Sponsored link
NO IMAGE

18 がん細胞

NO IMAGE
Sponsored link

がん細胞は猛烈な勢いで細胞分裂を繰り返し大きくなる、という定説が信じられています。

しかし、人の子宮がん組織標本を調べてみると、細胞分裂とは比較して少数認められますが、これは細胞が分裂する過程ではなく、赤血球が集合し融合した現象です。

一度崩壊して融合した後、赤血球のタンパク質が合成され、DNAを新たに合成して、時々、前期・中期のようにみえる像を多極的に示します。

このことはがん研究者も認めています。

その後、前期・中期・後期・末期と細胞分裂の定型的な過程を示したがん細胞はほとんどありません。

まして、がん細胞が二つに分裂する像などほとんど見られません。

しかし、不自然な状況の中なら話は別です。

がん細胞を取り出し、不自然な触媒の中に置いて、強い光線を当て、気圧も異なる外界条件のもとにおいておくと、しばしば細胞分裂を示す様子が撮影されることはあります。

このような状態は自然状態の体内では見られないものです。不自然な強い光を照射した場合、その中では細胞はしばしば細胞分裂に似た形を示すことがありますが、これは不自然な仮の姿です。

このような不自然な映像を故意に作出し、がん細胞の細胞分裂説を広めているものと考えることもできます。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".