Sponsored link

がんにやられるのではない、やられたからがんになるのだ

  • 2022-06-16
  • 2022-06-06
  • がん
  • 131view
Sponsored link

医学は原因と結果の混同がひどい学問です。

赤血球から細胞がより集まってできますが、赤血球が発がん性物質をとりこみ細胞化したものががんです。

社会全体で毒を摂取させているから、がん患者が増えるのは当然です。

現代医学では遺伝子の突然変異と不可解な説明で終わります。

細胞は細胞からできる、染色体は染色体からできる、が現代生物学です。

これでは答えになっていません。

答えになっていないのを摂取し知った気になり喜んでいるから馬鹿、と呼ばれるのです。

染色体から細胞ができる、とはどこにも書いていません。遺伝子から細胞ができる、と言ってる方は教科書すら読めてないことに気がついてません。

血液にDNAの成分はありませんから、細胞ができた後か細胞ができると同時にDNAができる考えるのが自然です。

遺伝子の突然変異ではない

遺伝子の突然変異なら治療法はありません。医師が抗がん剤を打つと急に患者の遺伝子の突然変異が起こるのだからい〜い病気です。

コロナワクチンという発がん税物質でやられているからがんになる
抗がん剤という発がん性物質にやられているからがんになる

iPS細胞による再生医療では、細胞に対して発がん性の放射線を照射しやられているからがんになるのです。考案者自身も自分の細胞ががん化するから嫌、と被験体になるのを拒んでいます。

ワクチンの有毒成分や人工RNAをろ取り込んだまま病的細胞化してがんだらけになるのです。

細胞膜を破壊した瞬間に、同時に染色体まで破壊され、遺伝子の改変どころか、染色体の断片RNAがウイルスや細菌に成長してウイルスまみれになり、打ったほうが陽性判定が出て、厚生労働省は理由は不明だが意図的ではない、と接種者を未接種扱いにするデータ改ざんをする始末です。

がんに攻撃されてるわけではありません。
攻撃されたからがんになっているのです。

がんは攻撃するどころか、心臓に毒が到達しないように、心臓から離れた位置で固まって生命を守っているのががんなのです。

それを、がんに攻撃される、がんに冒されるから抗がん剤・放射線、などと発がん性物質や放射性物質を患者の体内に入れて殺してるわけです。がんに冒されると脅し騙されて、医師にやられてがんにされてるわけです。

医師が原因です。

体内は血液ばかりなので、がんだけを狙いうちする分子標的薬など存在しません。

手遅れ詐欺

早く治療をしないと手遅れになると恐怖を煽られ
これしか方法がないと急かされ
発がん性物質や放射性物質にやられた結果がんになり

がん専門医に「がんで死んだ、手遅れ」、と片付けられます。

「手遅れ」ってセリフはいつでも使えるい〜い言葉です。「手遅れ」とわかっていながらどうして治療行為に及んだのでしょうか。「手遅れ」なら何をしても無駄なのだから何もしないのが最善ですよね。

手を出して殺してから「手遅れ」というのです。手を出す前は「早期」治療だとほざいていたのが。

「早い遅い」の問題ではないのです。

「手遅れ」「がんは不治の病だ」って言ってりゃバレないから、と入院患者を暗殺してまわる医師もいます。製薬会社からしっかりカネをもらっています。そして、出世が早まり競争に勝てます。

こういう輩は、患者が抗がん剤を拒否すると逆ギレし、抗がん剤を人の見てない時間を狙って打って殺し、「やっぱり抗がん剤を打たないから死ぬんだ、がんは怖いんだ」と自作自演の殺人劇を繰り返すのです。

がんを放置していたら気がつかないうちに末期がんになった、医師は、検査しないと気がつかないくらい元気で無症状の末期がん患者を攻撃して即死させます。がんが末期だからといって、生命が末期とは限りません。

これが、医師にかかると

がんが末期だからどうせもう死ぬ

殺していいんだ

毒物注入

やっぱ末期は早く死ぬわ

論文にしよう

となるわけです。
完全に気が狂っています。

検査で発見できてれば
どうして早く治療しないんだ

治したこともないヤブ医師は善人ぶってこう言います。

早く検査をしないせいだ、と。

原因は「早く発見したから」ですが。発見すると手を出したくなるのが人情です。

末期だからと、大きいがんを消滅させるために大量の抗がん剤を注入したから死ぬわけですが、大量の抗がん剤を注入したことは伏せられて「手遅れ」のせいだ、あなたが悪いんだ、と逃げるだけ。

がんが暴れたり、がんに攻撃されたのではなく、医師の毒物に攻撃されたわけです。抗がん剤のような発がん性物質に、がんを治す効果があるわけがないでしょう。

ですが、甘い汁を吸うのに慣れた医師は絶対にやめずに殺し続けます。このインチキ療法をやめたら、患者を自分が殺したことを認めるのに等しいからやめないそうです。

そのため、被害が拡大します。

自分で殺したという現実から逃避して、がんに殺されたと逃げるから、また患者を発がん性物質で攻撃、を繰り返し気がついたら「○千人看取りました!ボクは偉いんです!」と恥も外聞もなく豪語し出します。「自分ががんになったら、絶対に抗がん剤など標準治療は受けない」と心に固く誓いながら。

末期がんとされるものも、発がん性物質や放射性物質が多く体内にたまっているのであり、発がん性物質や放射性物質が体内にたまっているだけだから、検査をしないと気がつきません。医師が検査で発見してからみるみる悪くなるのです。

医師は発見したわりに「何もしてなくてみてだだけなんだ」と自分の行為を隠し、何もしてない割には保険点数だけはゲットし、出世はしっかり果たします。

恨みを買い報復される医師も増えるでしょうが、犯罪者を捕まえない警察が悪いです。警察が捕まえていれば刑務所までは追ってこれず、報復されなかったのですから。報復を容認してるのが警察と言ってもいいでしょう。これでは報復の共犯です。

たまったものを出すのが治療です。たまったものを出させずにもっと入れるのが現代医学です。

発がん性物質や放射性物質は食品や原発、病院の検査や市販薬・処方薬を通じて体内に蓄積しています。それを大量の抗がん剤で攻撃すれば、がんだらけになり死ぬのは当然です。がん患者を増やすために意図的にやっています。理由は不明だが意図的ではないとでもいうのでしょうが。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!! Ad blocker detected!!!

閲覧していただいてありがとうございます!

ブラウザの拡張機能を使用して広告をブロックしていることが検出されました。

ブラウザの広告ブロッカー等の機能を無効にするか、kenkou-maintenance.comドメインをホワイトリストに追加し、「更新して閲覧する」をクリックしてください。

Thank you for browsing!

We have detected that you are using a browser extension to block ads.

Please disable your browser\\\'s ad blocker or other features, or add the kenkou-maintenance.com domain to your whitelist and click \\\"更新して閲覧する\\\".