り込むだけでなく、酸素を必要とする心臓、脳、肝臓などの重要な臓器にも酸素を送り込みます。

肺炎患者が数日間人工呼吸器を使用するのとは異なり、コロナウイルスの患者は数週間から1ヶ月間人工呼吸器を使用することもあります。コヴィド19の特徴的な症状の1つは、肺を覆う何百万もの小さな気嚢に黄色の粘液質の塊が詰まることです。

このため、人工呼吸器で酸素を肺に送り込んでも、酸素が粘膜のバリアを通って体内に入ることができません。そうなると、患者は不幸にも酸素不足に陥ってしまうのである。

しかし、医療従事者がポンプの音量を上げて問題を解決しようとすると、肺の損傷につながる。また、高齢の患者が生き残ったとしても、長時間の鎮静により脳に障害が残る恐れがある。これらのことは、人工呼吸によるウイルス感染者の死亡率が驚くほど高いことの説明にもなる。

コロナウイルスが最初に出現した中国・武漢の研究者の報告によると、人工呼吸器を装着された37人の重症患者のうち、30人が1ヵ月以内に死亡したという。アメリカのシアトルで行われた研究では、70歳以上の患者7人のうち、人工呼吸器を装着された1人だけが生存していました。

70歳以下の人のうち、3分の1強が成功しています。これは非常に低い確率です。この悲劇的な死亡率の高さを分析しているのが、マサチューセッツ州にあるハーバード・メディカル・スクールの高齢者・緩和ケア医であるミュリエル・ギリックです。

彼女は先週、こう言った。「極めて重篤なコロナウイルス患者が人工呼吸器を使って治療を受ければ生きられるし、そうでなければ死ぬという印象に反して、それは現実ではありません」。彼女は、コロナウイルスの犠牲者に含まれる黄色いグミのような液体は、機械が作動していても「肺から血液への酸素運搬を制限する」と説明しています。

さらに「私たちは、他の病気には意味のある方法で人工呼吸器を使用しているが、この病気には意味がないのだろうか?ニューヨークのクリティカルケア医であるScott Weingart氏も、人工呼吸器が「膝を打つような反応」であることに同意しています。

酸素濃度を正常に戻そうとする強い力は、肺にダメージを与えます。挿管を避けるために、私はあらゆる努力を惜しみません。

今では、コロナウイルスの患者には、非侵襲的に酸素を供給する呼吸マスクを装着すべきだと考える医師が増えている。

CPAP(Continuous Positive Airway Pressure)と呼ばれる簡単な機械は、睡眠時無呼吸症候群(いびきや呼吸の乱れ)を克服するために自宅で使用されることが多いが、人工呼吸器の代わりに使用することができる。

ブラッドフォード王立診療所の集中治療コンサルタントであるトム・ロートン博士は、地元ヨークシャーのメーカーに100枚のマスクを発注しました。ブラッドフォード王立診療所の集中治療コンサルタントであるトム・ロートン博士は、地元ヨークシャーのメーカーに100枚のマスクを注文しました。 このマスクは、使用者の気道を確保します。BBC Radio 4の「The NHS Front Line」が病院での日記を掲載したところによると、このマスクはゲームチェンジャーだという。

ある医師は、慎重ながらも番組にこう語っています。患者の入院中の早い段階でこれを使用すれば、患者が悪化してより複雑な人工呼吸器を使用しなければならなくなるのを防ぐことができます。私たちはこれらをテストしてきました……そして、中国や米国では、これらが効果的であるという証拠があります。

肺を膨らませるだけで、効果があるようです」。今週、自動車大手のメルセデスはノーサンプトンシャーの工場で、コロナウイルス対策用のCPAP呼吸補助装置1万台の生産を完了した。

初期の段階では、人工呼吸器を装着しなければならなかった40名の患者のうち、半数が入院後14日以内に帰宅することができました。現在、肺炎などの呼吸器疾患の患者の約40~50%が人工呼吸器を装着して死亡しています。

コロナウイルスの患者の死亡率が劇的に高い理由は明らかではない。この機械を支持する人たちは、機械を装着したときの患者の状態が関係しているのではないかと言う。

また、ウイルスに感染する前の患者の体調にもよるという意見もある。しかし、真実はもっと単純で、人工呼吸器は現在のようにコヴィド19患者に使用されるべきではないということかもしれません。

YouTubeのビデオを録画したニューヨークの救命救急医Kyle-Sidell氏は、人工呼吸器は医療の道具ではあるが、より少ない力でより多くの酸素を患者に送り込むように調整しなければならないと言う。

しかし、この緊急事態に医療界が簡単に方向転換することはないだろうと残念そうに語っている。「時速100万マイルで走っている列車の線路を切り替えるのは難しい。この危険な旅に何千人もの命がかかっているのだから、人工呼吸器の欠点が考慮されることを期待したい。

一酸化炭素中毒のように肺を損傷するだけ。よかれと思って窒息死。

人工の空気を吸わせても意味がありません。空気の質をまったく考慮していません。肺炎で亡くなる患者の多くはこの人工呼吸器による一酸化炭素中毒とい推測されます。犯人は死因をごまかしてますが。

人工呼吸器を使う理由を理解できない専門家たち。「よくわからないけど、保険点数稼げるし、みんなやってるからやってます」これじゃオカルトです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock