がんの原因は毒物という当然の結論

がんの原因は毒です。発がん性の毒物が体内に入ると、赤血球と発がん性物質が結びついてがん細胞に成長するというわけです。この簡単な理屈が理解できない専門家が山ほどいます。治すどころかがんだらけにして殺すとう愚行を反省しないで繰り返します。

発がん性物質をわざと巻き散らかす社会

企業で製造するパンに発がん性物質を混入させている
処方薬の中にも発がん性物質を混入させている
入浴剤の中にも発がん性物質を混入させている企業がある

明らかに「わざと」やってます。

そして原子力発電所の事故を起こし、 爆発を起こしましたので、がんの原因となる放射線を浴びることになります。

発がん性物質や放射性物質と有毒物が体内に入り、 がんを発症する患者が増えていることになるのです。

ストレスのせい、笑うと治るはオカルトです。気持ち悪いと感じないのでしょうか。

がんは人為的に作れるのです。

毒物を3大療法で取り除くのは無理。

医者に相談すると最悪なことになります。

抗がん剤という毒を無理やり打たれて具合が悪くなり「これはがんが進行したんですよ」と嘘をつき、保険点数だけを稼ぎ出そうとする医師。

「がんを治す薬なんかあるわけねーだろ」
「自分が患者ならこんな治療受けるわけねーだろ」

患者を小バカにします。

このような人間のクズに見せたところでいくら頑張っても殺されるのがオチです。

放射能は避けられない

これだけ世の中に毒物が蔓延して放射能まで巻き散らかされた状態になると、体内に毒物が入ってしまうのは避けられないでしょう。

しかし人間の体は毒物を排出できる機能が備わっています。血液を弱アルカリ性に保ちクエン酸サイクルを適切に働かせることにより毒素の排出は可能です。

がんになったとしても、赤血球の逆分化作用によって出血し取れてしまいます。がんの治療とは毒を出す解毒しかないのですが、現代医学は逆に毒を注入します。

三大療法で殺しまくり

がんの三大療法については全く効果はありません、がんだらけになり無効かつ有害です。エビデンスはすべて捏造です。全く治療にならない治療法をわざと進めているのには人口を減らしたいという狙いで、悪徳医師の言う通りにしていると簡単に殺されます。

がん治療を受ければ年齢に関係なく、速攻で殺してもらえる可能性が高いです。

ニュースを見てください。明らかに年齢の若い人が癌で死んだとされていますが、若者でも死ぬくらい体にダメージを医師が与えているのです。早く死ぬのは当たり前です。危険なことばかりをしているのですから。

手術で切除しても無駄です。具合が悪くなり、体内の発がん性物質を取りきれず、がんを防いでくれる腎臓や膵臓にダメージを与えがんは増えるし衰弱します。

発がん性物質薬品である抗がん剤を注入すればがんだらけになります。

放射線やラジオ波などの電磁波的な治療法もありますが、体にダメージを与えるだけ。これで死ぬのは輸血を輸血や処置を怠ったせいではありません。治療行為の殺傷能力が高いからです。

というわけで、健康は自分で守らなければならないということがおわかりいただけたでしょう。相談してもどんどん殺されます。

とにかく人口を減らしたいわけですから。

一人も患者を治したこともない医師を信じるの?

医師という専門家を信じてはいけません、まずは調べて疑うことです。信じて騙されて気が付いていた時にはあの世技ということになっているわけですから。

でたらめながん専門医を信じることによって得られる利益など何もありません。これらの悪行を行っているがん専門医は地獄の業火に焼かれることは間違いありません。

一人も患者を治したこともないくせに、患者を小馬鹿にしているわけです。

癌が治る時には出血し一時的に腫瘍マーカーが上がります。体内に溜まったはてな性物質を排出しようとし、その発がん性物質は血液中に溶けて排出するために血液を採取すると腫瘍マーカーが急激に高くなっているわけです。

馬鹿ながん専門医になると「今だったら殺してもバレない」と、具合の良くなっている患者をみて、具合が悪くなっていると誤解。

無理やり抗がん剤を欲に駆られて注入、その結果がんが取れてる患者までがんだらけにして殺害。

自分はいいことをやったと思い込んで、胸を張るわけですが、患者のがんが取れているということ素人に教えられて顔が青くなり沈黙。

がんの進行にみせかけるために抗がん剤を内密に注入してがんだらけにして殺し嘘の説明をして逃げる。他の医師が担当している患者にも毒物を注入するなど、自作自演の殺人を繰り返していたことまでバレて、顔を真っ赤にして逃げる医師。このようなデタラメが「まとも」とされる病院で平気で行われているのです。

患者を小馬鹿にしていた自分がバカでしたということだったのです。患者をバカにしている時点でもうダメです。しかも、専門家を名乗りながら傍腫瘍性神経症候群を知らないのですから勉強不足です。

科学という迷信をいつまで信じるの

科学という妄想を信じるのは恐ろしいです。特に医学については妄想や迷信がまかり通っています。医者に相談して治療を受ければ受けるほど具合が悪くなります。

「今だったら殺してもバレねえ」と毒殺

発がん性物質を注入してがんだらけにしてがんの恐怖を煽り、懸命に頑張っている自分を尊敬させるように仕向ける。これはカルト宗教です。

患者の健康を回復させる気がまったくない医師が次々と出てくるわけです。そして患者が得られるものは何もありません、健康と人生を失うだけです。 はっきり言って、今の科学は妄想や迷信レベル、オカルトの方がまだマシというレベルなのです。

最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!