現代医学に対する不信感

現代医学に対する不信感

現代医学に対する不信感

病院にかかっているのに病気が全く治らない
それどころか、さらに具合が悪くなる……

現代医学に対する不信感はますます募るばかりです。

どうして治せないのかを考えようとしない医師も多く、注目されるのは収入ばかりで、犠牲者を増やし続けています。

形式的・物質数値主義

現代科学のものの見方は欧米や日本を含めて形式的で、特に精神面での発展は大きく遅れています。

医学では薬とばかりの肉体中心主義で、精神を無視した対症療法が主流となっています。検査の数値にとらわれて右往左往し現状を悪化させるだけ。数字をいじくりまわしても病気が治らないことが理解できない幼稚な科学に基づいています。

「二人に一人はガンになる時代」と言ってはいますが、精神的なストレスばかりを原因として主張し、その割には精神的なストレスを解決しようとせず、無駄な手術、発がん物質性の抗がん剤で、さらなる悪化を招いているのが現状です。

目の前の病人を見ることなく、見かけの症状と検査の数値にばかりとらわれています。原因と結果という簡単な因果律を理解することができず、専門家たちは、死の結果ばかりを発生させています。彼らの作る死亡診断書は、心不全・多臓器不全・がん死など非論理的かつ虚偽ばかりです。

治療どころか自分のやりたいことばかりをやって保険点数を稼ぎたい、という輩まで出てくる始末。死体の山を作っているだけで専門家は治ったと居直ります。これほど狂っていることはありません。

現代の医学を否定することによって客を集めている医師まで現れ、否定している本人は何も治すことができないでいるのです。

この現状で、現代医学に対する不信感が高まるのも無理はありません。

医療タレントが広める偽知識

マスコミの発達と病人の増加は、医療芸人を生み出しました。誤った医療知識を人々に広めてさらに犠牲者を増やしています。

当の本人は日頃から勉強していると自分だけは満足、勉強をすればするほど治療から遠のき、視野が狭くなるばかりです。

私たちが理解するべきことは、化学物質を体内に入れると、病気が治るどころか病気になること、手術で病気が治らないことは理解するべきです。

遅れた西洋医学は迷信

東洋医学の基本的な原理は、自然の尊重、陰陽の原理、全体性の重視と気・血液の調和を重視すること、保険と予防にあります。薬物療法は低俗な治療とされ二の次です。

しかし、西洋文明は、自然を尊ぶことを完全に忘れてしまいました。東洋医学や古代では、神癒・自然治癒というものを重視していました。

合理的で説明の出来ないことは、迷信として扱われますが、医学の原理を身につけたと叫び、スキルアップを重ねているわりには、患者が良くなるどころか悪くなる一方。経験を重ねてうまくなったのは嘘のつき方と責任転嫁に現実逃避だけ。

これを科学的な迷信といわずしてなんと言うのでしょうか。

医師の言う通りに薬を飲んだら具合が悪くなったというのも、医学的な迷信のひとつです。

しかも、科学は事実をまず第一にするべきで説明は、そのから、その後から付け加えられるものです。

しかし、最近の学者は、理論と異なるからといって、現実を見ないようにする輩も出てきました。

特定の団体が目先の利益を求めて、科学の原理を無視したもっともらしい嘘の説明を、新しい理論として医師に覚え込ませます。

論文作成時には不正が行われます。エビデンスとされるものは、金と出世に目がくらんだ医師に対する結果ありきのアンケート。効かない治療が効いたことになり不正が蔓延します。主観的な希望的観測ばかりで説明にすらなっていません。

客観的な事実やデータが大切と叫びながら、内緒で抗がん剤を無断で打っておいて、具合が悪くなったら、タイミングよく現れて「急にがんが進行した」と嘘の説明をして騙すなどの芝居を演じたりします。

客観的な事実が大切というのなら、点数を稼ぎたい一心で欲に駆られて行ったこれらの蛮行も堂々と公表するべきでしょう。

精神を追い詰め無益な治療をむりやり

精神と肉体を調和させることを全く重視していません。

患者を脅すようなマネをして、精神的に追い詰める医師も出てきています。自己保身と責任転嫁、嘘の説明ばかりで本末転倒です。

がん治療がうまくいかないのは、西洋医学はがん細胞を切除すること、放射線療法・化学療法でワクチンによる免疫療法というものが出てきましたが、現実は評判の悪い化学療法の名前を変えただけで、無益どころか有害です。

がんの原因は、発がん性物質と放射性物質です。

これらは毒で、急激に血液を酸化させますから発がん性物質と放射性物質を排出して血液をきれいにすること、血液の弱アルカリ性を目指すことが治療です。

体内に入った毒を出すというだけの話で、この簡単な論理を専門家は理解できず、体内に毒を入れ免疫力を弱めたりするなど、本末転倒な行いが後を絶ちません。

医師を信じず自分で治ろう、が主流

血液は、食事で弱アルカリ性にしていくことです。そして、そのために塩分と野菜に代表されるアルカリ性食品をしっかり取ることが重要です。

塩分は、血液を弱アルカリ性に保ち、血液の酸化を防いでくれます。

でたらめがまかり通りすぎ、最終的には「医師を信じず自分で治ろう」が主流になるでしょう。

血液を弱アルカリ性に保つこと
野菜・塩分はしっかり摂ることを心がける
ツボ刺激や軽い運動で血液の流れを良くすること 日光を浴びて
体調不良をすぐに治そうとしないこと

これらは個人で行うべきものであり実行は可能です。

低人格の医師による時代遅れの西洋医学に基づく医療は、次第に廃れていくのは間違いありません。

現代医学に対する不信感
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!