Sponsored link
NO IMAGE

21 がん細胞は血球からできると発表した学者は口を閉ざす

  • 2022-03-29
  • 2022-03-07
  • 血液
  • 146view
NO IMAGE
Sponsored link

従来の学説によると、がん細胞は正常な細胞が突然変異を起こして無制限に活発な細胞分裂を繰り返すようになった細胞と言われ、活発に分裂増殖してがん腫を形成するものだと言われています。

これらの説は大きな矛盾と不合理を含んでいます。

研究者が莫大な研究費と患者の生命を犠牲にして、がんの原因や予防治療の研究に努めていますが、がん細胞の起源についてはいまだに全く分かっていません。

フランスのパリ大学のアルベルン教授は、がん細胞の起源に関して、がん細胞の培養実験の結果、千島学説で示される赤血球の集合・融合・合化であるAFD現象に似た過程を、がん細胞で実現できることを発表し、フランスの医学会に一大センセーションを起こしたことがあります。

しかし、がん細胞は病的血液中の赤血球から生ずるものであることを、医学会は完全に黙殺しています。

1975年1月4日の読売新聞によると、「がん細胞正常赤血球へ戻った」という表題で、3つのがん研究グループ、がん研究所(菅野勝夫所長他2名、ウイルス研究所(市川康夫助教授)、国立がんセンター(穂積本男5名の学者がそれぞれ、独自に白血病のがん細胞を試験管内で 処理で正常な赤血球に戻す実験に成功しました。

また、彼らは、がん細胞は赤血球からでき、栄養状態、健康状態によっでから赤血球へ逆戻りする可能性があることを発表しています。

この5名の学者は、高松宮妃学術賞を同年2月に受賞することになっていると大々的に報道されたのです。

「ガン細胞が赤血球からでき戻った」ということは、赤血球分化説、赤血球と組織細胞との可逆的分化説そのものであり、彼らがいきなり思いついたものとも思えません。

彼らは、こ高松宮妃学術賞受賞後も、赤血球分化説、赤血球と組織細胞との可逆的分化説を一度も語っていません。

この研究が仮に定説となっていたなら、切除、抗がん剤、放射線照射という非効率極まりない今日のがん治療は存在しませんでした。

このような説は、現代医学界にとって許しがたいものでしなかく、容認されず隠蔽されてきました。このことを知る一部の研究者は、自身ががんになると安全確実な食事療法を抜け抜けと選択し、患者には無理やり抗がん剤を投与するなどして、自分だけの立場・生命の安全を図ることになったのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".