Sponsored link
NO IMAGE

Amazon がんワクチンの臨床試験を開始

  • 2022-07-13
  • 2022-07-13
  • がん
  • 123view
NO IMAGE
Sponsored link

Amazon、フレッド・ハッチンソンと提携し、がんワクチンの臨床試験を開始

https://www.cnbc.com/2022/07/12/amazon-partners-with-fred-hutchinson-on-cancer-vaccine-trial.html
https://gigazine.net/news/20220713-amazon-cancer-vaccine-trial/

Amazonは、フレッド・ハッチンソンがん研究センターと共同でがんワクチンを開発しており、最近、FDAの承認を受けた臨床試験を開始した。

国立医学図書館が運営する臨床試験のデータベースclinicaltrials.govへの申請によると、Amazonとフレッド・ハッチンソンは、初期段階、つまり第1相の試験に18歳以上の参加者20人を募集しています。

その目的は、乳がんや皮膚がんの一種であるメラノーマを治療できる「個別化ワクチン」を開発することだと、申請書は述べています。

申請書によると、フレッド・ハッチンソンはこの研究のスポンサーとして、Amazonは共同研究者として記載されています。

この提携のニュースは、Business Insiderが最初に報じた。この研究は昨年10月に初めて掲載され、6月9日に開始された。2023年の11月1日までに完了する予定です。

フレッド・ハッチとアマゾンは、提携を確認した。Amazonの広報担当者は、フレッド・ハッチが主導していると述べた。

“Amazonは、ある種のがんに対する個別化治療の開発を模索するフレッド・ハッチとの提携に、科学と機械学習の専門知識を提供している “と、広報担当者はCNBCに声明で語った。

「非常に早い段階ですが、フレッド・ハッチは最近、米国食品医薬品局から第I相臨床試験を進める許可を得ており、それが成功するかどうかは不明です。これは長く、数年にわたるプロセスになるでしょう。もし進展すれば、同じような取り組みに関心を持つ可能性のあるヘルスケアやライフサイエンスの他の組織と協力することになるでしょう」

Amazonは近年、ヘルスケア業界でその存在感を深めている。同社は2020年にオンライン薬局を立ち上げ、Amazon Careと呼ばれる遠隔医療サービスを強化し、在宅医療診断の開発を目指してきた。

関係者を引用したBusiness Insiderによると、Amazon内部の「グランドチャレンジ」と呼ばれる秘密研究開発グループが当初、がんワクチンの取り組みを監督していたという。現在はAmazonのデバイス担当副社長、ロバート・ウィリアムズ氏に報告するがん研究チームの管轄下にあるとBusiness Insiderは報じている。

世界中でワクチン性ターボ癌が増えてるのを見越してる

3ニューノーマルの名無しさん2022/07/13(水) 10:36:56.37ID:FI4PZucL0
そして癌になるパターン

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock