BCGワクチンがコロナウイルスに効くというデマ

BCGワクチンがコロナウイルスに効くというデマ

BCGワクチンがコロナウイルスに効くというデマ

何かにすがりつきたいのでしょう。

溺れる者は藁をも掴むといいますが、
BCGワクチンにすがりつきたいというわけです。

誰の病気も何一つ治してこなかった専門家が、根拠もないくせにあれが効くこれが効くなど

まさに断末魔の叫びです。

正しく恐れてこのザマです。
デマに注意と言いながら、専門家もデマを流しています。

エビデンスもないのに勝手なことをいうものではありません。

BCGとは

BCG(仏: Bacille de Calmette et Guérin の略、カルメット・ゲラン桿菌)とは、ウシ型結核菌(Mycobacterium bovis)の実験室培養を繰り返して作製された細菌、および、それを利用した結核に対する生ワクチン(BCGワクチン)のこと
BCGは、実験室で長期間培養を繰り返すうちに、ヒトに対する毒性が失われて抗原性だけが残った結核菌であり、BCGワクチンはBCGを人為的にヒトに接種して感染させることで、結核に罹患することなく、結核菌に対する免疫を獲得させる(メモリーT細胞に記憶[2])ことを目的としたものである。

副作用

BCGワクチン接種後、時間が経ってから赤く腫れるのは、免疫が成立するまでに時間がかかるから、という意味のわからない言い訳があるそう。

BCGワクチンを接種する前に既に結核菌に感染した場合は免疫があるので、BCGワクチン接種後早く接種部位が赤くなるコッホ現象が現れます。つまり、コッホ現象が出たお子さんは既に結核菌に感染している可能性がある、と打った後にいうなよ、という感じです。

副作用ではありませんなどと責任逃れをしていますが、発疹や吹き出物ができるのは体内に異物を入れ、排出しようとしているから。

結核菌を入れたのだから感染するのは当たり前です。

医者のせいじゃない、お宅の赤ちゃんのせいです、と言い訳。コッホ現象なる名前をつけて医者をだまし、毒物を持たせ打たせているのです。

結核は放射線など体内の環境が悪くなれば、体内で自然発生します。特定の薬品により引き起こすこともできます。

専門家がいろんな毒物をばらまくものだから耐性菌だらけで、どうしようもなくなったのが現状です。

BCGがコロナに効くデマ

2020年3月27日、オーストラリアの研究機関、マードック・チルドレンズ研究所は、新型コロナウイルス感染症の重症化抑制に有効かどうかを確認するため、結核予防に使われるBCGワクチンの臨床試験を行うと発表した[15]。 もっとも、日本ワクチン学会は、「「新型コロナウイルスによる感染症に対してBCGワクチンが有効ではないか」という仮説は、いまだその真偽が科学的に確認されたものではなく、現時点では否定も肯定も、もちろん推奨もされない。」との見解を示している。https://ja.wikipedia.org/wiki/BCG

ワクチンなんか喜んで打ってると2019年新型コロナウイルスにかかってなくてもPCR検査で陽性

体内の環境が悪くなると2019年新型コロナにかかっていなくてもPCR検査で陽性と判定される可能性が高まります。PCR検査は正確なものではなく、自然界にあるさまざまなコロナウイルスに反応してしまうわけです。

インフルにかかったり、いろんなワクチンを打って体内の環境が悪くなったりするだけでコロナ陽性と出てしまい、新型コロナウイルスとか他の病なのか区別ができないことになります。

しかもウイルス量を測定することができないので、軽症患者なのか重症患者を判別することも難しくなります。

ワクチンで血液汚す

ワクチンは毒物です。

血液に必要でないものを入れれば、血液やその毒物を包み込んで外に排出しようとします。これが免疫力の無駄遣いになります。

病院なんかでいろんな薬を飲んで血液を汚していると後が大変ということ。既往症が重症化しやすいというのは、薬品で血液を汚染しているから、という意味です。

責任を取らないで薬品やワクチンで遊んでいたのだから医療が崩壊するわけです。日頃から余計な医療にかからないことも必要ですが今さらもう遅いです。

抗体が守るのではなく守った結果が抗体

インフルワクチン打ったにもかかわらずインフルにかかった。専門家は重症化が抑えられたというペテンにかけようとします。

体内医薬品などの毒物を入れれば抗体は簡単につくれます。

抗体を作って健康を守るのではなく、健康を守った結果抗体になっているということです。だから抗体などないほうがいいのです。

余計な抗体があればあるほど体内に毒物が残っている証拠となるからです。

体内に薬品を入れるのは治療としておすすめすることはできません。人間の体の健康は自然治癒力でしか治ることができないのですから。

薬品だらけ食品食べて放射能まみれ国民では、医者がムダな治療で妨害したけど自然治癒力でなんとなく回復、という昔のような甘えは通用しなくなったのです。

免疫力が高まると出血してワクチンを排出

何のワクチンでもそうですが、免疫力が高くなってくると、ワクチンを昔打った箇所が赤く腫れ上がり、あまりにも免疫力の強い人になると出血して、その跡まで取れることがあります。

血液が綺麗になればなるほど異物を排出する力が強まります。出血して排出が始まるということはワクチンが毒物であったということです。

免疫力は血液が弱アルカリ性を保っているときに強い

人間の病気の根本的な原因は血液がアシドーシスになるか。pHが酸性になっているわけです。人間のベストな血液のpHは7.4くらいと言われています。これが着アルカリ性と言われているもので、血液が綺麗な状態です。
この綺麗な状態を保っていれば、病気にならない体でいられるわけです。

アシドーシスから弱アルカリ性に移行する過程で抗体反応が現れますが血液を汚ししすぎてその汚い血液を出そうとするから苦しむわけです。

買い占めるのがコンビニ弁当では

コロナウイルスから生き延びたいな血液をきれいにすることしか方法はありません。どこに逃げたって空気感染ですからそのうちかかってしまうか、ウイルスの自然発生でインチキなPCR検査で陽性判定が出てムダな医療であの世逝きです。

どこにも出かけない介護施設の老人や赤ん坊が陽性なのですから。

新型コロナでないのに病院に駆け込み、高濃度の酸素を吸入して窒息死するなどまき沿いになるケースも考えられます。

しかも、外に出られないからといってコンビニ弁当やカップラーメンなどを買い占めますが、ろくな栄養が含まれておらず血液が汚れるだけ。免疫力が低下して体調不良やコロナに感染もしくは、体調不良でコロナに感染してもいないのにPCR検査で陽性と判定されて病院で治療死という結末に。

治療方法も判定方法もないのだから病院に逃げ込んで助かろうととしたって無駄な話です。逃げ込む場所は自分の免疫力しかないのです。

抗インフル薬やワクチン作成もムダ。
新薬作って治ったためしはありません。
新薬で病気が治っているなら
なぜ、こんなに新薬が世の中にあるのでしょうか。
新薬で血液汚して既往症がいつもオチです。

薬品でごまかしてたところで、どうせ半年もしたらウイルス変異で再度流行し政治家や専門家が右往左往し、布マスクを2枚配って

「竹槍で頑張ろう」

カタカナ言葉を連呼しているうちにオーバーシュートがハットトリックしてしまい患者隠蔽

「やっぱなかったことにしよう」

となるのですから。

血液の弱アルカリ性を保って頑張ろう、と言ってももう遅いと言われても仕方がありませんが。放射能対策として食事に気をつけて来た人は得をしたでしょう。

BCGワクチンがコロナウイルスに効くというデマ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!