Sponsored link

がんゲノム医療は治療効果が「期待できる」から「トンデモがん治療」なんかに引っかからないで!薬屋からカネを毎年もらってる医師が騒ぎ出す

  • 2022-09-13
  • 2022-09-05
  • がん
  • 129view
Sponsored link

患者はカネづる

それが医師たちの合言葉です。

医師たちは人を騙して殺すのがやめられないようです。

つぎから次へと嘘八百が出てきます。

本当に悪質です。

最新「がんゲノム医療」について、がん薬物療法専門医が解説 ~個別化されたがん医療とは?~
8/25(木) 12:00配信

https://news.yahoo.co.jp/articles/c5bc6cdc38b66292068a0e00abd2d7972d5dba26

最新「がんゲノム医療」について、がん薬物療法専門医が解説 ~個別化されたがん医療とは?~

がんの新たな治療方法として、精密検査にもとづき個別のがんに対して治療する個別化医療(プレシジョンメディシン)が登場しました。そんな最新のがん医療「がんゲノム医療」について、江戸川病院腫瘍血液内科部長、がん薬物療法専門医の明星智洋先生に話を聞きました。

編集部:がんゲノム医療とはどのようなものですか?

明星先生:がんゲノム医療とは、患者さんのがん細胞もしくは血液中のタンパク質に対するがんゲノム検査(がん遺伝子パネル検査)によって、100種類程度のがん遺伝子を網羅的に調べ、見つかったがん遺伝子の変異に対して分子標的薬などを投与する治療です。

編集部:がんの持っている遺伝子と分子標的薬とのマッチングを行うようなイメージでしょうか?

明星先生:その通りです。この20年で出てきた分子標的薬を、上手く使いこなす医療とも言えます。たとえば、肺がんの検査をしてALK遺伝子という遺伝子が見つかった場合、ALK遺伝子に対応する分子標的薬を服用することで、ALK遺伝子が減少していき、結果としてがんが縮小していきます。

編集部:この治療は保険診療内で行えるのですか?

明星先生:ケースによって違います。「肺がんの方へのALK遺伝子に対応する分子標的薬の使用」は保険適用となります。一方、たとえば大腸がんの患者さんでALK遺伝子が見つかった場合も、同じ分子標的薬を使えば治療効果が期待されます。

しかし、大腸がんの方に対して肺がんの薬を使用することは保険で認められていないので、同じ薬を使う場合でも大腸がんの方は自費で治療するということになってしまいます。

遺伝子治療などとたいそうなことを騒いでも、分子標的薬といって抗がん剤を注入して悪化、死亡するのがオチです。

コロワクという遺伝子治療薬でこの醜態をさらしておいて、まだ遺伝子治療をするつもりなんでしょうか。

がんの原因は遺伝子ではないのだから、やっても有害無益です。がんの原因は遺伝子の変異ではなく、発がん性物質です。

抗がん剤や放射線、遺伝子治療薬のコロナワクチンなんかがんの原因で有名です。

抗がん剤を隠れて投与して、患者がん死したようにみせかけるトリックを行う医師もいますが、発がん性物質の抗がん剤でがんは作れる、と知っていてやっているのです。抗がん剤でがんになることは、薬屋に嫌われるから論文に書きたくないそうです。

何もしなければ何も起こらなかったのに、その医師が出てくるとタイミングよく遺伝子の変異が起こりがんだらけになる、なんてのは変でしょう。

医師は自分の言ってることの意味すら理解していません。わけもわからず、わかったフリして薬屋に操られてるだけです。

遺伝子に作用するとされる薬品を投与した末路はがんです。

早い話ががんは、毒物が原因ということです。腫瘍だけ無理やり破壊しても無駄です。毒物で血液が汚されているのですから。

血液に詳しい医師たちが薬品で血液を汚しまくり、がんにしています。血液のことなんか何も知らないんでしょう。

がん細胞だけ狙い撃ちするお薬なんて存在しません。

編集部:確かにインターネットの情報を判別することは難しいと感じます。誰に相談すると良いのでしょうか?

明星先生:明確な答えはないと思うのですが、自分が困った時のホームドクター(家庭医)を作っておくことは大事だと思います。ホームドクターがいなければ、セカンドオピニオンに行くという方法もあります。

セカンドオピニオンであれば、主治医に言いづらい事も相談できると思いますし、そうすることで、トンデモ医療に引っかからないと思います。

がん医療の場合は、がん薬物療法専門医がいる病院にセカンドオピニオンに行くことをお勧めします。日本臨床腫瘍学会のホームページにがん薬物療法専門医の一覧が出ていますので、そこから検索することも可能です。

医療関係の記事は「これは広告です」を念頭におきましょう。

がん薬物療法専門医がいる病院にセカンドオピニオンに行った日には、発がん性の「抗がん剤を注入しろ」と言われるのがオチ。相談しても脅されるだけで、時間とカネの無駄です。

治るための助言ではなく、立場で喋ってるだけですから、セカンドオピニオンもサードオピニオンもフォースオピニオンも無駄です。患者を騙して殺してばかりの先生に相談するのがおかしいのです。

次から次へと最新治療が出てきますが、まったく治る気配がありません。治るみたいな顔をして「治療効果が期待されます」ですから詐欺師です。「効果が期待される」だけだから、治らなくでも嘘じゃないそうです。

「トンデモがん治療」には注意ましょうと一度も患者を治したことのない詐欺師が「詐欺に気をつけて!」と騒いでいます。どうも医師は片仮名で「トンデモ」がお好きなようです。この医師もいくらカネをもらっているのでしょうか。

https://yenfordocs.jp/pharmaceutical/2019/464235

少しでももらっている医師は製薬会社の犬と判断できますから、いくらでも平気で嘘をつくと考えましょう。

さんざんゲノム治療や分子標的薬を他人に勧めておいて、いざ自分ががんになったら、これから流行するアルカリ性食品を使った食事療法や、体を切らなくて済む東洋医学など「トンデモ治療」を選択するのです。

マスタードガス抗がん剤治療なんてナチスもびっくりの「トンデモがん治療」ですけど。

がんゲノム医療では絶対に治らないどころか、よけい悪化する、と当サイトでは断言します。

喜んでるのは医師と薬屋だけです。

Sponsored link
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock