治療で悪化する患者と検査の実態からみるコロナ騒動の狙い

治療で悪化する患者と検査の実態からみるコロナ騒動の狙い

治療で悪化する患者と検査の実態からみるコロナ騒動の狙い

完全に混乱状態になったコロナ騒動。

案の定、上級から下級国民までパニックです。

正しく恐れすぎた政治家は、1世帯に2枚の布マスクを配るだけの人をナメ腐った対策で無能さと恥をさらしますが、わざと感染を広めようとしているとも受け取れます。

手洗い・うがい・鼻クソほじらない3原則を叫びつづける成長しない無能専門家は治療もできないくせに「検査検査」と連呼してうるさい毎日ですが、

どうすれば病院に国民を連れ込めるか?
どうすれば人工呼吸器で窒息死させられるか?

デマを巻き散らかすコメンテーター・専門家・マスコミは無自覚に人口減少を導きます。

従来の戦闘の形をもたない戦争、第三次世界対戦の幕開け。戦力の主体である医療関係者ですら自ら放った火の粉で自爆しているヘビーな状況。

デマとペテンで自己責任で治療死に追い込む。軽症患者は偽医療で早期殺害されないよう警戒しましょう。自分の身を守れるのは自分だけです。

生き抜くためには、コロナウイルスにある誤解と検査の真の目的を理解するべきです。

コロナウイルスといっても普通にある

話題になっているコロナウイルスというのはSARS-CoV-2、または、2019-nCoVというもので、その他のコロナウイルスは世の中に当たり前のように存在し、簡単に感染します。

当たり前のように存在しているコロナウイルスまで検査に引っかかり、陽性と判定され、治療に連れ込まれる危険性があります。しかも、ベースは風邪ですから自然治癒力を上げる以外の治療法は無理です。

コロナウイルス(英語: coronavirus; CoV、中国語: 冠状病毒)は、ゲノムとしてリボ核酸 (RNA) をもつ一本鎖プラス鎖RNAウイルスで、哺乳類や鳥類に病気を引き起こすウイルスのグループの1つであり、ニドウイルス目コロナウイルス科オルトコロナウイルス亜科に属する。https://ja.wikipedia.org/wiki/コロナウイルス

2019新型コロナウイルスまたはSARSコロナウイルス-2は、急性呼吸器疾患 (COVID-19)の原因となる、SARS関連コロナウイルス (SARSr-CoV) に属するコロナウイルス。https://ja.wikipedia.org/wiki/2019新型コロナウイルス

大して問題のない患者を検査に無理やり連れ込んで、ずさんな検査方法で陽性とレッテルを張り、病院内で人工呼吸器や抗ウイルス薬で窒息死させる流れです。厚生労働省の動きがやたら速いのはこのためだったのでしょう。

インフルワクチンでも陽性反応が出るのですから、かぜっぴきの多い病院の医師や看護婦、体の弱い人の集まる老人用介護施設でコロナ陽性が出るのも自然な話です。

コロナウイルスのあらゆる株について人々を検査しています。 COVID-19専用ではありません。特定のCOVID-19ウイルスに対する信頼できる検査はありません。 COVID-19ウイルスの実際の症例数を報告する信頼できる機関やメディアはありません。これは何よりもまず対処する必要があります。 COVID-19に対するすべての行動と反応は、完全に欠陥のあるデータに基づいており、正確な評価を行うことはできません。(翻訳済み)https://www.globalresearch.ca/manufactured-pandemic-testing-people-any-strain-coronavirus-not-specifically-covid-19/5707781

問題は、検査が機能しないことがわかっていることです。

これは「増幅」を使用します。つまり、非常に少量のDNAを取り、分析できるまで指数関数的に増殖させます。明らかに、サンプル内のあらゆる微細な汚染も増幅され、潜在的に重大な発見のエラーを導きます。

さらに、遺伝子全体ではなく部分的な配列のみを探しているため、他の問題を無視しても、単一の病原体を特定することはほとんど不可能です。https://www.globalresearch.ca/manufactured-pandemic-testing-people-any-strain-coronavirus-not-specifically-covid-19/5707781

完全に偽のパニックを作成したい場合–コロナウイルスを選びます。

それらは信じられないほど一般的であり、たくさんあります。他の手段(インフルエンザ、細菌性肺炎など)で病気になった人は、非常に高い割合で陽性になります。https://www.globalresearch.ca/manufactured-pandemic-testing-people-any-strain-coronavirus-not-specifically-covid-19/5707781

インフル入りワクチン使ってコロナ陽性に仕立て上げることは可能。しかもウイルスは体内で自然発生しますから、感染してなくてもSARS-CoV-2以外のコロナウイルスが体内で自然発生し、陽性反応が出ることも考えられます。

日頃から不摂生でおなじみの芸能人・練習しすぎのスポーツ選手は放射能まみれで体内環境が悪く、ウイルスが発生しやすい状態。SARS-CoV-2に感染しようがしまいが次々に検査にひっかかります。

治療で死ななかった馬鹿な有名人は、殺されかけたことにも気がつかず

「医療のおかげで治った、早く病院へGO!」

国民を誘導する広告塔として利用されます。

関連記事

遅れた現代医学は殺菌消毒手洗いを強調しますが、感染症の原因は、飛沫と細菌が体内に侵入するのみ、というお粗末さ。無菌状態の工場で加工された食品で食中毒抗生物質による治療で悪化徹底した衛生管理された病院内で感染症が流行し殺菌消毒[…]

ウイルスの自然発生説

治療できないくせに検査検査うるさいわけ

どうすれば国民を治療に追い込めるのでしょうか?

コロナパンデミックは始まりに過ぎず、多くの国民の死が差し迫っているとの危険や隔離の必要性をあおり、その隔離のおかげで数百万人の予想される死者を防いだと叫んだ結果、自分から病院に隔離されたがる者が増える

イカサマ科学で文系の人々の望む数字を作り上げ無能コメンテーターや自称専門家を使って中身のない話を展開させ偽の知識を広める

重要人物が検査で陽性になったと偽りのニュースを流し国民の同情を誘った後、医療のおかげで治ったと偽のニュースを流し希望を持たせ国民を医療に誘導する

軽症だとしても「無症状キャリア」の恐怖をあおる。症状が小さく致命的ではなくても「早く治療しないと死ぬ」などと致命的に感じるように不安を膨らませ検査・治療に誘う

患者が治療死すると「早く検査しなかったせいだ」と政治家をスケープゴートにして治療内容の是非を論じない

早期発見早期治療をやたらと勧める

患者が早めに死んだ場合に、早く治療しなかったせいだと患者のせいにできる。早く治療したせいだ早く死んだとは絶対に言わない。がん治療と共通です。病院が感染原因になると言っているのに、がん治療や手術は不要不急ではない、と都合よく解釈。国民の数を減らすのが目的なので、患者が死ぬような行いは不要不急にはあたらないのです。

あらゆる病気の治療は食事で地道に血液の状態を弱アルカリ性にしていくことしかありません。

すぐにやせる
簡単に英語が身につく
楽に金が儲かる
早く治る

早さを強調するものはたいていが嘘、そしてハイリスク・ノーリターンです。真の病気の治療は、食事で地道に血液を弱アルカリ性に変えていくので時間がかかります。手術や薬でサクッと治る、は非科学的な幻想です。

地道な食事療法でがんが取れた患者を、早期出世目当てに抗がん剤の無断投与で回復を妨害し、早期に患者を殺害して喜ぶ医師もいます。早期発見早期治療は医師だけが気持ちよくなってる医療ポルノ。賢者タイムになると自分で死体の山を作った現実に押しつぶされるでしょう。

「医者の言うことなら信用できる!」なんて甘く見ていませんか?

ペテン師はどこにでもいます。医療詐欺は金だけでなく生命まで巻き上げられます。「早く!早く!」は詐欺と心得ましょう。

治療で患者が死んだら患者の生活習慣のせいにする

たばこの吸い過ぎ・酒の飲み過ぎ・年齢・既往症のせいにして治療行為の内容については一切触れない。人工呼吸器による治療は病気の治療にはならない、とは口が裂けても言いません。

回復した患者は医療のおかげで治ったと声高に叫びつつ、軽症の患者が病院内で悪化したことはウイルスの危険性を強調して恐怖をあおる

不適切な治療だったとは絶対に言わない。コロナの危険性をあおるほど治療失敗した医師の責任は軽くなり賞賛すらされます。

抗ウイルス薬ワクチンについては、効果があったニュースは激しく報道され、効果なしというニュースは無視です。

専門家・マスコミと異なる意見をデマと決め付ける

嘘つきが嘘つき呼ばわりすることはよくある。というより、何が正しいのかを誰もわかっていない。コメンテーターも何が正しいのか分かっていない。専門家は誰かの意見をオウムのように繰り返すだけ。考える力もないから、異なる意見をデマと決めつけて自己が正しいと安心させたいのです。

物事の意味を考えずに実行する操り人形が出世する現状。抗がん剤を打ちまくり患者を殺しまくった人間が異様な早さで出世するのがいい例。専門家は全くあてになりません。

原発爆発・発がん物質入り食品・処方薬・ワクチン・ムダな検査→がん検診→早期発見→抗がん剤治療→薬物死
各種ワクチン→検査→HIV・エイズ陽性→ワクチン→薬物死
風邪・インフル・各種ワクチン→PCR検査→コロナ陽性→人工呼吸器→窒息死←NEW!

患者に内緒で抗がん剤を投与してがん死を自作自演している医師は現実に存在するわけですが、死亡診断書は薬物死はならず、がんで死んだことになります。当然人工呼吸器で窒息・衰弱死したとしてもコロナで死亡となります。私がやりましたとはいいません。医師に殺されても「コロナが憎い」と対象をすり替えていうのでしょう。

軽症なのに治療で重症化

重症の患者もいるでしょうが、軽症なのに余計な検査と治療で重症化・死亡する人が出てくるものと思われます。特に病院での治療はすべて免疫力低下を引き起こします。

思考能力のない医師はタイミングよく渡された武器と毒物を、治る器具や治療薬と誤解し善意で逆治療を行います。人口減少を狙う者がいることにも気をつけながら、自分を見失わず、自分で免疫力を上げていきましょう。

治療で悪化する患者と検査の実態からみるコロナ騒動の狙い
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!