アルカリ性食品を食べられないネコとコウモリの血液とコロナウイルス

アルカリ性食品を食べられないネコとコウモリの血液とコロナウイルス

アルカリ性食品を食べられないネコとコウモリの血液とコロナウイルス

コロナウイルスに対応するには血液を知ること。
人間の血液だけではなく、動物の血液も知る必要があります。

人間とどう違うのか?
コウモリと関係ある?

コロナウイルスを作成した人だってそのことをわかっていてやっている可能性が高いです。調べれば調べるほど、一部の人間だけに作用するように細工されている節もみえてきます。

ネコがアルカリ性食品を食べられないわけ

ネコのタマネギ中毒では、赤血球が壊れて貧血が起こります。

タマネギやネギ、ニラ、ニンニクなどのネギ類をたべたことが原因で起こります。これらは抗酸化作用の強いアルカリ性食品です。

ネコは血液のpHはヒトと大差ないものの、アルカリ性を維持する力が強いので、人間のように野菜を食べる必要がありません。肉食でも体が悪くならない、というより肉食のほうが健康になれるのです。

タマネギ中毒の原因となるのは、有機チオ硫酸化合物と呼ばれる物とされ、赤血球を酸化させ、赤血球が壊されやすくなるため、とされています。

血液が溶解するのは血液の逆分化作用であり、アルカリ性になった場合に起こります。ネギ、ニラ、ニンニク、タマネギは抗酸化作用が強いアルカリ性食品です。

コウモリがコロナウイルスの宿主となっても平気でいられるわけ

新型コロナ、コウモリ由来の可能性=研究
香港大学の研究チームが、新型コロナウイルスはアジアに生息するコウモリに由来する可能性が高いとする研究結果を発表した。https://www.nna.jp/news/show/2043982

コウモリは、血液のアルカリ性を維持する力が強く、個体差がなく、拒絶反応がなく、他のコウモリに血を与えられます。病原菌を取り入れても、人間みたいに血栓ができず排出。宿主になっても感染して苦しまずにすむと推測できます。コウモリが由来なのではなく、コウモリを研究して作ったものをばらまいた、のかもしれません。

このコウモリの遺伝的特徴を理解してコロナウイルスを作成したものと推測されます。

血液が酸性になってこまる生物にだけ作用する仕組みです。アルカリ性になってこまる生物には効かないと推測されます。

血液pHと細胞内pH

細胞内pHは中性7.00で,血液pHは7.40とアルカリ性に傾いています。

一定のpHを維持しようとするのは、relative constant alkalinity と呼ばれる機能で、ほとんどすべての動物に適用され、生体機能維持に重要な役割を果たしています。細胞内で産生される有害代謝産物のほとんどが酸性だからです。pHの低下は細胞内・血液中に有害代謝産物が多いことを示します。

血液pHの変化で生体の調節機構は働きます。血液中のH+が増加し、血液pHが低下します。H+が増加したH+を減少させるためにH+(酸)がK+(アルカリ)と交換に細胞内に入りpHを維持します。電子の出入りを示す酸化還元反応といってもいいでしょう。ネコは血液がもともときれいで、酸性食品を食べても血液が固まらず、還元する力が強い生き物でコウモリはそれ以上、と考えられます。

血液の汚い人間だけ狙い撃ち

血液の汚い人間だけ狙い撃ちにする特徴が見えてきた新型コロナウイルス。血液のpHなんて製薬会社でも必死になって隠すほど触れたくない事項。

一流の研究者がありもしないAIDSやHIVの研究で生計をたてる現代医学のレベルの低さ、コウモリの血液の特徴まで押さえた上で作成したのならよほどの頭脳で未来人か文明の発達した謎の第三国の関与でも疑いたくなるできのよさです。

アルカリ性食品を食べられないネコとコウモリの血液とコロナウイルス
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!