互輪は日本のお葬式、がん治療死でありがとう

「日本のお葬式」との呼称が定着した東京オリンピック。

葬儀用の花輪をイメージした白黒のロゴマークは不吉の象徴です。

これに関わった者は不幸になります。ロクでもないイベントに関われば、ロクでもない人生が約束されます。いまさら「私関係ないし、聖火ランナー辞退して逃げよう」ったってもう遅いです。

絶対に消えないはずのトーチの火が消えちゃってびっくり

絶対に消えないはずのトーチの火が消えるわ
絶対に開催されるはずの5輪は開催されないわ

絶対に〜はず、なんて主観はあてになりません。

ランナーの女性は終了後、「トーチ(の火が)消えちゃってびっくりしました。心臓が止まるかと思いました。すぐについてよかった」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。https://mainichi.jp/articles/20210326/k00/00m/050/106000c

関わった奴は消えるとのすばらしい暗示が出ています。心臓も止まるでしょう。

「〇〇」と称され、〇〇金メダリストだった〇〇さんの訃報は日本列島に大きなショックを与えた。53歳での早すぎる死。高々と担ぎ上げる芸術的な一本背負いで日本柔道の歴史を紡ぎ、体調を崩した後も、病気を隠して指導者として仕事を続けるなど、最後まで柔道に尽くした人生だった。

(中略)

体に異変を感じたのは昨年のことだったという。複数の関係者によると昨年3月、がんのため腎臓を片方摘出した。それでも普段通りに振る舞い、以前と変わらない量の仕事をこなしていた。
http://www.zakzak.co.jp/spo/news/210325/spn2103250006-n1.html

がんの原因は腎臓とでも思っているのでしょうか。原因と関係ないものを取るから具合が悪くなります。治療の成功不成功を論じる以前に論理的に狂っています。

殺人しても「病死」で逃げられるという甘えが医師の根底にあります。なんでも美談にする風潮はよくありません。

5月10日の聖火リレーで出身地・みやき町を走る予定だったが、かなわなかった。https://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/20210324-OYT1T50256/

5輪の呪いです。首塚でも破壊したのでしょうか?

五輪に関わるとこうなる

飛んだり跳ねたり、かけっこしたり、ボール投げたり、どうでもいい運動会開催にいつまで熱を上げてるのでしょうか。見てる側には何の利益もありません。時間の無駄です。2〜3回みれば飽きるでしょう。

地方のマラソン大会で心臓が止まるランナーがよく出ますが、たまたま居合わせた救急隊員に救命されて感謝状。

はじめから心臓が止まるランナー出るとわかってて、救急隊員をランナーとして仕込み助け美談にすりかえていませんか。

心臓が止まりそうな虚弱な奴より、助ける余裕のある奴が後ろを走っていること自体が不自然です。また、自分のレースを放棄して他人を助ける自己犠牲精神は、困ってる人を見て見ぬフリを決め込む現代日本人気質に反します。ランナーの救命が仕事として命令されてたと考えるのが妥当です。

見るのは無駄だしやるのは不健康、さすが3S政策の一貫でおなじみのスポーツです。そしてトンキン五輪は3S政策の極地です。トーチの火とともに関係者の命の灯を消えるのも納得です。

3S政策とは、Screen(スクリーン=映画鑑賞)、Sport(スポーツ=プロスポーツ観戦)、Sex(セックス=性欲)を用いて大衆の関心を政治に向けさせないようにする愚民政策のこと。

いい加減にスポーツは体に悪いことを理解するべきです。放射線量が昔と違い環境が異なります。アホみたいに飛んだり跳ねたり、ネズミみたいに駆け回ってると早死します。

走りすぎて餓鬼みたいになってるアスリートも見かけますが「こいつもう死ぬだろ」と常識的に感じ取りたいところです。

強靭な肉体を持った格闘家が53歳で死亡。人生100年時代が聞いて呆れます。50歳くらいで死亡した医学部教授の死因が、誰もが不信感を覚える「病気」と超ボンヤリ葬られのが記憶に新しいです。

人生100年時代にしたいならこうしろ

日野原重明という長寿を売りにした医師芸人がいました。大病院を経営していたこの爺さんは「具合が悪くなるから私は病院にかからない」などと豪語、105歳まで生きました。ここまで狡猾に立ち回らないと人生100年時代など無理な話です。放射能国日本では50歳が関の山になってきました。また、「老人はいい人」との思い込みは禁物なのがよくわかる人物です。
医師に関わると速攻で殺してもらえます。薬物で3ヶ月で殺せるデータがあるから余命3ヶ月と言っているだけです。医師が四柱推命などの占術の訓練を受けているわけがなく、いつ死ぬかなど判断できるわけがありません。いい加減詐欺に気が付きましょう。

金メダルなんて取るもんじゃない

金メダルなんてとってチヤホヤされていると後でどうなるか分かりません。てっぺんに登った者は地に叩き落とされるのがこの世の理。地に叩き落とされてからにすべきです。

政府と大企業にゴミのように使われて、医者にクズのように捨てられるわけですから。

体育会系は偉そうな人間に従いやすいから殺される

体育会系という人は、偉い人の言うことにホイホイ従ってしまう傾向があります。反面、下と判断したものに対して高圧的に出ます。悪さをしたわけでもないのに、年齢を理由にボコボコにされた人も少なくないでしょう。

健康問題においては医師という偉そうな人に従ってしまい、最後には簡単に殺されます。いくら柔道が強かろうが、金メダルをとろうが、精神力が弱く自分の立ち位置がしっかりしていないから悪徳医師にコロッとやられるのです。

命令に従って得た力と自力で得た力はまったく違なること、スポーツで精神力は鍛えられないことを証明したようなものです。精神力を鍛えるのにスポーツを手段とするのはベクトルが大きく異なり非効率です。

犯罪者に殺されると「絶対に許せない」と正義感ぶるマスコミは、医師に殺されると「ありがとう」と寝言をほざき始めるのがいつもの癖です。加害者を隠蔽しているだけなのですが。

サイコパス&シリアルに要注意

医師が偉いのではなく、病気を治している医師が偉いという常識が分かっていないのです。医師ならゴミでもクズでも何でもいいという態度では、簡単に殺されます。

医師の出身大学や学生時代の偏差値は治療の成功と一切関係がありません。むしろ、あまり偏差値が高いとサイコパスや異常者の割合が増えるので危険です。

医学部は面接官が面接でサイコパスをふるいおとすから大丈夫、との油断は禁物。面接官がサイコパスなのですから同種サイコパスに共感を抱き優遇したがる、と考えるのが自然です。面接官がサイコパスでない、とは決めつけられません。仮にサイコパスをふるい落としてたらこんなにシリアルキラーが増えるわけがありません。

おかしな奴、変態が多い時点でこの業界の劣化を察しましょう。

腎臓の意味が理解できない医師に頼んでも

腎臓は体内のゴミを取るただの器官ではありません。重曹を分泌し血液の酸性化を抑え、血液を弱アルカリ性に戻す機能があります。そのため腎臓を摘出してしまうと血液の酸性化が進み悪化します。

また、透析は血液を腎臓に通さないようにするので、血液の酸性化を抑えられなくなり、具合がさらに悪くなるので注意が必要です。血液のpHを無視して治る道理はありません。

血液のpHは病気の根本原因です。これを知られると患者が治ってしまうので絶対に教えないようにしているわけです。

また、医師のインチキ治療の根管は血液を酸性化させることにあります。血液が酸性化すれば血液が固まりやすくなり、それが色々な病気に発展していくわけです。投薬・消毒・鎮痛剤・臓器摘出・人工酸素吸入は血液の酸性化を促進します。だから治療を始めるとみるみる悪くなっていくのです。

がんの原因は抗がん剤などの発がん性物質・放射線です。いまだにストレスが原因とのオカルトを信じ吹聴する専門家は多いですが、がんは人為的に発生させることが可能です。スポーツ選手の発がんが多いですが、原発の爆発と関係がないわけがありません。

政府と専門家は「ストレスのせい」といって聞きませんがwikiすら調べないのがよくわかります。「ネットは嘘だから」といってる自分は製薬会社のパンフレットをバイブルにしている始末。遊び時間に勉強したくない怠け者が言うセリフです。

血液の酸性化を止めるのは食事療法のみ

血液の酸性化を止めるためにはまずは食事療法です。血液を弱アルカリ性に戻していくことです。アルカリ性食品を食事に取り入れ、 好転反応に気をつけながら地道にやっていきます。時間は当然かかります。

残念ながら医師はこのことを一切知りません。手術や薬で治るというのは漫画です。だから誰も治っていません。

がんが回復する時には出血したり、腫瘍マーカーが急激に上がるという現実を知りません。腫瘍マーカーが下がるのは、神経毒などで発がん性物質の排出力が下がることになるので悪化していると判断できます。

腫瘍マーカーが上がってから下がるのと、下がる一方は全く異なります。専門家のものさしは逆です。手作業での切除は無駄です。

がんは原因ではなく結果です。結果をいじくり回しても回復しません。原因が残り続けるかぎり同じ結果は起こり続けます。最後には医師が殺して病死と偽っているだけなのです。

患者のがんが取れても、快楽を伴う接待や出世に目がくらみ抗がん剤を使いたくなり、患者をあっという間に死なせ「これは病死である」と嘘をついて逃げる無能な医師もいます。

「〇千人看取った」はPTSDを回避するための記憶のすり替えですが、自分の悪事見てみないふりをやっていると犠牲者は増え続け、遺伝子レベルにまで昇華し子供も同じ罪を重ねるようになります。後天的サイコパス化はここに原因があります。

医師に見せると殺されるから注意

人にも患者を治したことのない医師に相談すると、治り始めているにも関わらず妨害をされることがあります。

医師が自分で殺しておいて、死亡診断書には「がん死」と嘘を書いて逃げているわけです。

担当していない患者まで内緒で抗がん剤を注入し患者を殺害して回る医師もいます。患者に薬を注入したことは伏せて「がんが進行した」と平然と嘘を吐いたり、他の医師に責任を押し付けたりと、サイコパスだけあって悪知恵だけは異常に働きます。

「がん放置が悪いんだ」と叫んだらすぐに毒殺したのがバレた滑稽な医師、「なかなか死なないから」と腹を立て薬物で患者を殺す医師もいます。「なかなか死なない」理由を考える頭がないのです。

こんな医師のいる病棟では患者がどんどん急変します。ベテラン医師や取り巻きの悪党医師の犯罪などとは夢にも思いません。犯罪者がいない快適な生育環境で他人を疑うことなく育った生真面目な医療関係者は疑うことを知りません。

隣で上司が毒盛ってることにすら気が付かず「がんに侵されて患者がどんどん死んでいく」と勝手に心を痛め涙を流す医療関係者もいますが、ボンクラにも程があります。

たくさんいるサイコパスには気をつけて

患者を食い物にする悪徳医師は、学生時代に他人のカバンから財布を抜き取り金を抜き、抜いた財布を他人のカバンにいれて罪をなすりつけていたなどしていた疑いもあります。

進学校にありがちな知能犯系犯罪ですが、学生でなくても病院内での窃盗はあります。医師は犯人でないとは限りません。外部からの侵入者だけが疑われることを知っててやる医師もいます。大人になろうが本質は変わりません。

話がそれましたが「医師だから善人」は完全に思い込みです。気をつけましょう。受験に受かろうが国家試験に受かろうが、NPO法人の代表になろうが、手癖の悪さは治りません。

有名大を出ている
ベテランだから
名医だから
髪の毛が白くて仙人みたいだから
話がおもしろいから

こんな決め付けには注意です。妙に魅力的にみえるのがサイコパスの特徴です。名医は金を出版社に積めばなれます。ひげを異常にのばすのは偉そうに見せ自信のなさを隠すためです。やましいことをしておらず、自信があれば顔を隠す必要がありません。

サイコパスには白髪が多いと指摘する者もいますが、かなり正確な見方です。医師にハゲ派より白髪派が多いのもサイコパスの割合が高いことが伺えます。

抗がん剤は発がん性物質なので、がんだらけになるのは当然のことです。発がん性の毒物で治療になるわけがありません。だいたい、がんが治る薬など存在しません。「治る治る」と騙すわけです。本当に消滅させるべきはがん細胞ではなく、患者を騙し毒物で殺しまくる医師の仮面を被ったシリアルキラーのほうです。

血液中の赤血球と発がん性物質が結合してがん細胞になるということです。そして回復は、血液が弱アルカリ性になることにより逆分化作用を起こし出血して取れていく、ということです。

血液中に放出された発がん性物質が、 血液中に放出され赤血球と結合し発がんするので腫瘍マーカーは一時的に上がります。数値が上がったから悪いというものではないのです。

むしろ、悪くなったようにみえる好転反応を経験しなければ絶対に病は治せません。治す方法を調べようとせず、一人も治らなかった方法をアホみたいに繰り返し、今日も患者を騙し殺し続けているのです。

責任を取らずに逃げる医師に命を任せない 最後は自分の力

医者なんかに命を任せても彼らは責任を取りません。自分の生活と病院内での立場を守ることが全てです。

はっきりいってクズです。

クズに騙し殺されされないためには、目の前にいる医師がゴミかつ低俗な犯罪者であることを理解すべきです。

彼らは、どうやったら責任を逃れられるか、どう言い訳して被害者の請求を退けようか、そんな事ばかり考えています。悪事を繰り返し詭弁を繰り返して逃げるだけ。素直に謝罪した医師をみたことがありません。

「どんな方法でもいいから治したい」とあらゆる手段を調べ行動し患者の話をよく聞いていれば、たとえうまくいかなくても訴えるなどの行動に被害者は出ません。

キレたり、騙したり、芝居したり、脅したり、事実を隠蔽したり、弁護士をつれてきたり、自殺に見せかけたり、逃げたりする必要などないはず。やるべきことをやらず患者を舐め腐るから恨まれ、復讐の恐怖に怯え防御に頭を悩ませるハメに陥るのです。

アホです。

タレントや作家ヅラした活動している医師など信用に値しません。治せないから治療行為そっちのけで遊んで小遣いを稼いでいるだけのカスです。医療批判しながら信者に変なグッズを売りつけて客を小馬鹿にする者もいますが悪徳占い師と同じです。

そんな彼らに大切な命を任せるからいつまでたっても健康が手に入らないのです。最後には自分の力を信用するしかありません。医師の許可なんか取らなくても、人間に備わった自然治癒力を働かせればいいのです。そして、その自然治癒力を妨害しているのが医師という存在です。

医者か誰かが助けてくれると思っているなら、いつまでたっても治ることはできません。

原発の放射能、発がん性物質の大量放出は何も変わりなし

難病やがんの多発は、原発の放射能それか宇宙空間から入ってくる放射線も原因ですが、コロナ騒動でごまかされていますが改善などしておらずすべて隠蔽です。ヤバいニュースは絶対報じないマスゴミの性格を考えればおのずとわかるでしょう。

原発周辺のみが危険というのも妄想です。都心部でもちゃんと影響は出ています。

「フクシマかわいそう」と棚に上げていますが、自然のない東京周辺は空気が酸化しやすく、もろに放射能のダメージを受け、かわいそうがってられない状態のはず。

山手線の窓ガラスが普通に割れるわけないでしょ……

東京に住んでいる有名人の体調不良・訃報の多さは、放射能と何の関係もない偶然だと思いますか?

フクシマから距離があるから平気とタカをくくっていたら体調不良になり、悪徳医師に相談したら速攻で殺された、これが訃報への方程式です。この一連の過程を「闘病」の一言で美化するマスコミは「治療したのにだめだった」と報道しますが、治療した「から」だめだったのが現実です。

放射能は異常行動に走らせます。政治家や医師も放射能の影響から逃れられません。その対策を論じた専門家はいましたか?上級国民は見てみぬふりです。

髪の毛真っ白になってるのにどうでもいい知識でお茶を濁す
未来の子どもたちのために西日本にトンズラ
気の利いたやつは放射能の恐怖を煽って自分が体調不良になる

「あなたの家のゴキブリを駆除してあげますよ」と言って家を全焼させたうえゴキブリを大量発生させる、これが医師の行うがん治療です。医師の言うことをボケ〜っと真に受けてると金メダルとっても人生100年時代の半分くらいで殺してもらえます。

数々の医療犯罪を目撃・分析してきた当サイトの結論は以下の通りです。

医療に関係する業務を行う者の全てを信用してはならない

ま、気をつけてねってことです。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!