Sponsored link
NO IMAGE

秘密文書:モンサント社は35年前にグリホサートと癌の関連性を知っていた

NO IMAGE

秘密文書:モンサント社は35年前にグリホサートと癌の関連性を知っていた

https://www.naturalnews.com/2016-12-01-secret-documents-reveal-monsanto-knew-link-between-glyphosate-and-cancer-35-years-ago.html

世界保健機関が、同社の人気除草剤ラウンドアップの主成分を発がん性物質と認定したことで、全能の企業モンサントは最近非難を浴びるようになった。

モンサント社は現在、この広報上の災難からピースを拾い上げるべく、ダメージコントロールモードに入っている。

実際には、モンサント社は35年以上前からグリホサートと癌との関連について知っていた。この悪の大企業が、利益のために沈黙を守ってきたのは当然のことだ。

グリホサートの人体への影響は、研究科学者のアンソニー・サムゼル博士によって長年研究され、その有害性が明らかにされてきた。

サムゼルはStephanie Seneff博士と共同で、2025年までにアメリカの子供の半数以上が自閉症になる可能性があるという警告を発表している。2025年には、アメリカの子供の半数以上が自閉症になる可能性があると警告している。

サムゼルは最近、モンサント社の要請で1981年以来封印されていた「企業秘密」のファイルを見ることができた。サムゼルは、自分の研究分野のおかげで、その文書を見ることができた。

そのファイルを誰かに見せることは許可されなかったが、彼は自分の発見について自分の考えを話すことが許されている。

サムゼルは、ジャーナリストのトニー・ミトラにインタビューされ、カメラに向かって自分の発見を語った。彼は、実験動物の「検査の細胞腫瘍の著しい発生と、複数の臓器や組織での腫瘍の成長」を示す不穏な証拠について話す。

サムゼルはまた、グリホサートがほとんど即座に骨髄に入るという証拠があることについても述べている。この骨髄への侵入により、生体の新しい細胞の形成が妨げられるのである。

サムゼルは引き続き、良性腫瘍と癌性腫瘍の発生率が高いことを強調し、ほとんどすべてのケースで、外側の組織から始まっていることを指摘する。

世界保健機関は現在、グリホサートを発がん性物質である可能性が高い、くらいにしか考えていませんが、サムゼルはグリホサートを明確な発がん性物質と見なすべき、と考えている。

グリホサートが食品に残留しているかどうかの検査は、政府によって保留されている。

一方でグリホサートは、人気の朝食用シリアルなど、私たちが消費する多くの製品に含まれていることが判明した。EPAはグリホサートのリスク評価を確定し、今後の除草剤使用に制限を設けるべきかを決定しようとしている。

今のところ、モンサント社は国民を毒殺し続ける許可を得ている。FDAの広報担当者Megan McSeveneyは、テスト停止を確認し、テストがいつ再開されるかは不明であると述べている。

Sponsored link

日本も同様に農薬除草剤が撒かれているが農家がまったくわかってない。
雑草が生えない畑で作物が育ってる

農薬も放射線も量が少ないから大丈夫詭弁

目先の収入だけを追い求めてるが撒いたものは撒いた人間がまず吸うことになる

がん患者を故意に増やしてる

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".