免疫力を低下させる放射線治療と人工呼吸器でコロナウイルスコラボで早死に

免疫力を低下させる放射線治療と人工呼吸器とコロナウイルスコラボで早死に

免疫力を低下させる放射線治療と人工呼吸器でコロナウイルスコラボで早死に

不要不急のがん治療なんかやってると、こんどはコロナウイルスによる波状攻撃。

早期発見早期治療が早期発見早期火葬になります。
コロナウイルスに簡単にやられてしまうほど免疫力を低下させる医療など、とっとと崩壊したほうがマシなのかもしれません。

がん治療における3大療法の一つ、放射線治療の弊害とコロナウイルスとの関係をここで見ていきます。

放射線治療とは何なのか

放射線治療とは、放射線を当てることによってがん細胞を破壊する、といった無茶な治療のことです。

原爆落とされて被曝して原発爆発で被曝、さらに自分から金積んで医療被曝ですから、レンチンや5Gなどの電磁波被曝も含めて日本国民はどれだけ放射線が好きなのでしょうか。

放射性物質が赤血球と結合することにより、赤血球ががん細胞に成長します。そのため、放射線治療は全身ががんだらけになります。世間的には全身がんと闘病したことと扱われます。

血液がアシドーシスという酸性の状態になるので固まりやすくなります。その結果、血栓ができて血管が詰まり破裂するといった現象が起こります。脳血管が破裂したり、血液の酸化により骨がもろくなって太い骨が骨折することもあります。

この一連の症状を治療の副作用と世間では呼んでいます。

がんの原因は放射性物質と発がん性物質

ちなみに糖分ががん細胞を大きくさせるという人がいますが、

糖分はがん細胞だけでなく、細胞のえさになるので糖分を控えることによりエネルギーの補給ができなくなり、正常細胞にエネルギーの補給ができなくなり免疫力の低下になりかねません。

がんの大きさに夢中になっても意味がなく、その原因となっている血液の酸性化を止めることが必要。体内に発癌性物質や放射性物質を体内に入れることをやめることです。

がんの原因が病院で処方されている薬ということもあります。しかし医師という専門家に限って処方薬の副作用を調べようとしないも輩が多く、自分で喜んで原因を作っているものも多数います。わざと遠回りして運賃かせぐタクシー運転手と頭の中は変わりません。

火に油を注いでいるのに火が消えるわけがない、という当たり前のことを理解しましょう。

コロナウイルスは赤血球を媒介して侵入

コロナウイルスと赤血球には関係があります。
体内に侵入してくるウイルスは赤血球を媒介して侵入します。マラリアの感染も同じメカニズムです。

その赤血球は最終的には細胞や臓器に変化していきます。血液の弱アルカリ性を保っていれば、赤血球の状態がよく正常な体となり異物やウイルスは排出させやすいですが、

放射線治療などを受けて血液のアシドーシスが進んでいると体内にウイルスが取り込まれやすく、排出しにくい状態になってしまいます。

つまり、血液のアシドーシスを止めることが治療になることがわかります。血液のpHを弱アルカリ性にすることにより、赤血球についた異物やウイルスを排出できる可能性があります。

赤血球が細胞や肉体に変化しても血液の弱アルカリ性が進むと逆分化作用も正常に進み、体内の毒素を排出することが可能になります。

普段からアルカリ性食品を食べておく必要があるということです。そして病院にかかればかかるほど、薬品や放射線により、血液はアルカリ性どころか、酸性化を進め病気になりやすい体になります。

血液が汚れて酸性になっている人はアルカリ性に戻ることにより、回復の過程に欠かせない好転反応が現れます。好転反応を知らない無知な医師は、病気の悪化と誤解してさらに無駄な治療を重ねることにより、治りかかった患者を死に至らしめるので要注意です。

酸素濃度を計測しても無意味

血中の酸素濃度を計測しても無駄です。

人が生まれたときから死に向かって生きているのは、毒である酸素を吸わないと生きていけないから。

血中酸素濃度が低いと判定されれば、高濃度酸素吸入で血液が急激に酸化し、血栓化し早死にするだけ。酸素が多すぎて、赤血球に空きがなくなりウイルス排出ができなくなります。酸素濃度よりpHを気にするべきです。

人工呼吸器を不自然なほど無理やり推してくるのは、コロナに便乗して患者を早死にさせ人口を減少させるのが狙いなのでしょうが。

治療で死んだのを、コロナウイルスて死んだことにすりかえて恐怖を煽るマスコミ。馬鹿なタレントは、治療で早死した患者をみて、早く治療をしなければ治らないと現実を逆に解釈。

だまされた国民は早期検査が大切と病院に殺到し、人工呼吸器での窒息死に誘導されます。この作戦の成功率を高めるために、がん治療に代表される免疫力低下療法が進められてきたわけです。

放射線と細菌

放射線量の増加により、体内に悪い細菌が増えます。

赤痢や腸チフスなども流行を見せていますが、放射線量の増加によって、血液がアシドーシスに傾きやすくなり悪い菌が発生したということ。感染などしなくても悪い菌は体内から自然に発生しますが放射線治療で悪い菌も発生します。

PCR検査が仮に仮に精度が低いとすれば、コロナウイルスにかかっていなくても体内に発生した悪い菌をコロナウイルスにかかったものと判定されることになります。

PCR検査の精度が高く、本当の新型コロナウイルスに感染したとすれば放射線治療によってアシドーシスが進みさらにその症状が悪化。

コロナウイルスの治療として日本の医師は抗インフル薬などの薬品と人工呼吸器が治療になるとの妄想から抜けられないため、治療行為で急激に血液の酸化が進んであの世行きということに。アビガンなんか効くことになっている始末です。検査の精度が低くても高くても、結局は治療法がデタラメなので同じということです。

コロナウイルスに感染していなくても、がん治療であの世行きになっていた可能性も高く、余計な治療をしていればどのみち死亡していた可能性が高いです。

コロナウイルス死の前提としてのがん治療

放射線治療は抗がん剤のようなリスクがないからといって選択する金持ちも多いようですが全く安全ではありません。

今回のような新型コロナウイルス騒動が起こっている以上、血液のアシドーシスを進めて免疫力を低くしてはならないのです。早期発見早期治療などやっているから急なウイルス攻撃に太刀打ちできないのです。

患者に内緒で抗がん剤を打ってがんが進行したように見せかけるペテン治療で、患者の命を奪って点数稼ぎや出世競争に勝とうとする医師もいる業界。口封じのために患者を麻薬で早期殺害は日常茶飯事ですから麻薬の数が合いません。そんな医療のアドバイスなんてまともに聞けたものではありません。

普段から病院にかかり付けているとコロナウイルスにもかかりつけることになりますよ。次に流行するのは治療が原因の合併症でしょう。

免疫力を低下させる放射線治療と人工呼吸器でコロナウイルスコラボで早死に
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!