断食は腸を休ませてエネルギーの浪費を防ぐ

断食は腸を休ませてエネルギーの浪費を防ぐ

断食は腸を休ませてエネルギーの浪費を防ぐ

健康のためには断食が欠かせません。断食をオカルトとか宗教の儀式と誤解している人がいますが、実は、健康のために理にかなっているのです。

その断食を、なぜ私たちは行うべきなのでしょうか?

朝食を食べるのはよくない

簡単にできる断食として、朝食を食べない方法があります。
3食を2食に減らすだけですが立派な断食です。1週間~2週間何も食べないという本格的なものではありません。

”breakfast”(朝食)という英単語がありますが、実は断食(fast)を破る(break)のが語源です。そもそも朝は断食する時間、ということです。

1日3食食べなきゃダメ

子供の頃から言い聞かされている人もいるでしょう。

「一日3食食べよう」などとおせっかいなCMが流れている始末。1日3食食べるのは健康によくないことを理解しましょう。

ATP消費を抑える

物を食べるとATP(アデノシン三リン酸)を消費します。ATPは人間の細胞がすぐに利用できるエネルギーであり、車に例えるとガソリンです。

食べ物を体内に入れて消化することにより、ATPを大量に消費します。たくさん食べるとエネルギーの消耗で疲れ、だるくなり、食休みを取りたくなることもあります。それもこれも、ATPを消費しているからなのです。

朝食をしっかり食べると、ATPを消費しすぎて疲れてしまうのです。

朝食を抜く断食は、エネルギーの無駄遣いを抑えます。朝食を抜くことによってATPの浪費を抑えて胃や腸が休まります。

1日3食食べている人を、朝6時・昼12時・夜18時に食事すると仮定すると、夕食から朝食までに内臓が12時間休息できます。

朝食の断食によって、夕食から昼食まで18時間の休憩時間が取れます。食べない時間が長くなると、内臓がゆっくり休めるので、内臓をいたわります。

朝食を抜いたくらいでは死ぬことはありません。

消化酵素の無駄遣いを抑える

朝食を取らないとブドウ糖やビタミン・ミネラルが補給できず、体や脳が働きません。体や頭を使う人は、全く食べないということではなく、断食しつつブドウ糖を補給するのが理想的です。

食べ物を消化するときには消化酵素が働きます。消化酵素は、分解する食べ物の栄養素によって異なります。

炭水化物を分解するアミラーゼ・脂肪を分解するリパーゼ・タンパク質を分解するプロテアーゼが代表的です。

これらの消化酵素が十分に分泌されると、消化がスムーズに行われます。

◆消化酵素

炭水化物アミラーゼ
脂肪リパーゼ
タンパク質プロテアーゼ

3つの消化酵素のうち日本人が豊富に分泌するのがアミラーゼ。日本人は、炭水化物を効率よくに消費できる体になっています。農耕民族のDNAを持っているからなのでしょう。

脂肪やたんぱく質は遺伝的に慣れていないため、効率よく消化できず負担がかかります。

朝食をがっつり食べると、ただでさえ少ない消化酵素を大量に使ってしまい、ぐったりと疲れてしまうのです。

消化しやすいもので済ませる

食べ物は、加工すればするほど食べるのがつらくなります。そのため、シンプルな形で朝食を済ませるといいでしょう。

おかゆ・野菜ジュース・スムージーで消化しやすいメニューがおすすめです。起きてすぐに食べるのは控え、軽く運動したりしてから
ブドウ糖やビタミン・ミネラルだけ補給するとスムーズに栄養補給ができます。

朝食が軽いと忙しい時間も余裕をもって過ごせてゆったりできて疲れません。

しかも、おなかが減っているので昼食がおいしく感じます。

慣れると快適

朝食を抜く断食は健康に悪くありません。たくさん食べるれば疲れますが朝食断食なら消化で使うエネルギーを温存できて負担がかかりません。

ブドウ糖ビタミンミネラルだけを補給して軽く済ませると朝からすっきりします。

無駄にエネルギーを使わず腸を休めることにもつながります。

朝食をがっつり食べてつらいなぁ

と思っていた人は、朝食抜き断食に挑戦してみてはいかがでしょうか。慣れるととても快適です。

断食は腸を休ませてエネルギーの浪費を防ぐ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!