Sponsored link

抗がん剤でリンパ腫にして大儲けインチキがん治療とクズ医師

Sponsored link

有名人が芸能人や有名人がんリンパ腫になって急に死亡したというニュースがちょくちょく出てきますよね。出てくるニュースはすべてが誘導と考えてください。

悪性リンパ腫なんて簡単に作れる

悪性リンパ腫は、血液細胞に由来するがんで、白血球の1種であるリンパ球ががん化した病気とされています。

原因が不明と医師は必死こいてシラを切っていますが、抗がん剤を注入すればリンパ腫なんて簡単に作ることができるのです。

そのメカニズムは簡単です。血液に含まれる赤血球に、抗がん剤の発がん性物質が付着結合し、その赤血球ががん細胞に成長するというわけです。

これで血液の中に腫瘍が増えることになりリンパ腫が作れるのです。リンパ腫の原因は毒物です。「急に進行」といって騙しますが、毒物を注入すれば急に進行します。「急に進行」という医師やマスコミは疑うことです。病院内で治療後に都合よく「急に」進行してみんな殺されていくのです。

また原発が爆発したので放射性物質が体を貫通し、体内の赤血球と結合しがん化しますから、リンパ腫の患者は増えます。そんな患者に医師はさらに毒を打ち「急に進行」と殺し嘘を広めます。

間違いばかりの医学

赤血球が発がん性物質と結合し相殺されるので赤血球が足りなくなり貧血を起こします。

他人の血液を輸血しても異物を注入してるだけだから無駄。造血器官は骨髄ではないので骨髄移植しても無駄です。現代医学にはいろんな間違いがあります。対策は、

野菜を多く取り血液を弱アルカリ性にする
鉄分を取る
薬品を飲まない、入れないことです。

多くの人が放射性物質は拭けば取れる、電車の風で飛ぶ、福島周辺だけといまだに信じているのだから滑稽極まりありません。花粉と思っているのでしょうか。

いつまでも闘病が終わらない

初めから治すようなことはしていません。医師の方々は真面目な顔をして毒を注入しているわけです。

ベテランの医師になればなるほど無意味に殺してきたのでたちが悪いです。

あるがん専門医は、他の医師が担当する患者に内緒で抗がん剤を注入してガンだらけにして多数の患者を殺害「がんはいういう病気」と若手の医師に嘘を教えていたました。急に進行する、血液の病気とだましていました。血液に毒を注入していただけです。

抗がん剤でがんだらけにできると知っているのです。

毒物を使わないと出世できないけど、あからさまに殺すのは刑事事件にされてまずい、だからバレずに殺す方法ばかりを考えているのでした。

当サイトを闘病する患者を愚弄して不謹慎だと思いますか?
闘病する必要もないのに闘病させる医師のほうが不謹慎ではありませんか?
闘病は患者が異物や毒物が結合した自分の血液と戦うことです。戦って勝てると思いますか?
戦わせて勝たせたこともないのに無責任に戦わせて逃げているのは誰ですか?

原因不明からのがん死

原因不明という言葉にも気をつけたいところです

医師は病気の原因など何も知りません。不明なので自分の免疫が暴走したと言い始めるのが癖です。

そして免疫抑制剤を患者に飲ませることによってその副作用で血液の酸性化が進みます。しかもその薬の中には発がん性物質も入っています。

アシドーシス&発がん性物質でがんだらけになるということです。

ガンだらけになったのだから抗がん剤を注入しなければならない

と喜んで点数稼ぎに勤しみます。この過程をあの名作ゲーム「ぷよぷよ」をプレイするが如くゲーム感覚でやっている医師がいます。一人の患者でどれだけ点が稼げるかと。

原因不明と自分すらだまします。他人をだますにはまず自分から騙します。薬物の副作用は絶対に調べません。都合の悪いものからは逃避する、これが弱者です。

殺しすぎて感覚が麻痺してゲーム感覚

どのようにやればバレないように患者を殺しながら点数を稼げるのかというゲーム感覚でがん治療を行い、患者を何千と殺しすぎ感覚が麻痺した医師もいます。

がん専門医の中には主治医のいない隙を見計らって発がん性物質を注入、その行いは伏せてタイミングよく出てきて「急にがんが進行した」という芝居を打っている者もいます。

周囲の医療関係者は病気が進行したものだと信じ、真面目な先生が嘘をつくわけない、など根拠ない思い込みに囚われ、詐欺師のペテンを見抜くこともできず「怖い病気なんだ」と騙され続けているわけなのです。

そのがん専門医は内心で

ぶっ殺すのは楽しいな
殺したってバレない証拠なんてないし
今度の接待が楽しみだ

患者をバカにして楽しんでいます。

731部隊に入隊したのに気が付かず喜ぶ哀れな子羊

医師は立派なものだと洗脳が行き届いていますが、医学部の前身は731部隊です。

731部隊は生物兵器の研究や人体実験を戦時中に行ってきた部隊です。その731部隊の精神は未だにしっかりと医学部に根付いているのです。

ある大学病院では人体実験が行われてると言われています。そこに勤務する教授が体調不良で救急車に乗せられて

「〇〇大付属病院はやめてくれ!」

と叫んだそうです。〇〇大付属病院が人体実験施設だからです。

この現実を分からない愚かな受験生は、医学部に受かったと喜んで731部隊に入隊、最新の治療が学べると喜び人を殺す方法ばかりを学ばされるわけです。学校の先生の言うこと聞いてるとロクな人間になりません。ロクでなしどころか殺人鬼です。

731部隊に入って教えられることは

生きるのに不要な化学物質を注入、飲ませる
生きるのに必要な臓器を摘出する
体に悪い光線放射線を浴びせる

全く治療にならない方法を教え込まれたのにも気が付かず医師は、バンバン殺して患者死人が増え、仕事が増えて夢の中まで殺した患者に追い回されて逃げ回り自殺するハメに陥るのです。これが医師の過労死の実態です。悪事は働くものではありません。社会とせいだとほざくわけでますが、自分の行為が原因で引き起こされた結果であり因果応報です。

本当に病気を治したかったら

本当に病気を治したかったら食事療法です。食い物で治るかとバカにされますが、馬鹿にする者は調べていないのです。医食は同源です。

体内に毒を入れれば病気を作れます。それが副作用なのですが、やることはこの逆です。そして体内に溜まった毒をどうにかして出そうというのが食事療法の基本的な考え方です。遊び半分ゲーム感覚の人体実験で患者を殺して喜んでいる医師の方々に関わりあいにならず、自分の体で健康を手に入れたいものですね。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock