Sponsored link
NO IMAGE

光線力学療法「iTAP」という医師たちの無駄な努力

  • 2022-09-23
  • 2022-09-18
  • がん
  • 98view
NO IMAGE
Sponsored link

光と毒でがんを日帰り治療!シン・光線力学療法「iTAP」が実現する、がんが「生活習慣病になる日」
9/18(日) 16:02配信

前編記事『がんは日帰り入院で治す時代に…切除できない肺がんをわずか30分で撃退! 「光線力学療法」のスゴすぎる実力』では、日本生まれのがん治療法である「光線力学療法(PDT)」の威力について紹介した。ここからは、光線力学療法をさらに進化させた最新技術「iTAP」が実現する未来についてみていこう。

「実は今、PDTの弱点を克服する新しい治療法が開発されています。まだ実用化には至っていませんが、非常に有望で期待できます」

加藤氏から、「抗体医薬とPDTの連携でがんを狙い撃つ、画期的な治療法iTAP法」のことを教わったのは今年の2月のことだった。iTAP(intelligent Targeted Antibody Phototherapy)と書いて「アイタップ」と読む。

開発者であるベンチャー企業、PhotoQ3社の浜窪隆雄氏は東京大学先端科学技術研究センターの元教授で、2000年頃から国家プロジェクトとして、がんを治療するための抗体医薬の研究に取り組んできた。しかし思うように進まず悩んでいたところ、2022年3月まで教授を務めていた日本医科大学で運命的な出会いを果たす。

「大学の廊下で偶然加藤先生と出会い、声をかけていただきました。ありがたいヒントを頂戴し、お陰でたどり着けたのが、抗体医薬とPDTという組み合わせです」(浜窪氏)

抗体医薬は人の免疫機能を活用する医薬品だ。人には生まれつき、自然免疫が備わっており、体内に侵入した一般的な病原体はすぐに認識して除去することができる。

ところが病原体の中には、新型コロナウイルスやがん細胞のように認識されづらい「異物」もいる。そんなときに作動するのが「獲得免疫」だ。各異物の表面に存在する特有のたんぱく質を目印に敵を認識し、攻撃する。この目印となるたんぱく質が「抗原」で、この抗原に対して、「抗体」という物質を作り出して結合し、相手を破壊するのだ。

iTAPは、がん細胞の抗原に結合する抗体とトキシンという毒素をセットにした抗体医薬(「イムノトキシン」)で、がん細胞をピンポイントで狙い撃ちする。そのため、副作用が少ないだけでなく、後述するようにPDT治療と組み合わせることで、従来の抗体医薬の数百倍というがん細胞の殺傷効果を得ることに成功している。

iTAPは、光の物理エネルギーを引き金として、強力な毒性を持つトキシンを、効率よくがん細胞に運び込み、がん細胞を破壊する。

iTAPのメカニズムはこうだ。

1.がん特異抗体Yにトキシンを結合させて、イムノトキシンを作る。トキシンは植物が持っている毒素で分子量が大きいため、そのままでは細胞膜に阻まれてがん細胞の内側に入ることはできないが、抗体Yに結合させてイムノトキシンにすると2.の現象が起きる。

2.がん細胞の細胞膜が凹み、膜の内側に抗体と一緒に取り込まれるエンドサイトーシスという現象が起きる。

3.イムノトキシンは、エンドゾームという膜に包まれた「エンドゾーム小胞」としてがん細胞内に取り込まれる。しかし、このままの状態では、がん細胞に対して何も作用しない。ここでPDTが登場する。

4.光感受性物質をがん細胞内に投与しておく。

5.適切なタイミングでがん細胞に光を照射する。

6.光感受性物質から一重項酸素が発生し、エンドゾーム膜を破壊。トキシンの強い毒性が作用してがん細胞を殺傷する。

イムノトキシンは、 単純にがん細胞内に取り込まれた状態ではほとんど有効な殺傷効果を発揮しないが、光感受性色素を投与したiTAP法では、がん細胞に対して、顕著な殺傷効果を発揮する。

「光感受性物質を投与して光を照射すると、それまでの50 分の1以下に希釈したイムノトキシンでも、従来のPDTの数百倍から数千倍に近い効果が見込めることがわかりました」(浜窪氏)

全文はこちら
https://news.yahoo.co.jp/articles/cb6e3ca732a6d7050179eccee4e96798f95a828a

馬鹿がどんどん暴走しています。

そんなことをしなくてもがんは治ります。

抗体は守ってくれるものではないし、トキシンの作用で発がんするだけです。

医師が毒物を注入するからがんになるのです。毒でがんになってるのに、毒でがんを破壊するんだそうです。

光を照射したところで、血液が汚いから無意味です。
どうせまた再発します。

抗がん剤も併用して!とか言い出して殺害されるのがオチ。

残念なお知らせですが、がんの原因は血液の酸性化であり、毒で血液を汚したことです。重曹クエン酸、アルカリ性食品を中心にした食事療法を地道に継続していれば治ります。

こういうことをいうと専門家はキレて否定しますが、その専門家も、考案した本人ですら光線力学療法「iTAP」など絶対に受けず、食事療法を選択します。自分の命は何よりも大事です。

食事療法は東大の権威も実践してがんを治している安全&確実な方法です。表向きには、抗がん剤で患者をぶっ殺して喜んでいますが。

がんで死ぬはウソです。
体内に毒を入れるから生体防御としてできるのががんです。

医者の言う通りにやればやるほと悪化、または、死亡退院です。

がん治療で死んでるのが真実です。医者が死亡診断書にウソを書いてるだけです。

食事療法で治りかかった患者も、医者が点数欲しさに、がん死にみせかけようとして無理やり抗がん剤を注入、がんだらけにして自作自演の連続殺害しまくりで喜んでいます。点数の高い抗がん剤で殺すと出世が早まり、接待が楽しめてウハウハです。

抗がん剤を使ってがんだらけにして殺すと、死因に「がん死」と書けるんだそうです。

愚かです。

抗がん剤でがんが作れるのなら、がんは病気ですらありません。

日本のがんは医者と製薬会社なのは明白です。

 

 

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーを検出しました!!!

広告をブロックする拡張機能を使用していることを検知しました。これらの広告ブロッカーを無効にしてから更新してください。

ライターさんにご協力ください

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock