血液を弱アルカリ性に保つことの意味

私たちの血液はもともとは弱アルカリ性で、血液が酸性になればなるほど体調が悪くなります。私たちの体には自然治癒力という自分の病を治す力が備わっています。

そのことを専門家が以前に隠し、末端の医師や専門家も知らない知識となりました。放射能でこれだけ具合の悪い人が増えてきたのですから、いいかげん血液を弱アルカリ性に保つことの意味くらいは理解しておきましょう。

血液は弱アルカリに保つべき

その血液が弱アルカリ性なら自然治癒力がよく働いてくれるのですが、血液が酸性に傾くと自然治癒力が働かなくなります。病気になりたくなかったら、血液を弱アルカリ性に保つことが重要になってくるのです。

酸性かアルカリ性はpHという単位で表されます。真ん中がpH7.0で中性と呼ばれる状態です。弱アルカリ性が pH7.0 より少し高く7.2~pH7.4くらい。酸性はpH7.0以下の状態です。血液はpH7.4くらいだといわれており、唾液とか尿はそれよりも少し低いpH7.2くらいです。

酸性とアルカリ性のバランスを保つように体が調節していますが、バランスが崩れると発熱・発汗・下痢などを起こします。バランスを保つといっても私たちの周りには酸性になるものばかりなので、血液は必死でアルカリ性を維持しようとするのです。

現代人の血液は酸性で弱いから

現代人は酸性体質になっています。酸性体質になると体調がすぐれなくなるので便秘や肩こりに悩まされるようになります。疲れやすく風邪をひきやすい体になります。食べ物の好き嫌いの激しい人は酸性に傾いているといってもいいでしょう。

放射線量の増加によって血液は、酸性に傾きますから体調不良に悩まされる人も増えます。放射線を浴びると血液が酸性化するというのは知るべき知識です。

血液を弱アルカリ性に保つためには酸性食品を抑えてアルカリ性食品を摂ることです。酸性食品は肉類・魚介類・アルコール類が代表的です。過剰摂取には注意しましょう。

野菜多めで血液をアルカリ性に

肉類や魚介類はタンパク質を多く含んでいますが、酸性食品なので少なめにしましょう。野菜とか果物はアルカリ性食品になるので積極的に取りましょう。肉類などの酸性食品を控え、アルカリ性食品である野菜を多く食べると健康は保たれることになります。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!