Sponsored link
NO IMAGE

たんぱく加水分解物:テクスチャード・ベジタブル・プロテインTVPには微量の有害化学物質が含まれている可能性

NO IMAGE
Sponsored link

たんぱく加水分解物関係の記事です。

企業は安全安全と騙していますが少し調べれば危険なのがわかるので、食品の成分をよく確認しましょう。

マスゴミの異様なまでのタンパク質推しとの関係もありそうです。

TVPを食べると?テクスチャード・ベジタブル・プロテインには、微量の有害化学物質が含まれている可能性があります。

https://naturalnews.com/033728_TVP_textured_vegetable_protein.html

テクスチャード・ベジタブル・プロテイン(TVP)は、エネルギーバーやベジタブルバーガーなど、さまざまな「ヘルシー」製品によく使用されている成分です。

ベジタリアンの初心者や、肉より低価格のタンパク源を求める人は、好みのレシピに使用する肉の代用品としてTVPを大量に購入することがあります。

TVPは、Textured Soy Protein(TSP)や分離大豆タンパクとしても知られ、ベジタリアンタンパクを食事に取り入れるには良い方法のように思われますが、この疑似食品がどのように作られるのか、少し調べてみることにしましょう。

工業的調理

TVPを含む製品を食べるたびに、大豆をTVPに変換するために処理された石油化学物質であるヘキサンの痕跡を消費していることになります。

大豆加工業者は、大豆タンパク質から大豆脂肪を分離するために、溶剤としてヘキサンを使用します。ガソリン精製の副産物であるヘキサンに大豆を浸すのです。

ヘキサン処理された大豆のタンパク質は、「エクストルージョン調理」と呼ばれる工程を経ます。NSI(窒素溶解度指数)の高い脱脂大豆粉と水を合わせ、工業用ミキシングシリンダーで生地を作る。

この生地は、スクリュー式押出機のバレルを通過します。その後、回転刃でカットし、オーブンで乾燥させ、顆粒状、フレーク状、パティ状など、お好みの形状に仕上げます。

この高度に加工された「食品」は、家庭で調理するためのTVPとして大量に出荷されることもある。ベジタリアン向けの料理本や雑誌、ウェブサイトには、今でもこの食材を使ったレシピが多数掲載されています。また、プロテイン・バーや冷凍ベジタリアン向け代用肉など、健康的と称される食品の製造業者に販売される場合もあります。

ヘキサンの健康への影響

2009年、Natural NewsとCornucopia Instituteが共同で行ったテストでは、ヘキサンの残留物が押し出し調理工程で生き残り、TVPを含む製品に含まれることが確認されました。

不思議なことに、FDAは食品メーカーにヘキサンの含有量を検査するよう要求していません。これは、ヘキサンが大気汚染物質および神経毒としてEPAに登録されていることを考えると、特に興味深いことです。

EPAのウェブサイトには、ヘキサンの誤飲、皮膚への接触、吸入などによる健康への害について書かれたページがあるが、FDAはヘキサンに汚染された食品の健康への影響についてテストしていません。

国民の監視役が企業の飼い犬になったという歴史は『百年の嘘』(http://www.hundredyearlie.com/)などの本にも書かれているが、FDAは「現行の適正製造プロセス」に基づいて、食品中のヘキサンなどの毒物の最大許容量を決定しているのである。

いくつかの独立した研究によると、ヘキサンで汚染された食品を大量に、あるいは長期間摂取すると、神経学的な問題を引き起こす可能性があることを示しているようです。

労働者と環境に危険なヘキサンプラント

ヘキサンが存在する工場で働く労働者は、神経系障害や皮膚障害を発症しています。労働安全衛生局(OSHA)は、ヘキサンの最大許容暴露量を8時間暴露の作業員で500ppmと定めています。

それ以上の暴露は、呼吸器や目の炎症、吐き気、めまい、頭痛を引き起こす可能性があります。また、ヘキサンとパーキンソン病を関連付ける研究もあります。

また、ヘキサンは引火性が高く、米国、メキシコ、南アフリカで工場爆発事故を引き起こした。2003年には、アイオワ州スーシティーの大豆加工工場でヘキサンガスに引火し、2名の作業員が死亡しました。

2001年には4,500ガロンのヘキサンを積んだトラックが炎上・爆発し、近隣の住宅に火がつくなど、ヘキサンを使用する工場の近くや、そのトラックの通り道に住むことさえも危険な場合があります。

さらに、大豆加工工場から排出されるヘキサンは、環境に対する危険性をはらんでいます。EPAはヘキサンを危険大気汚染物質に分類している。この危険大気汚染物質とは、空気中に浮遊する化合物のうち「癌や生殖障害などの深刻な健康被害、環境・生態系への悪影響を引き起こす、または引き起こす可能性があるもの」を指します。

EPAが発表した最新のデータによると、穀物加工業者は米国内のヘキサン排出量の3分の2以上を生産し、この有害大気汚染物質を2100万ポンドも排出していることが明らかになっています。

自分自身を守るために

TVPはヘキサンに浸された大豆を示す物質なので、ラベルをよく読み、原材料に含まれているかどうか確認してください。大豆たんぱく分離物やテクスチャードソイプロテイン(TSP)という別称があるかどうかも、忘れずにチェックしましょう。

米国にお住まいの方は、大豆を含む食品のパッケージにUSDAオーガニックの緑色のシールが貼られているかどうか確認してください。

メーカーによっては、「有機大豆使用」と表示して消費者を欺こうとする場合がありますが、これは有機栽培された大豆をヘキサンで処理したものである可能性があることに注意してください。

たんぱく加水分解物とは薬品で加工したタンパク質のことです。植物性だから安心とはなりませんので注意です。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock