Sponsored link
NO IMAGE

アスパルテームは隠されたスケジュールII麻薬

NO IMAGE
Sponsored link

健康に悪そうな添加物をみていきます。

アスパルテームとは、人工甘味料の1つである。ヒトにはスクロースの100~200倍の甘味に感じられる。これに対して、アスパルテームの生理的熱量は、スクロースとほぼ同じ、約4 (kcal/g)であり、ノンカロリーではない。CAS登録番号は[22839-47-0]。

アスパルテームは、天然に存在しない化合物である[10]。https://ja.wikipedia.org/wiki/アスパルテーム

カロリー控えめだからうれしい、とダマしてきますが白砂糖のがまだマシです。
ダイエット〇〇とかが怪しいです。

アスパルテーム 隠れたスケジュールII麻薬

https://www.naturalnews.com/2016-06-03-aspartame-is-a-hidden-schedule-ii-narcotic.html

アスパルテームは隠れたスケジュールII麻薬

「見出しをちゃんと読んだかな?」あるいは 「見出しは正しいかな?」

どちらの質問にも答えは 「イエス 」です。人工甘味料のアスパルテームは、確かにスケジュールII麻薬です。アスパルテームのメタノールは、脳内のドーパミンレベルに影響を与え、中毒につながる可能性があるからです。メタノール、または木質アルコールは、重度の代謝性毒物に分類されます。

さらに、アスパルテームはフェニルアラニンとアスパラギン酸が結合してできるジペプチド分子です。つまり、アスパルテームは天然には存在せず、製造された物質であることは明らかです。摂取すると、消化酵素によって2つのアミノ酸とメタノールと呼ばれるアルコールの一種に完全に分解されます。

メタノールが麻薬取締法別表第二に指定されているのは、どういう意味なのでしょうか?

Sarah Barendseはこう報告します:

「スケジュールII物質は、高い乱用可能性と重度の心理的および/または身体的依存性を持っています。スケジュールII物質の例としては、麻薬、アンフェタミン、バルビツール酸があります。スケジュールII物質の処方箋は、決してリフィルを注文することができず、最初に書かれた日付から7日以内に充填されなければなりません」

報告された食品添加物による副作用の4分の3はアスパルテームに起因する

それにもかかわらず、何百万人ものアメリカ人がアスパルテーム入りのダイエットソーダを購入し、さらにダイエットソーダは健康商品として販売されているため、飲むように勧められているのです。

独立した研究者や専門家によると、アスパルテームは頭痛、記憶喪失、視力低下、うつ病、発作、昏睡、がんなど様々な症状を引き起こしますが、これらに限定されるものではないとのことです。また、MS、ループス、注意欠陥障害、アルツハイマー病、パーキンソン病などの病気の症状を模倣する可能性もあります。

この人工化合物は、特定の薬を服用中に摂取したり、グルタミン酸ナトリウム(MSG)を含む加工食品を食べたりすると、危険な場合があります。また、炭水化物への欲求を誘発し、体重増加につながります。

Natural Newsが伝えているように、アスパルテームが危険である理由はもっとたくさんあります。

「食品添加物への有害反応の報告の75%は、アスパルテームに起因しています。これらの反応のうち、多くは深刻なもので、発作や死を含む。アスパルテームが原因とされる90の症状は、頭痛/偏頭痛、めまい、発作、吐き気、しびれ、発疹、うつ、イライラ、不眠、難聴、視力障害、味覚障害、めまい、記憶喪失が報告されています。

アスパルテームの副作用を研究する人々は、以下の病状がアスパルテームによって引き起こされたり悪化したりすると報告しています」:脳腫瘍、多発性硬化症、慢性疲労症候群、精神遅滞、パーキンソン病、てんかん、リンパ腫、出生異常、糖尿病、線維筋痛症

ゆっくりと神経細胞を破壊し始める

ミシシッピー医科大学の元脳神経外科教授で、現在は栄養学の研究と調査をしているラッセル・ブレイロックは、アスパラギン酸を、グルタミン酸と同様に毒性のある単離アミノ酸と表現します。アスパラギン酸は興奮毒素であり、脳を時には死に至るまで興奮させる化学物質であり、さらに、新生児の脳形成の仕方を変え、永続的な多動やその他の行動の変化をもたらす可能性があると説明します。

「タンパク質と結合していない遊離型では、摂取後すぐに血漿濃度を著しく上昇させる。摂取直後の血中の過剰なアスパラギン酸は、脳の特定の領域で高値を示すようになる」と以前報告しました。

「アスパラギン酸はゆっくりと神経細胞を破壊し始め、病気の臨床症状が現れる前に、脳の特定領域の神経細胞の大部分が破壊されてしまう。興奮性アミノ酸に長期間さらされた後の身体的影響として、パーキンソン病、脳病変、神経内分泌障害、低血糖症などが報告されています」

量が 量が 量が

しかし、アメリカ合衆国食品医薬品局 (FDA) の審査では、調味料として普通に使う量は微量であるため、健常人であれば、急性毒性や慢性毒性の問題は起こらないと判断している[6][7]。

果物や野菜や酒にも含まれており、微量では無視出来る物であるから、

トマトや柑橘類のジュースから摂取する量よりも少なく、問題にならない量である
https://ja.wikipedia.org/wiki/アスパルテーム

おなじみの「微量だから安全」詐欺です。放射線も微量だから安全、と医師が詐欺りますが同じやり口です。

このような成分が蓄積して病気になっていると診断できないのが医者。

「あなたは病気です、もっと薬を」

真に受けるとボロボロになるのでした。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".