Sponsored link
NO IMAGE

人間ハッキング:ヒトのマイクロプラスチックに追跡やデータ収集のためのナノ粒子を含む可能性がある

NO IMAGE
Sponsored link

人間ハッキング:ヒトのマイクロプラスチックに追跡やデータ収集のためのナノ粒子を含む可能性がある

https://www.naturalnews.com/2022-06-27-microplastics-in-humans-nanoparticles-for-tracking.html

InfoWarsのAlex Jonesは、米国と欧州連合(EU)の両方の政府機関が、人間の血液と組織のサンプルに前例のない量のマイクロプラスチックを報告していると述べた。

ジョーンズは6月23日の番組の中で、世界経済フォーラムが指示した、追跡可能なプラスチックナノ粒子を食品に散布する世界的なプログラムが、世界中の異なる規制機関から認可を得たと説明した。

食品医薬品局も環境保護庁も、マイクロプラスチックやナノテクノロジーについては管轄外だと主張しているが、政府自身が行っているとするサイトもある。

ジョーンズは昨年のインタビューで、ユヴァル・ノア・ハラリの 人間のハッキング可能性に関する説明に言及した。イスラエルの哲学者であり学者である彼は、ナノテクは食物や水の中に存在し、最終的には一種の革命として人体を「乗っ取る」ことができると述べている。

ハラリはインタビューの中で、このような「 人間ハッキング」を防ぐために、各国が協力して人工知能やデータ収集を国家横断的に規制し始める必要があると説明した。そして、最も多くのデータを管理する国や企業が、世界を支配することになると付け加えた。

ハラリ氏によれば、世界はますますデータ収集とデータハーベスティングの領域に切り分けられるという。冷戦時代には、鉄のカーテンがあった。今、世界はアメリカと中国に分断されつつあるという意味で、シリコンカーテンのようなものだ。

「あなたのデータはカリフォルニアに行くのか、それとも深圳や上海、北京に行くのか」。とハラリは問いかけた。

彼は、人工知能がアルゴリズムによって働き、人間への支配力を強めるという、信じられないような変化が起こる遠くない未来について、人々に警告を発している。

「ネットフリックスは何を見るべきか、アマゾンは何を買うべきかを教えてくれる。最終的には、10年、20年、30年以内に、こうしたアルゴリズムが、大学で何を勉強するか、どこで働くか、誰と結婚するか、さらには誰に投票するかまで教えてくれるようになるかもしれません」と説明し、COVID-19の流行によって、さらに踏み込んだデータ収集への扉が開かれたことを付け加えました。

最終的には、人工知能の規制が強化されなければ、人間は “ハッキング “される危険性があると警告した。

「人間をハックするということは、その人が自分のことを知る以上にその人のことを知り、それに基づいて、ますますその人を操るようになることだ」

マイクロプラスチックの人体への影響についてさらなる研究が必要

人々は、食物や水を介して、さらには呼吸によって小さなプラスチック粒子を摂取することがすでに知られているが、マイクロプラスチックは、赤ちゃんから大人まで同様に便の中からも発見されている。科学者たちが匿名のドナーから採取した血液サンプルを分析したところ、4分の1の血液サンプルに、レジ袋の原料となるポリエチレンが含まれていることが判明した。

オランダのアムステルダム自由大学の生態毒性学者であるDick Vethaak氏は、プラスチック粒子はすでに存在し、全体に運ばれているため、人々が体内に入るものを心配するのは妥当であると述べている。また、これまでの研究で、赤ちゃんの糞便には大人の10倍ものマイクロプラスチックが含まれており、ペットボトルで育った赤ちゃんは毎日数百万個のマイクロプラスチック粒子を飲み込んでいることが明らかになっていると述べた。

Vethaak氏は、プラスチックの量や種類はサンプルによってかなり異なることを認めたが、この研究は先駆的なものであり、さらに多くの研究が必要であるとしている。また、この違いは、プラスチックで覆われたコーヒーカップで飲んだり、プラスチックのフェイスマスクを着用するなど、血液サンプルを採取する前の短期間の暴露を反映しているかもしれないとも述べている。

「大きな疑問は、私たちの体内で何が起こっているかということです。粒子は体内に留まっているのだろうか?血液脳関門を通過するなどして、特定の臓器に運ばれているのだろうか?そして、そのレベルは病気の引き金になるほど高いのだろうか?私たちは、それを明らかにするために、さらなる研究に資金を提供することが緊急に必要なのです」と彼は述べている。

慈善団体Common Seasの創設者であるJo Royle氏は、プラスチックの生産量は2040年までに倍増すると述べている。シェイは、すべてのプラスチック、そしておそらくはナノ粒子が人体にどのような影響を与えるかを知る権利が誰にでもあると付け加えた。この慈善団体は、80以上のNGO、科学者、国会議員とともに、プラスチックの人体への影響に関する研究に1500万ポンド(1840万ドル)を割り当てるよう英国政府に求めている。

一方、EUはすでに、マイクロプラスチックが胎児や乳児、免疫系に与える影響に関する研究に資金を提供している。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock