戦後の日本との共通点を知り骨を丈夫にする放射能対策

難病・奇病が流行するのは骨が弱っている人が増えた証拠。

ちょっと転んだくらいで骨が簡単に折れるのは、体が弱った証拠であり、骨を丈夫にしなければ、変わった病気にかかってしまうということ。

医者なんて、一人の患者の風邪一つ治せないのですから、難病の類いには手も足も出ません。

病院に行っても治る確率は低く、無益な治療で大きな後遺症が残ることになりかねません。

ひどいものを食べている人や、栄養のないものを子供に食べさせている親は、口に入れるものをよく考えるといいでしょう。

昔の病がまた増える

疫痢(えきり)という病気が流行しています。4歳から7歳くらいの子供に多く、その症状は、ぐったりして虚脱状態になり、あくびをするようになる。39~40度の体温で、引きつけを起こし、うわごとを言うようになり、昏睡状態になる。

心臓が衰弱して顔色が悪くなり、唇が紫色になるのが特徴です。高熱があるためには手足が冷たくなり便の中には膿が血液に出てきます。赤痢の症状に似ています。

昔の病が復活する不思議

疫痢は昔の病だと言われてきましたが、最近になって流行しています。抗生物質のおかげで、根絶したと言ってましたが全くの嘘。

根絶していたのなら二度と流行しません。戦後の状況と現在の状況が似てきているということかもしれません。

戦争では原子爆弾が落とされて、放射線量が一気に増加したという特徴がありますが、現代では原子力発電所が爆発し、放射線量が増加した点が共通しています。

昔の病が流行するのも放射線量が増加し血液が酸性化し骨が溶ける。その結果、昔にしかなかった変わった病気が出てくるものと推測されます。専門家は風評被害と叫んで絶対に指摘しない事項です。

夏場になると疫痢がよく発生するといわれています。幼い子供のいる親にとっては心配の種です。

この病気は日本の子供に多く現れやすい、と言われていますが、それが終戦後であったことを指摘されています。そしてカルシウム不足がこの病気を発生させると指摘されています。

骨折しやすい白人

南アフリカ共和国において白人は支配階級であり、裕福な生活をしている存在。

食事には肉・卵・乳製品が多く、日光に当たることは少なく、車を乗りまわして歩かない。このような生活を送っているために白人の骨は弱いのです。

対象的に黒人は労働階級であり、アルカリ性食品である野菜をたっぷり食べて肉体労働し、筋肉を鍛えているため骨が強いです。白人と黒人の骨折する割合は10:1とまで言われています。

というわけで、昔流行した病を防ぎ、骨折しないためには、以下の条件が必要です。

  • 野菜を中心としたアルカリ性食品をとる
  • 肉・卵・乳製品など動物性(酸性)食品を控える
  • ある程度の運動する
  • 外に出て日光を浴びる

このような生活を心がけて、骨を丈夫にして、骨粗しょう症や疫痢のリスクも小さくしましょう。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!