Sponsored link
NO IMAGE

放射性物質抗がん剤で被曝してがんだらけ

  • 2022-04-03
  • 2022-04-03
  • がん
  • 143view
NO IMAGE

抗がん剤は放射性物質って本当なのでしょうか?実際に医者はガンになったら抗がん剤は絶対使いたくないそうです。抗がん剤は製薬会社が儲かる
ためのものでその招待は圧力で隠蔽されてるそうです。

2013/9/7 8:01
抗がん剤に否定的なのは構いませんが少し視点が極端なような気がします。

極論返しをするなら放射能だろうが何だろうが治れば問題ありません。
「治るどころか貴重な最後の余生がグダグダになるのはどうにかならんのかね?」というのが抗がん剤の是非の根幹だと思いますよ。非常に難しい問題だと思います。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14113028339

Sponsored link

難しい問題でも何でもありません。発がん性の毒を使わなければいいだけの話です。

抗がん剤でよけいがんになります。治るどころか、悪化するのが問題なのです。肯定したり否定しきれないのは、医療関係者か治療中の患者なのでしょう。

治らない不治の病としておけば、何をしてもいい、と調子に乗っているのです。残念ですが、患者の苦しむ顔を見るのが大好き、という医師や医療関係者は意外に多いです。彼らの一番嫌いなことは、患者の病が治ることです。

がんは抗がん剤で簡単に作れる病です。抗がん剤でがんにできて死亡診断書もがん死にできるから、患者の同意も取らずに抗がん剤を打って、急にがんが進行したと喜んでいる医師もいます。

患者ががんに悲観して自殺した、とみせかける工作をする医師もいます。

余命を宣告しておいて死んでくれないとデータ通りでないし、自分が殺してるみたいにみえるので困る。だから薬物をあわて腐って注入して「ほら、早く治療しないから死ぬんです」とダマして殺しまくっていたら手口がバレた、なんてこともあります。

自分が殺してるみたいにみえるのが嫌だから自分で殺すんだそうです。なんて馬鹿なのでしょうか。こんなのに「ありがとう」なんて言ってる患者も患者です。

医師に殺されてるのに気が付かず、医師の嘘にだまされてがん死した、と思い込んでいる方も多いでしょう。そのほうが楽ですが。

医師たちもがんを治したことがありません。治したことのない人間に相談するのも馬鹿げています。

こういことをいうと、「闘病を頑張ってる患者さんに失礼!」と怒られるのがオチですが、「せっかくうまいことダマしてるのに真実をバラさないで」とケチをつけられてるのが実態です。嘘つきにとって、真実ほど都合の悪いものはありません。

抗がん剤の被曝

抗がん剤の被曝についておしえてください。 看護師として働いていますが、現在は育休中でそろそろ復帰の予定です。病棟勤務で抗がん剤投与も行います。

しかし、母乳育児中は母親が被曝した場合、母乳を通して子供にいってしまうため避けた方がいいと、知人から言われました。(確かに、妊娠中も化学療法の患者さんの受け持ちは外してもらってました。)

しかし、化学療法の患者さんが多いためなかなか言いにくいです。しかも復帰直後とか。文献等探しましたが、これといった根拠が見つからず… 抗がん剤のミキシングはすべて薬剤師。その他は看護師が行っています。 分かる方いたらおしえてください。

ベストアンサー このベストアンサーは投票で選ばれました 2011/7/13 20:13(編集あり) 抗がん剤の暴露経路として考えられているのは、粘膜、皮膚、気道、口腔からの被爆です つまり、手指の皮膚からダイレクトに被爆する以外にも、エアゾール化した抗がん剤の吸入や眼粘膜からの被爆、手に着いた抗がん剤を食事の際に摂取しての被爆が考えられています

実際に患者の抗がん剤投与に携わった看護師以外にも、同詰め所看護師の尿からも抗がん剤の影響が出ていた調査結果があるため、使用した輸液ルートや輸液バックの密封処理の徹底も必要です

また、抗がん剤投与48時間以内の患者からの排泄物にも抗がん剤の排泄があるため注意が必要です 対策の基本はグローブ二重着用以外にも、防水性の有るガウン、エアゾール化した薬剤を防ぐ機能の有るマスク、ゴーグルの着用等が必要です

しかし、それらを正しく着用しても完全に防護できる確証はなく、対策が十分とれない現状もあります

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1366456578

抗がん剤は周囲の者まで巻き込みます。
こんな毒物で治るわけがないでしょう。

ナイトロジェンマスタード(Nitrogen mustard、窒素マスタードとも呼ぶ) は化学兵器のびらん剤の一つ。化合物としてはアミン類であり、第一次世界大戦で使われたマスタードガスの硫黄原子を窒素に置き換えた分子構造である。 また、細胞毒性に着目して使用された最初の抗がん剤であり、白血病や悪性リンパ腫の治療薬として使われていた。クロロエチル基がDNAをアルキル化することによって核酸の合成を妨げ抗腫瘍効果を現す[2]。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ナイトロジェンマスタード

シクロホスファミド(英語: Cyclophosphamide、略称:CPA)は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)、免疫抑制剤である。製造販売元は塩野義製薬で、商品名はエンドキサン (Endoxan)。 初の抗がん剤ナイトロジェンマスタードの誘導体としてドイツ(現・バクスター社)で開発され、同じく日本で開発されたナイトロジェンマスタード誘導体・ナイトロミンに代わって広く用いられることになった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/シクロホスファミド

イホスファミド(英語: Ifosfamide、略称:IFO)は、抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)の一つである。ナイトロジェンマスタード系のアルキル化剤に分類される。商品名はイホマイド(Ifomide)。IFMという略号で表されることもある。

イホスファミドの類薬であるシクロホスファミドとペントスタチンを併用して心毒性が発生し死亡した例があるので、イホスファミドとペントスタチンは併用厳禁である。 腎臓または膀胱に重篤な障害を持つ患者では腎障害または出血性膀胱炎が増悪する危険性があるので使用禁忌である。

https://ja.wikipedia.org/wiki/イホスファミド

メルファラン(英語: Melphalan、L-PAM)は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。製造販売元は、グラクソ・スミスクラインで、商品名はアルケラン (Alkeran)。 メルファランは、メクロレタミン(日本未発売)のフェニルアラニン誘導体であり、当初は黒色腫の治療薬として開発された。

しかし、黒色腫に対しては十分な効果を示すことができなかった一方、骨髄腫において有用性が示され、骨髄腫治療薬として承認された。

重大な副作用 感染症および出血など、ショック、アナフィラキシー様症状、胃腸障害(悪心・嘔吐、下痢、口内炎・粘膜炎)、重篤な肝機能障害(AST・ALTの上昇、ビリルビン値上昇、Al-P上昇、LDHの上昇など)、黄疸、心筋症、不整脈、間質性肺炎、肺線維症、溶血性貧血

https://ja.wikipedia.org/wiki/メルファラン

ブスルファン(英語: Busulfan、略称:BSF, BUS[1])は、アルキル化剤に分類される抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)である。日本では協和発酵キリンからブスルフェクス点滴静注用の商品名で、大原薬品工業からマブリン散の商品名で製造販売されている。

ブスルフェクス点滴静注用は造血幹細胞移植の前治療に使用される注射剤であるが、マブリン散は慢性骨髄性白血病の治療を目的とする経口剤である。ブスルファンは日本ではマブリン散が以前から使用されていたが、2006年には注射剤が認可を受け、ブスルフェクス点滴静注用として製造販売されている

副作用 骨髄抑制、静脈閉塞性肝疾患、間質性肺炎、肺線維症、白内障など。 作用機序 細胞内において、DNAをアルキル化する作用があり、それによって細胞増殖が抑制される。なお、本剤は発がん性があることが指摘されており(IARCではGroup1に分類)、白血病の治療で本剤を使用した患者の中に二次がんが発症したという報告がある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/ブスルファン

チオテパ(英語: Thiotepa、N,N′,N′′-トリエチレンチオホスホルアミド)は、抗がん剤の一種。 化学式SP(NC2H4)3で表される有機リン化合物で[1]、N,N′,N′′- トリエチレンホスホルアミド(TEPA)のアナログである。分子構造は四面体で、リン酸塩に似る。アジリジンと塩化チオホスホリルから造られる。エチレンイミノ基を持ち、これが腫瘍細胞のDNAをアルキル化することにより腫瘍の増殖を抑制する作用を表す。

類似の作用機序を持つ物質に、ブスルファンやシクロホスファミド、イホスファミドがある。 チオテパは、多種の腫瘍性疾患の緩和療法に使用されている。 化学的性質 CAS番号は52-24-4。わずかな匂いのある白色の固体で、融点は52 ℃。マウスへの経口投与での半数致死量 (LD50) は46 mg/kgのデータがある。

医療用のほか、昆虫不妊剤としての用途もある。国際がん研究機関は、発癌性リスクをグループ1(ヒトに対する発癌性が認められる化学物質)と評価している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/チオテバ

発癌性リスクのグループ1はもっとも発がんしやすいという意味です。発がん性の薬品でがんが治るんだ、と言って聞かないのが医師です。医師に多大なベネフィットがあるのでしょう。

医師:〇〇さんには抗がん剤は効かなかったようです
家族:抗がん剤が効かないがんったのね……がんって怖いわ

誰にも効かねえよ

医師は立場上、神妙な顔してますが内心腹抱えて笑ってますよ

成分を調べれば、製薬会社と医師が患者を舐め腐ってるのかがわかります。

調べないとダメです。

緩和療法という毒盛りもあるそうです。

いくら新薬が出ようがマスタードガスが基本ですから治りません。

がん細胞だけ狙い撃ちすることも不可能ですからただの詐欺です。がん細胞は赤血球が成長してできたものですから、赤血球を避けながら、がん細胞だけ狙い撃ちするのは不可能です。赤血球と抗がん剤の毒成分が融合してがんになるので、がんだらけになるのです。有名人なんかの場合、マスゴミは「闘病していた」と嘘の報道でごまかしてくれます。

口ではなんとでも言えます。

ネット上の掲示板なんかには、抗がん剤を推奨してくる者がいたりしますが、医師だったりします。自分の悪事を正当化したくて書き込んでいます。

患者をわざわざ殺しまくってる、という現実を受け入れるのは誰だってつらすぎますよね。だから嘘を広めて自分で自分を正当化するしかないのです。他人をだますより、自分をだますのが目的だったりしています。

がん治療をしてる者、医師に殺されたと認めたくない患者の家族なんかが抗がん剤を肯定したりしてきますが、蟻地獄に引きずり込まれます。

こんなのを真に受けてるのは日本人だけです。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".