アルカリ性食品と肩こりとクエン酸サイクル

アルカリ性食品と肩こりとクエン酸サイクル

アルカリ性食品と肩こりとクエン酸サイクル

多くの人が肩こりに悩まされています。そして医師の推奨する方法は対症療法に過ぎず、根本的な治療になっていません。

治せないでいるのも血液のことをわかっていないから。血液のことを知ることが肩こりの改善につながるのは、専門家も知らない事実です。

肩こりの症状と原因

肩こりは、医学的には頚肩腕症候群と呼ばれています。一般的な症状は肩・首・腕にかけての痛み・しびれ・冷え・コリです。

長時間のデスクワーク・パソコンでの作業など、同じ姿勢で長時間動かないでいると背中や肩が凝り固まりやすくなります。

そして、何の対処もしないでいると、どんどんひどくなっていきます。

長時間同じ姿勢でいると肩こりになるのは

長時間同じ姿勢でいると血流が悪くなります。正常な状態での筋肉は血流がスムーズで、栄養素が体に行き渡りやすい状態です。

筋肉が適度に弾力性があり、血液が流れやすいのです。

同じ姿勢を続けたり、特定の箇所の筋肉ばかりを使っていると筋肉にストレスがかかることになります。乳酸ができて血液がスムーズに流れにくくなっていきます。

乳酸ばかりが増えて血液中の栄養素が行き渡らなくなるので貧血状態になり、筋肉が動かなくなります。これが肩こりのメカニズムとされています。

強いストレスを受けることによって血液が酸化します。体を使わなくても精神的なストレスにより肩こりなどの症状が出てきます。自律神経の影響も見逃すことはできません。

精神的なダメージが大きければ、自律神経の働きが悪くなります。

一般的に肩こりをよくするためには軽く運動すること。そして血流をよくすること。硬くなった筋肉をほぐすことが重要だと言われてはいますが、一時的な解決に過ぎません。

肩こりにもクエン酸サイクルが重要

血流が悪くなり乳酸がたまることで肩こりが起こることがわかっていれば、乳酸を分解するクエン酸サイクルをしっかり回すことが大切になるのはわかるでしょう。

血液が弱アルカリ性になると血流がよくなります。しかし、クエン酸サイクルをしっかり回し、アルカリ性食品を食べたとしても、重症になればなるほど回復に時間がかかることは覚悟してください。

じっくり向き合ってみてください。すぐに治ることはありませんが、アルカリ性食品を取り入れて血液を改善させつつ、クエン酸サイクルを意識しながら地道にやっていきましょう。

アルカリ性食品と肩こりとクエン酸サイクル
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!