NO IMAGE

案の定膵臓切ってがんが転移して死亡する有名人

NO IMAGE

「宮本武蔵」「ディア・ドクター」などの映画や「岸辺のアルバム」をはじめとする名作ドラマに出演した女優の○○さんが死去したことが28日、分かった。88歳。○○出身。死因など詳細については明らかになっていない。
昭和を代表する名女優が1人、令和が始まった年に静かに逝った。昨年2月9日に所属事務所の公式サイトで、18年1月に膵臓(すいぞう)がんの手術を受け、19年に入って肝臓にもがんが見つかり、闘病中であることを公表していた。

膵臓を切るとがんになる

膵臓が何のための器官なのか分かっていない方が多すぎます。

膵臓からインスリンというホルモンが分泌され糖を分解する、というように一義的に教えられるようですが、膵臓の役割はそんなものではありません。実は重曹を分泌しているのです。

適切に重曹が分泌されることにより、血液のが弱アルカリ性が保たれます。血液が酸化してくると膵臓を盛んに働かせる必要があるので、膵臓に負担がかかります。油物を食べると胃が痛くなったりするのもこのためです。

膵臓のおかげでがんが防げる

がんができるのは発がん物質のせいなのですが、その根底には血液の酸化という問題があります。血液が酸化しないようにするためには膵臓の働きを改善することが必要。そのためには血液を弱アルカリ性に保つことです。

酸性に傾いていれば膵臓は血液を弱アルカリ性に保つため働かされることになります。

手術で膵臓にダメージを与えてしまったら血液の酸化が止まらなくなります。膵臓がんは、生存率が低い最も難しいものと言われていますが、手術が難しいのではなく、切ると膵臓の働きが悪くなり血液の酸化が進み、さらにがんが進行しやすい体になってしまうからです。つまり、手術をしても無駄で、切ってはいけない器官ということです。

手作業でかんを取り除こうというのは間違いかつ本末転倒。膵臓から重曹が分泌されて、がんを防いでいることも知らないから安易に手術に踏み切るのです。

そして、手術後に急にがんが進行して死んだ、という本末転倒パターンを繰り返すのががん専門医なのです。手術が失敗しているのではなく、正確な知識を持ち合わせていないため、死の結果というと同じ結果が何度も何度も繰り返すのです。膵臓を切り取るという発想が間違っているのです。

糖尿病

膵臓の機能はインスリンというホルモンを分泌し糖分を分解する器官くらいにしかとらえていない医師ばかりですが、仕方がありません。隠されている知識なのですから。

実際には重曹が分泌されており、血液のアルカリ性を保っているのです。だから膵臓の働きが弱くなると血液の酸化が進み、糖尿病・アシドーシスになるわけです。そして糖尿病の治療については血液をアルカリ性にすることが重要で、インスリンというホルモンを投与しても副作用に悩まされるだけです。

インスリンなどという表面的な知識を教え込んで重曹が分泌されているという本質的な知識は絶対に教えないのだから悪質です。

インスリンもホルモンの一種ですが、ホルモンは体内で作り出すものであって、科学的に調合したホルモンを体内に入れるべきではありません。人工的に作ったホルモンを投与するから、インスリンの重大インシデントを医療関係者が何度も何度も繰り返すのです。

教えられたことしか知らないのだからタチが悪いです。ちなみに膵臓から重曹が分泌されていることはWikipediaや一般の書籍では見つけることができません。製薬会社や学者が故意に隠しています。そこら辺のスーパーで売ってる重曹なんかで治られたら、カネが儲からくてたまらん、ということです。

余命詐欺

このような医師たちは「早く治療に踏み切らないと余命はあと1年だけ」などと脅し、治療後にあっという間に死亡させるといったパターンを繰り返しています。

死の恐怖で脅す余命詐欺にも注意しましょう。この治療ならこの期間で殺せる、などくだらない統計ばかり必死に取っているから余命が推測できるわけです。

がんを発見したら切り取る
お金が落ちていれば拾う
えさが落ちていれば食う

これくらいの頭しかがん専門医にはないのです。

がんを発見して治療に踏み切ったことしかなく、がんが発生して治療に踏み切らず様子をみる、という選択を一度もしたことがなく、治療しなかった場合の生存率など計測をしたことがないのががん専門医。あっという間に死なせてばかりいます。

「仮に治療しなければすぐ死ぬ」というのもがん専門医の妄想に基づいた詭弁なのを理解しましょう。

自作自演でがん死を演出するベテラン医師

がん患者に無治療で長生きされると、「がん治療はやらないほうがいい」「無治療の生存率が高い」と証明されてしまう。

そこで、抗がん剤を内緒で投与して患者をがんだらけにして急にがんが進行したように見せかける。そして「早く治療しなかったお前らが悪いんだ」と責任転嫁。生きてた患者を殺して「抗がん剤を打たないと死んでた」など狂った言い訳までする始末。こんなくだらない方法で、がん治療の必要性を説いて回る医師もいます。

このようなことばかりやっているから、食事療法でがんが取れている患者に抗がん剤を投与したことに気がつかず、患者の家族に怒られるベテラン医師も存在します。ベテラン医師はがんが取れる症状である傍腫瘍性神経症候群を知らなかったのです。今まで何を勉強してきたのでしょうか。

「がん患者はものすごい痛みにおそわれる。急に苦しみ始める」と説明したベテラン医師が、抗がん剤で患者を苦しめていたことがバレたのです。鎮痛剤を併用して患者の痛みを増幅させ「その痛みががんなんだ」とインチキ宗教まがいのことばかりやっていたわけです。ここまでくると事故ではなく事件ですから他人には言えませんよね。

放射線をぶち当てたり、膵臓を切り取ったり、薬品を使ってがんが自分で作れるとわかっているなら不治の病ではありません。

手術などで体に負担をかけない
血液を酸化させない
毒物や副作用のなる化学物質を体内に入れない
食事療法で血液をきれいにする

これらが治療になるとすぐにわかるはずなのですが、お金と出世に目がくらんでいると思考停止に陥ります。

何回死刑になっても償えないレベルの罪を背負うことになります。このような人々を信頼していれば治るものも治らなくなります。高いお金を使って芸能人も、無駄な苦しみを味わって金を巻き上げられただけ。そして国民は「ありがとう」の大合唱。キモすぎます。

いつまでこんなことをやっているのでしょうか。

スティーブジョブズ

アップルのスティーブジョブズも膵臓がんを患い、膵臓がんの手術を受けた後、あっという間に衰弱して早死に。治療に踏み切った医師の責任は問われることはなく、食事療法に走ったスティーブジョブズが悪いのだ、といういつもの通り「患者が悪いんだ」の大合唱。

「早期発見早期治療が大切なんだ」と誤った知識を広めている者がいます。膵臓は切ってはならないのです。医療関係の情報は疑って下さい。

高齢者に手術を勧めたのが悪い

高齢者に手術を勧めること自体が間違っています。手術がうまくいっても、衰弱してなくなってしまうわけですから。ある程度の年齢になったら諦めることです。ただえさえ寿命が残り少ないのに、無駄な治療でさらに短くするのは無益です。

食事療法だけのほうがよっぽど結果が良く、お金もかからず、苦しむことも少なくなります。

高齢者になればなるほど病院とのつき合いが深くなってきますが、お金をかけないように健康を維持する意識は必要不可欠です。

高齢者は病院に行く必要はありません。手術に耐え切れる体力が残っておらず、処方薬をやまほど飲んでも病気が治るないどころか更なる体調不良を招くだけ。

年寄りほど病院での治療で自己満足する傾向がありますが、かかりつけ医にだまされて金を巻き上げられているだけ。バカな息子や娘が親孝行だと言って病院に通わせる。現実は親の首を絞めて苦しめただけだった、ということもあります。

お年寄りは医療に任せきりにせず大事にしましょう。亡くなる時には、病院内でスパゲッティー症候群にして苦しめて死なせるのではなく、自宅でゆっくり死なせてあげましょう。死ぬことは避けられませんから。お金をかけず苦しませないこと。病院に行かなくても死ぬことはできます。

「自宅で亡くなると警察の取り調べを受けるから面倒だよ」などと脅す医師もいますが、死ぬ寸前の患者に無駄な治療を施して保険点数をゲットし金もうけしたいだけです。

無駄ながん切除

いったい、何の目的で手術をするのでしょうか。手術した後に具合が悪くなるのなら、行う意味は全くありません。手術で病気が治ると思っているのは完全なる妄想です。手術後にすぐ死ねば失敗、手術後に3カ月して衰弱で死んだら成功。手術の成功や失敗に何の意味もないのです。

手術をして取り除けるものが目に見えるがんという結果だけ。その原因を無視した対症療法で治ることは絶対にありません。

患者を犠牲にしてばかりいる医師に限ってストレスや心がけが悪いなど、と漠然とした原因のせいにするわけですが何の根拠もありません。

金はかけないがコツ

お金を持っているほど有名な医者にかかりたがるもの。がん治療で出世した医師は抗がん剤や無駄な治療で保険点数を稼ぎまくったおかげ。

そんな医師に相談してもあっという間に衰弱して死亡。急になくなるのは治療のせいなのに、病死扱いされる始末。医師にお金を積んでも健康は手に入りません。三大治療は絶対に受けないと公言する医師もいます。

それよりも金をかけずに大切な膵臓を切らないように健康を手に入れられる手段を考えましょう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!