NO IMAGE

32 輸血の副作用 梅毒

  • 2023-01-23
  • 2023-01-13
  • 血液
  • 125view

梅毒は、スピロヘータの一種である梅毒トレポネーマ(スピロヘータパリダ)によって発生する感染症で、性感染症(性病)の一つとされています。

感染経路を性行為のみと決めつけ強調されすぎた結果、原因解明や治療法が確立できていないのが現代医学の現状です。

血液を供給する人が梅毒にかかっていた場合、輸血用の血液に梅毒に感染する梅毒の病原体スピロヘータパリダが血液中にいる可能性があり、梅毒に感染する危険性があります。

日本では、実は輸血によって梅毒に感染したのに、その夫人が他の男と関係したものと主人が邪推し、その夫人と離婚してしまった、という実例が報告されています。

実際に採血する場合に、採血者は「あなたは梅毒にかかったことありませんか」との質問を躊躇したり、被採血者は、その質問に対して正直に答えない場合もあります。

実際に顕微鏡で調べて、梅毒の病原体の有無を検査することは実際上ほとんど行われていません。梅毒の増加が指摘されていますが、専門家は外部からの感染のみにしか興味を示しません。

ウイルス・細菌の自然発生説からは、コロナワクチン後の梅毒発症は説明できます。

薬品の投与で細胞・赤血球の破壊腐敗がおこり、外部からの感染・輸血がなくとも、スピロヘータパリダの自然発生から梅毒が発症する、という流れです。

現代医学において、梅毒の治療は抗生物質の投与とされています。原因は血液中に入れた異物による細胞・赤血球の破壊・腐敗ですから、薬品という異物は一時しのぎにとどまるだけで、根本的な治療とならないことが考えられます。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!

血液の最新記事8件

NO IMAGE
error: Content is protected !!