Sponsored link
NO IMAGE

真菌はがんの原因ではない

  • 2022-02-03
  • 2022-01-30
  • がん
  • 193view
NO IMAGE
Sponsored link

がんの原因が真菌であると主張する者がいますが、間違いです。原因ではなく結果です。原因でないものを消滅させても治りません。

真菌症

真菌症(英: mycosis)とは、外部の真菌あるいは常在する真菌類がヒトや脊椎動物の組織内に侵入し、異常に増殖して発症する疾患である[1]。代表的な真菌症として白癬菌による白癬(水虫、たむし、およびしらくも)やカンジダによるカンジダ症、クリプトコックスによるクリプトコックス症、アスペルギルスによるアスペルギルス症などが知られている。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E8%8F%8C%E7%97%87

感染症とされているものの原因が、体内から発生するという事実は現代医学・生物学者が大きな誤りを犯してることを意味します。

老人は血液が酸性化しているので、何かしらの菌が体内に発生しやすいです。

がんでなくても何かの菌が発生し、病気と診断されるわけです。医師のお薬で一時的に症状は収まりますが、結局、原因を取り除いたわけでないので、また苦しむハメになります。

血液が酸性化

細胞が破壊される

細菌が発生

がん患者は、血液が汚れて酸性化しているので細胞が破壊されて真菌が発生したものと思われます。

原因は酸性化であって細菌ではないことになります。細菌を薬品で駆除しても無駄です。

人体の土壌は血液

真菌の発生は血液が汚れて酸性になっているしるしです。真菌が悪いのではなく、真菌を生み出す土壌が悪いのです。この場合の土壌とは血液のことです。

血液をアルカリ性にすればがんは自動的に崩壊してきます。体内に毒をためこんでいる方は一時的にがんが増えますが、悪化ではありません。

がんになるような異物毒物を取り込んだのを排出しようとしているのですが、慌てふためいた医者に抗がん剤を打たれて、血液を毒で汚されて殺害される患者が後を絶ちません。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".