Sponsored link
NO IMAGE

すい臓がんの治療は難しい

  • 2022-02-21
  • 2022-02-13
  • がん
  • 143view
NO IMAGE
Sponsored link

なぜ、すい臓がんの治療は難しいと言われているのでしょうか。

近年増加傾向にあり、死亡者数が年間3万人を超えているすい臓がんは、がんのなかで最も発見や治療が難しいとされています。

すい臓は、胃の裏側の体の奥にあるため、超音波が届きにくく、内視鏡の挿入もできません。また、自覚症状として、腹痛や背中の痛み、黄疸、体重減少、食欲低下などがありますが、早期には自覚症状が現れないため、早期に発見されることが非常に少ないのです。そのため、すい臓がんの多くは診断されたときにかなり進行しています。

すい臓がんを早期発見するには、「危険因子を知る」「1cm以下で見つける」「間接所見(がんが疑われる病変)を見逃さない」「検査を適切に組み合わせる」という4つのポイントを抑えることが大切です。

https://www.nhk.or.jp/kenko/atc_150.html

早期発見や早期手術・抗がん剤を推奨しているわけではありません。

すい臓からはすい液という塩分や重曹を成分とした液体が分泌されています。すい臓を傷つけることによってこれらの成分が分泌されなにくくなります。

塩分・重曹は、血液をアルカリ性に保ってくれるので血液が酸性化しなくなり、がんにならなくなります。

がんは赤血球と発がん性物質が融合し取り込んだまま細胞化していたものです。酸性になると取り込みやすく、細胞が大きくなります。アルカリ性にすると逆分化作用で崩壊し、赤血球と発がん性物質に戻ります。

患者が食事療法などを切望しても、無視して抗がん剤を打ちまくってきた東大医学部の教授4人が、自らががんになったら4人とも抗がん剤拒否で、食事療法で治したという、笑えないエピソードがある。
http://www.asyura2.com/09/iryo03/msg/795.html

食事療法で治るのはこのメカニズムです。

酸性 固まる ドロドロ
弱アルカリ性 固まらない サラサラ

酸性になると細胞化してしまうので血「液」でなくなりpHが計測できず、影響が出ないため「酸性にならない、pHは一定だ」と聞く耳を持たない方もいます。

下部は重曹を放出するすい臓や腎臓と、上部は空気中の電子を補給する肺で挟まれて酸性化しにくいので心臓はがんにならないのです。

すい臓を傷つけることで、血液が酸性化するようになり、治療した後に血液の酸性化が止められなくなり、がんだらけになり死亡します。

こんな事態をまねいてばかりの医師は「急にがんが進行した」「手遅れだ」「どうして早く治療をしなかったんだ」ととぼけます。

アンタが進行させて手遅れにしたんでしょ。

すい臓ががんになる時点で血液がかなり酸性化していることがわかります。そして医師は、無意味にすい臓を傷害して、さらに血液の酸性化をさらに悪化させ患者を死に至らしめているわけです。

塩分控えめという言葉を真に受けて塩分を控えると膵液の成分のナトリウムが補給できなくなり、がんになりやすくなるのです。

このことを医師に言っても絶対に聞き入れませんから相談したって無駄です。

がんになるのを防いでくれる大切な器官を傷つけているのだから治らないのは当たり前です。この当たり前が理解できないのが専門家です。

周りの人間も、医師がデタラメをやっていることを疑わないので、がんで死んだものと信じ込んでいるのですからかわいそうなものです。

早期に発見したのに治療後に手遅れ

医者の治療の後に、みるみる具合が悪くなって死んだ、このパターンで死ぬ患者だらけのこのザマで、死亡が病気のせいだと信じるほうもまたどうかしているのです。

医者の治療後に具合が悪くなっただけだから、因果関係ではなく前後関係だそうです。

専門家の方または早期発見と言いながら早期に見つけて早期に殺害、もっと早く治療しておけば治ったのにと言い訳をして逃げます。

手遅れとわかってるなら始めから手を出すなよ、と言った感じです。生きてる患者が、医者が治療するといきなり手遅れになるのですからまあ不思議。これが「科学」だそうです。

死亡診断書は医師の裁量で自由に記載可能です。自分で殺したと書く馬鹿はいないので、がんで死んだことにして患者を毒物や無益な手術の一つ覚えでバタバタと殺しているのです。

患者を山のように殺しているにもかかわらず、出世できることに思いを馳せず利益を貪るばかりの医師たち。頭が壊れているととしか言いようがありません。

すい臓や腎臓など心臓に近い位置にあります。心臓に流れ込む血液が固まって血管を詰まらせないように酸性化を防いでるわけです。というわけで、心臓に近い器官を手術するものではありません。

医師が手術して抗がん剤を打った直後に、病院のベッドの上で、遺伝子の突然変異や細胞分裂の失敗がタイミングよくおこってばかりなのだから虫のいい病気です。

すい臓がんの治療は難しい、は当たり前

早く治療をしないとダメだ、手遅れですを繰り返し死体の山を作って看取った、代替療法は詐欺など大ボラ吹いてと犠牲者を募ります。

冷静に膵液の成分と酸化還元反応を考えれば標準治療ですぐに死ぬのは当たり前。失敗する方法ばかり意地になって繰り返すし犠牲者ばかり作っているので、すい臓がんの治療は難しいとなるのです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".