ビタミンC

ビタミンCが皮膚と骨にいい理由

ビタミンC

ビタミンCが体にいいというのは有名な話。
皮膚にいい効果がある、と言われています。

ビタミンの代表選手であるビタミンCの特徴をここでみてみましょう。

骨にいいビタミンC

ビタミンCは、紫外線によるダメージから回復させてくれます。

皮膚を形成するコラーゲンを体内で合成するのにビタミンCは不可欠です。

コラーゲンは、骨にとって重要な役割を果たしています。

さまざまな研究でもビタミンCで骨密度がアップすることがわかっています。

ビタミンCが骨芽細胞を成熟させ、骨の再石灰化を促進させること、骨の質と量の両方を高めるのにも役立つことがわかっています。

補給経路の誤解

これだけのいい効果が期待できるので、体にいいビタミンCを補給するために、
サプリメントを利用する人もいますが、

実はおすすめできません。

というのも、自然界にビタミンCが集中して含まれる物質などないからです。

ビタミンCサプリメントでは、過剰摂取により、さらなる問題が出てしまうので注意です。

食品からの補給が安定かつ確実

ビタミンCは骨の健康には大切です。さまざまなビタミンC関連の研究が存在しますが、

残念ながら正当性は疑わしいものが多いです。

大きな利益が絡むため、研究結果のねつ造も考えられます。化学物質からではなく、食事からの補給を心がけましょう。

ビタミンC
最新情報をチェックしよう!

ビタミンCの最新記事8件

NO IMAGE
error: Content is protected !!