Sponsored link
NO IMAGE

研究報告:モンサント社製ラウンドアップの超低用量投与により実験用ラットの遺伝子に大規模な変化が生じ、他の健康問題に発展することが判明

NO IMAGE

https://www.naturalnews.com/2016-06-03-study-ultra-low-doses-of-monsantos-roundup-cause-massive-gene-alterations-in-lab-rats-leading-to-other-health-problems.html

研究報告:モンサント社製ラウンドアップの超低用量投与により実験用ラットの遺伝子に大規模な変化が生じ、他の健康問題に発展することが判明

この報告は、超低用量のグリホサートが遺伝子発現プロファイルに与える影響と、それに続くエピジェネティックな変化、すなわち遺伝子の機能パターンが継承されるようになる変化を観察する一連の研究の最初のもので、将来的には他の健康問題につながる可能性があります。

この研究は、ロンドンのキングス・カレッジの分子遺伝学者マイケル・アントニウ博士と、細胞分子生物学者ロビン・メスネージ博士が主導しており、ラウンドアップの共配合体のリバース・エンジニアリングに成功しました。

メスネージの発見以前は、除草剤の「不活性成分」の正体や人体への影響は不明であり、十分に理解されていなかったことを考えると、これは大きな成果であり、これらの「不活性成分」はグリホサート単独よりも人体に危険であることが判明したのです。

低用量の化学物質曝露が遺伝子発現に与える影響を研究する研究グループ

現在、アントニウ博士は、Qlucore Omics Explorerというバイオインフォマティクスソフトウェアを使って、超低用量のグリホサートがラットや細胞培養の “遺伝子発現プロファイル(トランスクリプトーム)、タンパク質プロファイル(プロテオーム)、低分子代謝物プロファイル(メタボローム)”に与える影響を解析しているところです。

彼の研究グループ、Gene Expression & Therapy Groupは、「細胞および分子解析的アプローチにより、一般的に使用されている農薬やその他の化学汚染物質などの様々な環境刺激に対する反応を含め、遺伝子発現を制御する転写および転写後事象を調査」しています。

GETGは特に、胎児の発育期や人生の初期に短時間化学物質にさらされた場合、遺伝子制御にどのように恒久的な影響を与えるか、また、低用量の化学物質への曝露が内分泌系に及ぼす影響に関心を持っています。

「このような遺伝子発現パターンの固定的な変化は、肥満、糖尿病、特定の癌への傾向など、後年あらゆる問題につながる可能性があります」とアントニウ博士は述べています。

アルゼンチンの動物の奇形は除草剤が原因なのだろうか?

もし、グリホサートが超低用量であっても胎児の発育過程で遺伝子発現を変化させるのであれば、除草剤が動物に深刻な奇形を引き起こす可能性はないのだろうか?

月曜日、『Daily Mail』紙は、世界最大のグリホサート使用国であるアルゼンチンで発生している恐ろしい動物の突然変異を明らかにする衝撃的なレポートを掲載しました。

この突然変異は、アルゼンチンがラウンドアップの高用量に耐えるように設計された遺伝子組み換え大豆の生産量を増やして以来、4倍に増加している。農家や地元メディアは除草剤のせいにしている。

超低用量のラウンドアップに暴露されたラットは遺伝子に変化をきたす

これまでの研究で、超低用量のラウンドアップが実験用ラットにダメージを与え、それが尿、血液化学、解剖学的に観察されることが分かっていました。

Mesnage博士は、超低用量のラウンドアップに2年間暴露したラット10匹と、暴露していない対照ラット10匹の肝臓と腎臓のトランスクリプトームを分析。研究チームは、主成分分析(PCA)可視化、ヒートマップ可視化、統計解析を用いて、その影響を観察しました。

「ラットは約28,000の遺伝子を持っていますが、肝臓と腎臓でスイッチが入るのはそのうちの一部だけです。各遺伝子が解析の1次元となるため、28,000もの変数が存在することになり、これを管理しやすい大きさにする必要があります」とAntoniou博士は説明します。

「Qlucoreでは、PCAによる可視化により、これらの変数をわずか3次元で表現し、各動物が特定の場所を占めるようにすることができます。それぞれの動物が他の動物とどのような関係にあるのか、また治療にどのような効果があるのかがすぐに分かります。多くの動物が一緒になっている場合、その効果は同じであることを知ることができます。

ヒートマップによる可視化で、ラットの臓器における遺伝子活性を明らかに

「ヒートマップは、各ラット臓器の遺伝子活性を表示するため、グループ内のばらつきや均質性を見ることができます」とメスネージ博士は付け加えました。

これらの技術を使って、研究者たちは、ラウンドアップを投与したラットでは遺伝子発現が大きく変化していること、対照群では変化がないことを観察しました。

アントニウ博士とメスナージ博士は、「分子の “シグネチャー “に基づいて予測を立てる」ことができる技術を使って、今後も研究を続ける予定です。

“遺伝子機能のあるパターンに変化が見られたら、そのパターンを別の遺伝子のバッチと比較して、シグネチャーが一致するかどうかを確認することができます。これらの変化をまとめて見ることで、ある健康上の問題が生じることを長期にわたって予測できるのです」とメスナージ博士は言います。

もし、そのようなシグネチャーを特定することができれば、研究者は動物実験を数年単位ではなく、数ヶ月単位でより迅速に行うことができるようになります。

「たとえ短期間の曝露であっても、血液、肝臓、腎臓の遺伝子発現パターンに変化が見られるかどうかに興味があります」とメスナージ博士は付け加えました。

Sponsored link

子供が野菜を食べない、と文句垂れてる母親もいたりしますが、野菜が嫌いだから食えない、のではなく、不味い野菜だから食えない、のではないでしょうか。

だとしたら、怒られる子供はとばっちりです。

農薬除草剤まみれの穀物・野菜が美味いわけがありません。

除草剤を畑にまいて草が生えない畑で作物を作ります。雑草を一本も生やさないのが一流の農家と誤解してる者もいます。

撒いた薬を自分で吸って病気になるのです。どこの高級病院に行っても農薬吸ったのが原因です、と言ってくれる医師はいません。原因を無視して、症状だけをみるのが現代の医師だからです。

楽は一度覚えてしまうと直らないものです。

薬品を畑に撒いてもバレません。ホームセンターやドラッグストアで除草剤が山積みで販売されています。撒いた除草剤はすぐに分解されて消えますとの広告に騙されます。作物を作る場所には撒かないで、と張り紙してるのに、馬鹿はこう考えます。撒いた除草剤はすぐに分解されるんだから撒いていいのでは、と。

「撒いた除草剤はすぐに分解されて消えます」が嘘だとわからないのです。そんなんだから毒チンにまんまとハメられるのですが。

農家は、そういうもんだから、昔から撒いてるから、虫に食われると売れないから、と薬をまくのをやめません。

その結果、薬を食わされることになるのです。虫に食われたのは汚いとか言ってる消費者が馬鹿のままだから悪いのです。

農業と商売は相性があまりよくありません。儲けようとすると薬を撒いて雑草を除去し、薬品で無理やり作物を成長させようとします。そんな野菜は不味くで食えないので捨てることになるのでした。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".