NO IMAGE

患者ががんで死んだと思っていますか

NO IMAGE

がんで死んだと思っていますか?
ストレスでがんになり急死すると思っているのですか?

がん専門医:「どうやってがん死にみせかけて殺そうかな?」

がん専門ペテン師のケース

隠れて患者に抗がん剤を注入する

具合が急に悪くなる

後から知らん顔して出てくる

急に癌が進行した
がんは急に悪化する病気で怖いと騒ぎ出す

患者に事実を語られるとまずいので薬物でとどめを指して殺害

逃げる

あまりにも不審なので追求されると

小馬鹿にする
いばる
嘘の説明をする
関係ないことばかり喋りだす
キレる

日本国内のあるがん専門医は、抗がん剤を使ってこのような自作自演の殺人を繰り返していました。「自作自演の連続殺人」なんて金田一少年の事件簿でしかお目にかかれないワードです。自作自演の殺人を隠蔽するために勝手に安楽死をするなど、完全に違法かつ犯罪です。医師が原因作ってバレるのがいやだから殺害は安楽死が認められる要件を満たしていません。

暴れるがん専門医

被害者は一人や二人ではありません。数え切れない数です。彼のいる病棟では患者がバンバン死んでいくわけです。彼は担当していない患者にまで内緒で抗がん剤を注入し、他の医師に責任をなすりつけていたのです。

がんが急に進行して死んでいく、と思い込まされていた医師もいます。上司のいたずらに気が付かず、医師ですら病死なのか薬物死なのか見抜けず、患者に講釈するありさまででした。患者がいきなり苦しんでどんどん死んでいく、という噂は流れていました。

「がんが突然暴れだした」などと馬鹿なことをいってるがん専門医が発がん性の毒盛って暴れているだけでした。

感覚の麻痺と失せる良心

感覚の麻痺とは恐ろしいものです。抗がん剤で殺して「がんが急に進行した」「抗がん剤がきかない」と言ってれば怒られない、感謝すらされる始末。

少しの良心も何人か殺すうちにすぐに失せ、快楽を伴う接待にたっぷりハマり、頼まれなかろうが拒否されようが担当してない患者にもこっそり無理やり毒を注入、出世が早く誰にも怒られなくなり警察は見てみぬふり、気がついたら一人で何千もの死体の山を築きました。

感覚の麻痺からエスカレートし大金横領は、金融機関でもたまにある犯罪ですが病院でもあるのです。奪われたのは金でなく生命ですが。犯人はだいたい硬そうな奴と相場は決まっています。硬いガラスは一点を付くと崩壊します。「真面目そう」はあてになりません。「真面目そう」と「真面目」は違います。

こんな殺人鬼が真面目な顔して「看取った」だの「怖い病気だから早期発見を」などとホラを吹いて回っています。

この殺人鬼は自分の行いは隠しがん死を主張、周囲の看護婦や同僚医師はそこにいる上司が隠れて毒を注入していたのにも気が付かず、のうのうと無益な仕事に励んでいたのです。現実が見えないのもここまでくると立派な病気です。

そして一般人は医師の嘘の説明を信じ、真の死因を知らされることなく諦めていくのです。嘘の説明をした医師の殺人であることなど疑いもせずに……

こんなペテン師が「がん放置はよくない」などと騒いでいるのです。

抗がん剤を注入すればがんだらけにできる、と知っています。死因はがん、に設定できます。原因不明、ストレスが原因は大嘘です。がんの原因は発がん性物質です。

薬物を使った単なる殺人ですが病院の先生ならいくら人を殺してもOK。警察に捕まらなければ犯罪じゃないんだ、と毒物殺人を今日もせっせと繰り返しています。バレなきゃ何をやってもいいと豪語しながら……

抗がん剤を患者に売りつけ、利益をあげたことになりどんどん出世していくクソシステム。それがインチキ医療です。

「毒盛って患者殺すと出世が早いわwwwww」
「毒を薬って言ってりゃバレないしwwww」
「毒でがん作れんのに患者バカだから気が付かねえwwwwww」

嘘の原因を広める

内心で患者を小馬鹿にするペテン師は、抗がん剤でがんだらけにして患者を殺しているにも関わらず「原因はストレス」というインチキを自分自信に刷り込み、周囲にデマをばらまきます。抗がん剤を使って殺しているだけの輩が「がんはこんなに怖い病気なんだ」とお見舞いに来た一般人まで騙すようなマネをします。

騙された一般人は「早く検査をしなければならない」と誤解してうまいことハメられていくのです。

そして数年経って殺されます。これは科学ではなくカルトです。

急に知り合いが死んだといったら疑うべきです。
医師が「病気で死んだ」と言ったら一般人は「病気で死んだんだ」と思考停止します。
だから医師は一般人をナメて騙すのです。

急性リンパ腫?
がんになるもの入れたんだろ、と考えるのが通常の思考です。抗がん剤でリンパ腫にしたのをリンパ腫と闘病と事実を隠蔽。抗がん剤は一番の発がん性物質です。こんなもんで治るわけがありません。

即死させるとさすがに疑われるので発がん剤の少量投与を覚えましたが、発がん剤で再発するのは当然なので寛解と造語し騙し、再発した患者は絶望します。発がん剤で発がんするのは当たり前なのに。「火を消してやる」と放火しているのです。
IARC発がん性リスク一覧 wiki

がんにかかった患者はなぜそこら辺で死なず、病院内でばかり死ぬのでしょうか?
なぜ検査をするまでがんにかかったことに気が付かないのでしょうか?
なぜ検査をしてから急激に具合が悪くなるのでしょうか?

健康に悪い治療ばかりをされて体にダメージがかかっているから、病院内で殺されるからです。安楽死を合法化したら医師は患者をガンガン殺害するでしょう。いま元気な奴が安楽死を合法化しろなどと叫んでいますが、人体実験・金儲け・悪事の隠蔽には安楽死ほど好都合なものはありません。入院イコール死を覚悟するべきです。安楽死の合法化など病院で行われる悪行の実態を知らない者が言う戯言です。

発がん性物質・神経毒を注入する
不必要な手術でがんを防いでくれる膵臓や腎臓まで切り捨てがんだらけにして即死させる
放射線でがんだらけにする

こんな非道な行為ばかりが行われています。この事実はなかなか知られることはありません。冷静になってください。風邪が治せない医師にがんが治せるわけがない、というのは紛れもない事実です。

「自分は大丈夫」とぼけっとしているとインチキ検診でがんにされて殺されます。例えば以下のような方法で。

胃の検診

胃の検査は、バリウムという物質を飲ませた上に放射線を当ててがんを発見するといった無意味な検査です。放射線をあてるとがんができます。がんになるのは当たり前です。そりゃ二人に一人はがんにもなりますわ。

そしてバリウムという物質も大変危険です。

上の周期表を見てください。発がん性でおなじみのセシウム・ストロンチウム・ラジウムなど猛毒の放射性物質に囲まれています。これだけの危険物に囲まれて安全なわけがありません。

安全だから安全だから

上記の周期表ではバリウムはラジウムの上に位置するので性質は似通っています。マリ・キュリーと夫ピエールがラジウム元素を発見したことでノーベル賞を2度受賞しますがマリ・キュリーは放射線被曝で死亡します。

ラジウムの光は健康や生命力とみなされ、薬品や化粧品に混入されます。女性工場労働者は、筆の先を細くするために「安全だ」と教えられラジウムを舐めるように指示され、ラジウムを体に取り込むようになり放射性物質により死んでいきました。

放射線当てて光る物質って放射でしょ……

ノーベル詐欺は現在も生き続けていますが信用してはいけません。放射性物質は安全安全は危険は風評、いまでもこんな調子です。

そんなわけで「安全だから」と医師に騙され検診を受けているうちにがんにされるわけです。というよりも、検診を口実にしてがんを作っているだけでした。がん患者を増やせるので絶対にやめません。危険な検査だと知られれば別の危険な検査を持ち出してくるのは目に見えています。

すぐストレスって騒ぐジジイども

胃の検査は一例ですが、発がん性のある検査や薬を飲ませて、がん患者を故意に増やしていることぐらいは知ってください。「がんの原因はストレス」「原因不明」「細胞分裂で増殖」はわざとがん患者を作っていることを隠すために騒いでいるだけです。

どんな病気でも「ストレスのせい」と言い出す医師は信用しないで下さい。「ストレスのせい」なら医師は要りません。ストレスを解消するのは医師の仕事ではありません、医師にかかることが大きなストレスになります。だまして金儲けてるほうは楽しいんでしょうが。

予防する気も治す気もさらさらなく、末端の医師にはがんの原因はストレスというデマを吹き込んで叫ばせればいいだけです。当然、医師はこんな危険な検査を受けません。がんになるのは嫌ですから。そんなわけで、がん患者がどんどん増えていき抗がん剤などで殺される患者が続々出てくるのです。

マスコミの有名人がん闘病美談など嘘、加工されたニュースです。芸能人は腐るほど金を持っているので、金をかければ治ると誤解しているようですが、金をかければかけるほど危険な治療が待っています。健康を金で買おうとしてはいけません。金より手間をかけましょう。

真面目そうな信頼できる先生?

あんなに真面目そうな信頼できる先生がそんな悪いことをするわけがないじゃないか

背中に「悪党」と書いている医師などいません。

検査大好き医療フリークは当サイトに批判的になるかもしれません。

信用しろとは言いません。

何を信用するかはその人の自由です。

あなたの信じるまともそうな医師に速攻でゴミのように殺されるわけです。食事療法を頑張ってがんが取れていた患者まで見境なく殺し小馬鹿にして威張り腐ります。それでも納得できますか?

意味もわからず毒を入れられ、殺された多くの患者も成仏できないことでしょう。「このペテン師が患者を殺しまくっている、気をつけて」と教えたくても誰にも伝わらず地縛霊にもなりたくなる気持ちもわかります。

がん専門ペテン師に騙されず健康になりたいなら、

悪党には「悪党である」クズには「クズである」とはっきり確定するのが第一歩。
「その治療行為で治るの?」「自分ならやらねー?なら勧めるな」疑いをかける癖をつけましょう。

医師や上級だろうが疑う対象に例外はありません。医師や上級に信用ならないゴミやクズばかりなのですから。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!