新種のガンや悪性新生物が流行して治療で即死する理由

新種のガンや悪性新生物が流行して治療で即死する理由

新種のガンや悪性新生物が流行して治療で即死する理由

新種のガンや悪性新生物が流行。
肺癌、乳癌、白血病。不定愁訴は70近い人間は確実にあって、ガンは発覚してからのスピードが非常に早く、あっという間に家族が死んだ。

残念ながら今の日本の現実はこれです。しかし病院内で行われてる治療よく見ると、明らかにおかしなことが行われています。

原子力発電所だけではなく、病院内であることをしている医師にまで疑いをむけるべきです。

いまだに信じてる国民

明らかにがんで亡くなる一般人や有名人は増えていますが、がんが原因で亡くなったのでしょうか。

確かに原子力発電所が爆発して放射能だらけにはなりますが、人間が即死するわけではありません。なぜか病院に行って発覚してから急に亡くなります。発覚するまでは元気で暮らせていたのに……。

急に患者の具合が悪くなるのは病院での治療が不適切なものだから。がんが何年も前からあったのに、がんが発覚したらあっという間に亡くなった。これを病死とはいいません。原因は治療行為です。

進行が早いのは抗がん剤のせい

がん専門医はがんが見つかるとよろこんで抗がん剤を打ちますが、効き目がないどころか他の臓器にまで転移して亡くなるというのが一般的。

いくらやっても治らないからもうだめだ、などと専門家が騒ぎますが実は芝居。バレなきゃ何をやってもいい、と患者をナメ腐っています。

クズです

抗がん剤の中には発がん性物質が含まれているので、全身ががんだらけになるのは当たり前です。血液が全身をめぐっていますから毒物も全身を巡ります。

やってもやっても治らないのではなく、がんの直接原因を注入しているからがんが増えるのです。抗がん剤の副作用はがんです。抗がん剤は発がん剤です。

赤血球分化説

医師は赤血球が何だかわかっていません。

ただ単に血液の中にある赤い粒々で、酸素を運ぶだけの機能しかないと思い込んでいるのです。教えられたものだけが正しい、と思い込んでいるうちはいつまでたっても成長しません。

赤血球は別の様々な細胞へ分化転換する機能を持つという主張のこと。赤血球はさまざまな細胞に変わり、その細胞が逆に赤血球に逆戻りする機能を持つ。

赤血球は赤血球のままで他の細胞に変わらず、赤血球分化説は現代医学の根本を否定する説である。

医師と薬屋にとって赤血球分化説は商売の敵でしかないので無視し続けてきました。研究者が無視しても存在するのが現実というものです。現代医学が何も治せなかった理由でもあります。

赤血球分化説がわかれば、抗ガン剤を使ってがんだらけになるメカニズムもわかります。何の治療もしない方がマシというのも腑に落ちます。血液さえきれいにすればいいことになります。だから専門家が嫌うのです。

ブドウ糖は細胞のエサ

がん細胞のえさになるのはブドウ糖と主張する方がいますが、がん細胞のえさになるだけではなく細胞のえさになっているのです。

そのため、がん細胞が大きくなるということは正常細胞も大きくなるということ。ブドウ糖は生命活動に必要で、取らなければ生命活動や毎日の生活も行えません。

表面的なことばかりしかみていない者が、ブドウ糖を取らなければがんができなくなる、と極端な主張をしたものと考えられます。

抗がん剤は正常細胞にも作用するので正常細胞もだめになります。ブドウ糖を摂取しないとがん細胞を大きくなりませんが、正常細胞も大きくなりません。つまり細胞分裂できず衰弱するということです。

塩抜きの次は糖も抜け、と医師は言うわけです。免疫力が低下し回復が遅れたり、病気になりやすくなるのも当然です。

赤血球に発がん性物質でがん化

抗がん剤でがんだらけになることは、ウィキペディアでも記載されています。

赤血球から細胞ができ上がるので血液中の赤血球に抗がん剤の中にある発がん性物質が結びついてがん細胞ができるというわけです。

予防のために抗がん剤うってたんだらけになったり退院した後に都合よく再発するのも。体内に入った発がん性物質が赤血球と結びついて細胞として成長したからにほかなりません。

いくらやってもがんだらけになるのは、赤血球分化説から見ると極めて妥当かつ単純なものです。

血液を汚したのががん

結局、血液を毒物で応戦するからがんができるというのは真実です。

そして食事療法は血液をきれいにするものであり、血液をきれいにするというのは、血液をpH7.4程度の弱アルカリ性に保つことに他ならないのです。

抗がん剤でがんだらけで点数稼いで出世

何回やってもがんだらけになってしまうだけなのに。がん専門医は意地になって抗ガン剤を打ち続けます。この毒薬で財をなしたのだから引くに引けないのでしょう。

自分の担当でもない患者に内緒で抗がん剤を打って暗殺したり、その事がばれると警察に通報されかねないので、嘘の説明をして勝手に安楽死させる医師まで現れる始末。

患者の健康を奪って出世しても意味がないと言うことわからないのでしょうか。いくらやっても患者のがんが治らない、というがん専門医の芝居を信じ込み、家族ががんで死んだのを正当化するのはよくありません。早く治療しなかったから死んでしまった、という誤解が最も危険な結論です。

その誤解から、自分も早く治療しなければならないと思い込み、がん治療の餌食にされるからです。早さの問題ではありません。治療が適切かどうかです。

血液中に発がん性物質を入れたり、放射線を浴びせればがんはできます。急に家族が死ぬのは、医師の不適切な治療が原因、という現実を受け入れましょう。

偉い人の言うことだけ聞いてれば死ぬ

偉い人の言うことを聞いてれば何とかなる、と自分の意志を持たない人はがん専門医に乗せられ、血液を汚されがんだらけにされ死亡します。

がん専門医は毒物注入である抗がん剤治療など絶対に受けません。医師の受けない治療は患者も受けるべきではありません。

医師の説明というのは医師に都合のいいものでしかなく、現実を見ているわけではありません。西日本に避難しても、医師から避難しなければすぐにやられますよ。

新種のガンや悪性新生物が流行して治療で即死する理由
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!