アルコール消毒が定説になったコロナウイルス対策

アルコール消毒がいつの間にか定説になったコロナウイルス対策

アルコール消毒が定説になったコロナウイルス対策

アルコール消毒がコロナウイルスに効くことになっているけど、誰が言い出したのかな……

コロナウイルス対策としてアルコールで体を消毒することが提唱されていますが、その根拠は全く不明のまま疑いなく定説になりました。希少価値が上がりアルコール屋は大喜び。

海外で塩や酢で殺菌してるというニュースを、理由も説明できないまま間違いやデマと馬鹿にして放送するテレビ局がありましたが、正解を知っているのでしょうか?

病院内でアルコール消毒が使われているから、くらいの理由なのでしょうが、医療で使われているものなら何でもOK、とでも思っているのでしょうか?

アルコール飲みすぎが悪いわけ

アルコール飲みすぎが悪いわけ

消毒するのにはアルコールは有効だけど、飲みすぎると体に悪い

という人がいます。全くの間違いです。

体に悪いものならば消毒にもなりません。アルコール消毒を傷口にすると傷あとが綺麗に残ります。

血液が弱アルカリ性になっていくと、傷口が消毒に使ったアルコールが出血して傷口が崩壊します。体には不要である証拠です。

病院内で感染症流行

病院内で感染症流行

病院内で感染症が突然の流行を見せることがあります。

その原因として徹底した殺菌消毒が挙げられます。殺菌消毒ばかりしていると細菌が耐性を持って薬品が効かなくなってしまうのです。

細菌には良い菌・悪い菌・どっちでもない菌があります。環境が悪くなると、どっちでもない菌が悪い菌に変化します。

殺菌消毒をすると一時的に菌が減りますが、その後に悪い菌がどんどん増殖します。殺菌消毒は自然界にとって異常な行為で、細菌からすると毒物攻撃でしかありません。

その毒物を分解するために悪い菌が出てきて毒物を分解しようとします。環境を悪くするから悪い菌が増えるのです。悪い菌が悪いのではなく、菌を攻撃した人間が悪いのです。学校環境が悪いと普通の生徒がどんどん不良になっていくのと同じです。

アルコール消毒をすると環境が悪くなり、悪い菌が増えやすい状態になるということです。

アルコールを飲んでいる人が体が悪くなりやすいのは、体内の環境を悪くしたせいです。体内の環境の悪さとは血液が酸性に傾くことです。

薬用石鹸やアルコールでの殺菌などで悪い菌が増えやすい環境ができるわけですから、コロナウイルス対策にも有効とは言えないでしょう。街中をあちこちアルコール消毒していることで何が予想できるでしょうか?

封じ込めたと思いこんだ矢先の再パンデミックです。

アルコールで長生きは当てにならない

アルコールで長生きは当てにならない

長寿の人間がアルコールは百薬の長と言っていますが、はっきり言って飲んでいるのは少量。

しかも、そんな年寄りに限って骨が丈夫で若いときの食生活がよかったので、少しくらい飲んだって問題がありません。貧しかったとかほざいているようですが、添加物・薬品・遺伝子組み換えまみれの現代食に比べてはるかに良好な食生活でした。

アルコールで体温が上がり、血流がよくなりコロナ対策にいい、と言い始める始末に負えない自称専門家。飲酒は血液を酸性にして血流が悪くなり低体温症を招きます。当然、免疫力低下を意味します。

「アルコールで長生きできる」を真に受けた若者がアルコールが強いなどイキッて浴びるほど飲み、体が弱くなり老化が進んだり、太ったりする容姿の劣化なども注意です。

アルコールは病気の原因酸性血液を招く

アルコールは病気の原因酸性血液を招く

アルコールは酸性の物質です。人間の病気の原因は血液の酸性化です。酸化ストレスや抗酸化物質などと言ってごまかしてる専門家も増えています。

人間の血液は、弱アルカリ性になると健康状態がよくなります。反対に、血液が酸性になればなるほど具合が悪くなり、病気になり多種多様な症状が現れます。

血液の酸性化が病気の原因なので予防したり、治りたければ、酸性化を止めて弱アルカリ性に戻していく必要があります。この血液のpHの重要さを専門家は全く教えられていないどころか、目先の出世や金のために懸命に隠そうとする者までいます。

すい臓から出る消化液の成分はアルカリ性の重曹なのですが、口が裂けても言えません。すい臓がんの手術と称して切る者は無知で愚かです。うまくいかないのは当たり前です。

酸性にならない無害な成分で

酸性にならない無害な成分で

殺菌消毒したいなら血液が酸性にならない物質で、人間の体に無害なものを選択する必要があります。

アルコール消毒液ばかりが強調されて価格が高騰し泥棒までする人も現れ、つまらない万引きを殊更に強調し希少価値を上げようとするマスコミ。

このような高価で不健康なものをみすみす選ぶことはありません。お金をかければかけるほど続ける気力がなくなります。

人間の体に全く害がなく、環境を悪くしない成分のものがご親切に販売されています。

病人治せない専門家の言うこと聞いても対策失敗

アルコールでウイルスを攻撃して殺菌消滅させようとしたって無駄。耐性菌ができてあっという間にやられてしまいます。人間はウイルスに勝つことはできません。

ウイルス殺すことよりも体をいい状態に保ち、血液が酸性にならない生活をすること。免疫力アップとは血液が酸性にならないことを意味します。

健康状態を良くして、マスコミや自称有識者の無能な対策に振り回されず、健康状態をよくして闘病しても勝てないウイルスに対抗しましょう。




アルコール消毒が定説になったコロナウイルス対策
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!