Sponsored link
NO IMAGE

17 タンパク質からDNA

  • 2022-03-13
  • 2022-03-04
  • 血液
  • 129view
NO IMAGE
Sponsored link

現代生物学では、核の主成分であるDNAは分裂によってのみ増加すると考えられています。

カエルの赤血球の出芽現象を調べた結果、75時間の経過したときに、赤血球の出芽した細胞質中に、立派に新しい細胞核が新生することが分かっています。

つまり、現代生物学では核酸がタンパク質を合成すると言われていますが、これは逆です。

核のない赤血球中にDNAが合成されて、リンパ球や他の白血球に分化する状況が確認できます。この現象はタンパク質が合成された後にDNAが合成されることを意味します。

○ タンパク質 → DNA
× DNA → タンパク質

世界の研究者は遺伝子治療の無残な失敗を重ね、この順番を逆にしていたことを悟り、セントラルドグマは宗教上の教義であることを悟り、恥をさらす日がくるでしょう。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".