高血圧と低血圧とクエン酸サイクルと塩分

高血圧と低血圧とクエン酸サイクルと塩分

高血圧と低血圧とクエン酸サイクルと塩分

多くの人が悩まされている高血圧。塩分控え目と叫んでる輩もいまだ多いですが、それで治った人がどれほどいるでしょうか。

その高血圧・低血圧の概要と、クエン酸サイクルの関連についてみていきます。

高血圧・低血圧って何?

血圧には最高血圧と最低血圧の二つがあります。最高血圧とは、心臓が収縮して血液を送り出した時に出る圧力のこと。

収縮期血圧とも呼ばれます。最低血圧は収縮した心臓が拡張し静脈の血液が心臓に戻るときに出る血圧のこと。拡張期血圧という別名があります。

血圧が高い状態のことを高血圧症と呼びます。過去には最高血圧が180mmHg、または、最低血圧が110mmHgというのが診断基準になっていました。

高血圧の基準はどんどん下がっていき、最近では高血圧の基準が130mmHgという治療不要の驚きの数値に。

利益が絡んでいることが透けてみえます。基準を下げれば下げるほど基準にひっかかる人が増え患者が増え薬が販売できます。

高血圧症は二つのタイプがあります。腎臓病の分泌系の病気が原因になっている二次性高血圧症。原因がはっきりわからない本能性高血圧症に分けられています。

低血圧症は、最高血圧が慢性的に100mmHg未満の状態のことを言っています。その低血圧の二つのタイプがあります。

循環器系・内分泌系・神経系の病気・薬の副作用が原因の症候性低血圧症、原因がはっきりしていない本態性低血圧症の二つです。

残炎ながら、このように物事を分類して複雑化し混乱をまねくだけ。本質がつかめなくなり、お手上げにするのが現代医学の情けない点です。

さまざまな分類がありますが、食べ物を変えることで生活習慣を見直すことが重要になってきます。

というのも、血液が酸化していれば、酸化した分血液が重くなり血管を押す圧力が高くなるからです。

なんでも塩分のせいにする思考能力のない専門家ばかりで嘆かわしいです。

塩分は血液中の水分を増やし、血液が薄くなり血管を押す圧力が下がると考えられます。血液中の水分が増えれば血液は固まりにくくなり、血栓も防げます。

塩分が高血圧の原因ともいいきれず減塩が逆効果になっていることも推測されます。

 高血圧の原因が塩のせいなのか
減塩で17%の人が血圧上がる 無理に塩分控える必要なし
http://www.asyura2.com/16/health18/msg/200.html

「塩分を摂取すると血中の塩分濃度が高くなり、それを薄めるために血液内の水分が多くなります。すると血液全体の循環量が増え、血管に圧力がかかって血圧が増します」
https://www.news-postseven.com/archives/20170116_484108.html?PAGE=2

塩分を取ると血液中の水分量が増えて高血圧になるというのが今までの医師の見解でした。血液中の水分量が増えると血液が薄くなるので単位面積当たりの圧力が下がるはずです。

濃い血液と薄い血液では、薄いほう血管が詰まりにくいので安全ですよね。

水分量が増えて高血圧になるというのなら水抜きをすることになります。塩が悪いと言いながら、理由付けをよくみると水が悪いと言っているのです。

水分を抜いたら体に悪いのは当然です。塩は体に大切なものと分かっている人が、わざと塩分を取らせないように仕向けているとしか思えません。

受験勉強ばかりやってきた専門家は、与えられた知識を疑いなくうのみにする傾向があるため、間違いを広めるのにも都合がいいのかもしれません。

専門家の話を信じ込んで何十年たっても高血圧が治らない人もいます。何十年も塩の責任にしておいて患者が減らないのだからおかしな話だったのです。専門家はどのように責任を取るのでしょうか。

専門家といっても自分の頭で考えようとせず、誰かの意見をうのみにしてきた人たちの集まりなのがよくわかります。

今まで誰1人治すことができなかったのですから、これからも治したくないのは当然です。いまになって治ったりしたら「アンタの人生無駄でした」と宣告されるようなもの。無駄なことを頑張ってきた人生を否定することになってしまいますから。

生活を整える

低血圧症の方は食欲不振の方が多く、栄養価の高いものを食べる必要があります。市販の食品は栄養価が少なく、さらに電子レンジなどの調理方法で栄養価が極端に減っているものばかり。

外食の多い人も同じですので気をつけましょう。アルカリ性食品は体調を整えてくれるのでおすすめです。それにくわえて生活リズムを整えることです。

クエン酸サイクルを正常化でたまった老廃物を外に出すことは基本中の基本

クエン酸サイクルを正常化させ、乳酸の分解を早くすること、血液をきれいにすること、体内の老廃物を外に出すことが重要。血圧が高いから塩を抜きましょう、というわけにはいきません。

塩分控え目にしたところで高血圧の患者が減ったのでしょうか。専門家のように短絡的にものを考える人ばかりが増えて、血圧が正常化するどころか、さらに悪くなる患者ばかりです。

高血圧の基準値下げて患者増やして儲けようなどと悪ふざけをするようでは「いんかげんに千回!」と怒られます。

高血圧と低血圧とクエン酸サイクルと塩分
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!