砂糖

食品別の解説~砂糖・甘味類

砂糖

砂糖砂糖は、二糖類と呼ばれています。

穀類などの炭水化物とは異なります。

体にいい鎖状の炭水化物

私たちの体は、穀類に含まれている複合炭水化物を摂るのがいい、と言われています。複合炭水化物とはブドウ糖がたくさんの鎖状になっているものです。

たくさんの鎖の状態が体にとってとても良いのです。

例えば、デンプン質を食べると体内では分解され、ブドウ糖に変化します。そのブドウ糖が栄養になるためには1個1個のブドウ糖の鎖を切り離さなければいけません。そして時間が少しかかります。

鎖が少しずつ切れることで時間がかかり、血糖値のゆっくり下がります。

この血糖値の上がり下がりには4時間くらいの時間がかかります。緩やかに血糖値が上下するので安定します。

脳にも一定のレベルでブドウ糖が供給されます。精神的にも安定感が出ます。労働で筋肉を使っている人にも血糖値が安定することによって労働条件が好ましくなります。

白砂糖の弊害

角砂糖一方で精製された白砂糖を食べるとどうなるでしょうか。

体内の血糖値が急激に上がって急激に下がります。急に上がった分だけ体内から一気にインスリンが分泌されます。

血糖値が急激に上がったり下がったりを繰り返すことにより、情緒不安定を引き起こします。低血糖になると気分が急激に落ち込みます。高血糖になると高揚した気分となります。

精製された糖分は、吸収がよすぎるので血糖値を不安定にして体を不健康にします。

白砂糖が入ったお菓子類ジュースはできるだけ避けてください。清涼飲料水などは白砂糖が含まれているのでおすすめできません。

砂糖
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!