Sponsored link
NO IMAGE

松果体は意図的に抑制されているのか?

NO IMAGE

松果体は意図的に抑制されているのか?

https://www.naturalnews.com/2016-09-19-is-information-on-the-pineal-gland-being-suppressed-on-purpose.html

松果体とは、脳の中心付近にある松ぼっくりのような形をした小さな腺です。メラトニンというホルモンを分泌し、睡眠をとるための重要な役割を担っています。松果体は、かつては先祖代々の名残と考えられていましたが、現在では私たちの脳にとって非常に重要な部位であることが知られています。松果体を「第三の目」と呼ぶ人も少なくありません。

フッ化物の摂取は、松果体のメラトニン生成能力を低下させ、その機能を阻害することが疑われています。フッ素の作用は、この現象は公式には確認されていないと報告していますが、予備的な研究では、フッ素への暴露はメラトニンのレベルを低下させることが示された、とも述べています。

メラトニンの生成の抑制は、睡眠サイクルを乱す可能性だけでなく、人体に様々な影響を及ぼすと考えられています。例えば、メラトニンは女性の思春期の始まりを調節しています。また、メラトニンはフリーラジカルによる細胞の損傷から体を守る働きもあると言われている。

また、松果体には、フッ素が蓄積しやすく、フッ素は松果体に蓄積する主要物質ともいわれています。松果体が大量の血流にさらされていることと、石灰化する組織であることが理由です。

松果体の石灰化組織は、骨や歯など他のどの体の部位よりも多くのフッ化物を含んでいることが分かっています。これは良いことではありませんね。

松果体については、多くの人が優先順位の高いテーマとは考えていないでしょうし、健康的な生活を送る上で一般的に議論されるようなものでもないでしょう。松果体には良くないから、遠慮しておくよ」なんて言うのは、本当に稀です。

しかし、ニューエイジの健康法や薬学の実践者の多くは、私たちの松果体が意図的に抑制されていると指摘しています。フッ素が松果体に与える影響は極めて大きく、松果体が自治体が水道水にフッ素を混入し、実際に狙われていると疑うのは、容易に理解できます。これらのニューエイジの実践者たちは、松果体は本当に私たちの「第三の目」であり、メラトニンを分泌し、私たちの睡眠と覚醒のサイクルを調整する以上の能力があると信じているのです。

松果体がわれわれが知っている以上の働きをしているかどうかはまだわかりませんが、フッ素がこの小さな腺に及ぼす悪影響は明らかです。

Sponsored link

水道水、歯磨き粉などのフッ素推しは注意です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".