Sponsored link
NO IMAGE

化学薬品の終焉:既知の抗生物質すべてに耐性を持つスーパーバグがアメリカで発見される…失敗した製薬会社への盲信は、まもなくあなたの命を奪うだろう

NO IMAGE
Sponsored link

化学薬品の終焉:既知の抗生物質すべてに耐性を持つスーパーバグがアメリカで発見される…失敗した製薬会社への盲信は、まもなくあなたの命を奪うだろう

https://www.naturalnews.com/2016-06-03-the-end-of-chemical-medicine-superbug-discovered-in-america-that-resists-all-known-antibiotics-blind-faith-in-failed-pharma-will-soon-cost-you-your-life.html

文明がどのように崩壊し、人間の偉大な創意工夫の時代が終焉を迎えるかを研究するのは常に興味深いことである。

1928年にアレキサンダー・フレミングがペニシリンを発見して以来、化学薬品業界は人類に、処方薬によってすべての病気が治ることを約束してきた。

癌、糖尿病、心臓病、アルツハイマー病でさえも、製薬業界が最終的に治療に適した化学物質を発見すれば、すべて治ると約束されてきたのである。

しかし今日、私たちは、大手製薬会社の化学薬品は私たちを治療するものではなく、私たちを破滅させるものであることを理解するようになった。

スーパーバグは抗生物質耐性のあるバクテリアで、ビッグファーマの化学薬品に免疫があり、既存の抗生物質が過剰に処方されたために発生した。

化学物質で細菌を長期間攻撃すると、細菌は化学物質に対する生物学的な免疫を獲得する。これは自動的に起こることで、母なる自然が細胞レベルで行う生存のための問題解決の一部なのだ。

もちろん問題は、たった一度の突然変異で抗生物質が使えなくなることだ。細菌が大手製薬会社の毒性化学物質に対してますます強くなるにつれ、抗生物質医薬品の医療効果は次々と崩壊していく。細菌が大手製薬会社の毒性化学物質に対する耐性を増すにつれて、抗生物質の医療効果は次々と失われていく。

大手製薬会社の化学物質は、母なる自然の分子的巧妙さによってドミノ倒しのように倒されていくのだ。スーパーバグの黙示録」を防ぐために、製薬会社と病院は、スーパーバグに対する「最後の防衛手段」であるコリスチンという化学物質を備蓄してきた。

これは、他のすべてが失敗したときに使用される薬である。それは、患者が文字通り抗生物質耐性菌によって生きたまま食べられているときに非常に最後のオプションだ。

今日、我々はコリスチンも時代遅れになったことを知ったばかりだ。ペンシルバニア州の49歳の女性がコリスチン耐性の感染症にかかっていることが判明したと、Raygano.comが報じている。同じ話は、主要メディアにも伝わっている。

つまり、化学抗生物質の時代はもはや必然的に終焉を迎えたということである。ビッグ・ファーマはもはや、自らが招いた感染症からあなたを救うことはできない。

ビッグ・ファーマの役に立たない化学薬品の従順な信奉者たちは、何百万人も死ぬことになる

この開発は、単なるゲームチェンジャーではない。医学の黙示録だ。このコリスチン耐性スーパーバグがパンデミックになれば、何百万人もの人々が感染症で死に、製薬会社の従順な医師たちは何が起こったのかと親指を立てて立ち尽くしていることになるのだ。

もちろん、何が起こったかと言えば、化学医薬の巨人であるビッグ・ファーマが過去50年間、まさにこの医療黙示録を引き起こした抗生物質医薬品の販売で大儲けしてきたことである。製薬会社は、人々が抗生物質を必要としないときでさえ、抗生物質を押し付けることで大儲けし、医師は患者の処方を最大化するために日常的に賄賂を受け取っていたのである。

製薬会社、薬局、医師、すべてが儲かった。しかし、その間にも、決められた微生物が静かに、そして組織的に、既知の抗生物質製剤を破っていた。その理由は、抗生物質が単離され、精製された化学物質であるからである。

一方、天然の抗生物質(ニンニクなど)は、植物由来の分子を大量に含んでいるため、倒すのは難しい。そのため、天然の抗生物質は複数の生物学的ベクトルから細胞を同時に攻撃することができる。

しかし、分離した製薬会社の化学物質は洗練されていません。しかし、単離された製薬会社の化学薬品は洗練されておらず、単一の化学薬品を大量に投与して患者の体を「絨毯爆撃」する。その結果、細菌はその化学物質に対する防御策を容易に開発する。

その結果、現代社会では、病院が最も危険な場所になってしまった。大腸内視鏡検査で死ぬかもしれない。大腸内視鏡検査で死ぬこともあるのだ!検査そのものではなく、不潔な検査器具が致命的なスーパーバグスを体内に送り込み、それが増殖して何千人もの患者を死に至らしめるのだ。

Pharma Death Clockによれば、毎年120万人以上が病院の感染症で死亡している。そのうち377,000人がスーパーバグの感染で死亡しており、米国でコリスチン耐性株が発見されたことにより、この数字はさらに大きくなりそうである。

病院はこのような致命的な感染症にかかる可能性が最も高い場所であるだけでなく、そこで働く誰もがスーパーバグを殺す本物の抗生物質について全く無知な場所でもあるのだ。

本物の抗生物質は自然界に存在し、免疫を持っていないものはない

本物の抗生物質とは何でしょうか?それは、植物由来の多面的な薬です。腐敗した製薬・医療業界全体が、自分たちの利益を守るために意図的に無視してきたものなのだ。しかし、植物由来の抗生物質は世界で最も強力であり、まだ発見されていないあらゆる細菌株に対して効果を発揮する。

最初の抗生物質であるペニシリンでさえも、自然界で合成されたものであることが発見された。この化学物質は、人間ではなく、カビによって作られた。ペニシリンは、母なる自然が作り出した何百万ものユニークな化学物質のひとつで、スーパーバグを殺すことができる。

ニンニクやショウガのような一般的な植物でさえも強力な抗菌性を示すし、銀や銅から作られた天然の抗菌溶液は、既知のほぼすべての細菌株に対して極めて有効である。しかし、アメリカの病院では、このような単純で効果的な物質を使うことを拒否している。だから、医療業界から見放され、その結果、患者は何十万人も死んでいるのだ。

私が信じていることがあります。スーパーバグスが我々の病院を支配するようになると、製薬業界の役に立たない化学物質を盲信している人々は、その誤った信念の代償を命で支払うことになる。スーパーバグから生き残るのは、天然の抗生物質に目を向け、無知で製薬会社に振り回される医師を拒否する人々である。

ペニシリンを推奨するわけではない

特定の成分ばかりを抽出したのが化学物質で毒ということ
ビタミン剤なんかも特定の成分ばかりを抽出したので逆効果になる

抗生物質は耐性菌ができてよけい悪化するから、イベルメクチンなんかおすすめできるわけがない

細菌とかがんなどの病原体のようにみえるものを薬品などで消滅させることよりも、宿主である血液の状態をよくすること
アルカリ性食品とか重曹クエン酸はその流れ

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock