クエン酸サイクルを効率よく回すために

体内にたまった乳酸を取り除いてくれるクエン酸サイクルは、スムーズに回ってくれると疲れにくくなったり、体調不良や病気になりにくくなります。このように都合のいいシステムが人間の体には備わっていたのです。

クエン酸サイクルを回すのなら、効率よくまわしたいものですね。どのような食品を食べるとクエン酸サイクルがしっかり回ってくれるのでしょうか。何も努力をしなければ効率よく回りませんよ。

ビタミンB群

クエン酸サイクルを回すために重要になるのがビタミンB群です。ビタミンB群は食事から補給しなければいけません。その中でも、ビタミンB1が大きな働きがあります。クエン酸サイクルを回すためにカルボキシラーゼという酵素が重要なカギを握っています。カルボキシラーゼの働きを助けるのがビタミンB1だと言われています。

ビタミンB1を取る時にはニンニク・ネギと一緒に取ると効果的と言われています。ビタミンB1は水に溶けやすく熱に弱いので調理する際には多めに取ること。スープにして食べると効率よく摂取できます。玄米・胚芽米をまぜて食べると効率よくビタミンB1が摂取できます。

ビタミンB2

ビタミンB2はアミノ酸代謝に関わっています皮膚や髪粘膜の健康を守ります。足りなくなると口唇炎や口角炎などになります。目の粘膜にも悪影響が出てきます。熱によって損傷することはあまりありませんがアルカリには弱いと言われています。

ビタミンC

ビタミンCは美白効果があって女性にはおなじみですが、ビタミンCが少なくなると風邪をひきやすくなったり、壊血病にもなることがあります。解決では皮下組織や関節はがきなどから出血しやすくなる、という病気です。メラニン色素の生成も抑えられなくなり日焼けが残ったりシミ・ソバカスの原因ともなったり肌のハリが失われたりします。

ビタミンCは野菜と果物に多く含まれていて、果物には特に多く含まれています。ミカン・グレープフルーツなどの柑橘類・いちご・キウイフルーツがおすすめです。野菜ならブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツなどがおすすめです。

ビタミンCの1日の所要量は100mgと言われていて、グレープフルーツなら1個いちごなら10個、ブロッコリーなどの野菜なら100g程度となります。

ビタミンD

ビタミンDは日光に当たると体内で生成されます。適度に日光に当たりましょう。衣類を着用したままでも構いません。食品から摂る場合にはさんま・サケ・干ししいたけなどです。

サプリメントや製剤での補給は控える

サプリメントや製剤でビタミンDを摂取すると過剰になりますので注意です。腎障害・脱力感・食欲不振・吐き気など大事などの障害が出てきます。化学的に作られたものは避けましょう。

無理やりビタミンをサプリメントや薬で補給しようとすると帰って過剰摂取となり体調不良を招きますので注意です。専門家でもわかっていない方が多く、サプリメントやビタミン剤での補給と食品からの補給では全く意味が違います。

クエン酸サイクルは食事から

クエン酸サイクルをしっかり回すためにもビタミンの存在は重要です。やはり食生活の改善は必要不可欠。ビタミンが大切だからといってサプリメントやビタミン剤での補給は控えること。毎日の食事でおいしくビタミンを補給してクエン酸サイクルを効率よく回してあげましょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!