COVID-19新型コロナウイルスは血液が問題だから全身に影響

COVID-19新型コロナウイルスは血液が問題だから全身に影響

COVID-19新型コロナウイルスは血液が問題だから全身に影響

全身に影響のある新型コロナウイルス治療の核心とは何なのでしょうか?

無成長の役立たず専門家芸人がくだらない知識でお茶の間汚し小遣い稼ぎに走って醜態さらす昨今。

見かけの症状ばかりに目を奪われていると、収束したように見せかけて変異したウイルスに対応できませんよ。

全身に影響がでる

研究チームは、COVID-19が内皮細胞(血管内層細胞)に損傷を与え、深刻な内皮損傷を引き起こしたことを観察しました。

COVID-19患者は広範囲の血液凝固と新しい血管の成長を示し、後者はおそらくウイルスに対する体の反応の結果であることが観察されました。

研究チームはまた、COVID-19のいくつかの症例では、同等に重篤なインフルエンザウイルス感染のそれと比較して、肺血管疾患の進行の特徴的なパターンの兆候を見ました。
https://www.thailandmedical.news/news/breaking-covid-19-news-autopsies-of-deceased-covid-19-patients-reveal-distinctive-lung-features

研究チームは、3月26日から4月22日の間にニューヨーク市のマウントシナイモーニングサイドに入院したCOVID-19患者105人の健康記録を調べました。

研究の詳細から、研究対象の105人の患者のうち、32人または31%が心エコーまたは心臓の超音波に基づいて右心室の拡張を有していました。これらのうち、41%が研究期間の終わりまでに死亡したのに対し、右心室の拡張がない患者の11%が死亡しました。

Journal of the American College of Cardiologyに掲載が認められた研究によると、右心室の拡大が、このCOVID-19患者のグループの死亡率と有意に関連した唯一の変数であることが観察されました。
https://www.thailandmedical.news/news/covid-19-latest:-medical-researchers-say-that-right-ventricle-enlargement-of-the-heart-is-a-major-predictor-for-mortality-among-covid-19-patients

警告!COVID-19患者も甲状腺感染症を発症する可能性がある
出典:COVID-19ニュース2020年5月21日2日前
COVID-19:ピサ大学病院のイタリアの医学研究者は、COVID-19感染も特定の患者に亜急性甲状腺炎を引き起こす可能性があると述べています。

通常、亜急性甲状腺炎は、首の痛みを特徴とする炎症性甲状腺疾患であり、通常、上気道感染症が先行します。それはウイルス感染またはウイルス後の炎症反応によって引き起こされる可能性があり、多くのウイルスがこの疾患に関連している。
https://www.thailandmedical.news/news/warning-covid-19-patients-could-also-develop-thyroid-infections

COVID-19肺塞栓症:デトロイトのヘンリーフォード病院の医学研究者は、肥満がCOVID-19を悪化させ、肺に致命的な血栓を引き起こす可能性があることを発見しましたが、そのような肥満患者でのスタチンの使用は実際に発症する可能性を減らしますそのような血栓。https://www.thailandmedical.news/news/covid-19-pulmonary-embolism-study-shows-statins-help-obese-covid-19-patients-who-have-higher-risk-for-dangerous-lung-clots

糖尿病とCOVID-19:COVID-19に感染した糖尿病患者が血糖値をコントロールすることが重要であることが研究で示されている
https://www.thailandmedical.news/news/diabetes-and-covid-19-study-shows-that-it-is-critical-for-diabetics-infected-with-covid-19-to-control-blood-sugar

神経症状のあるCOVID-19患者の44%(27人中12人)がMRIで急性所見を示しました。皮質FLAIR信号異常は27例中10例(37%)に見られました。3人の患者で、付随する皮質下および深部白質の信号異常がFLAIR画像に存在しました。脳脊髄液は、皮質信号異常のある患者10人中5人から得られた。総タンパク質は4人の患者で上昇しました。5つの検体すべてにおいて、逆転写ポリメラーゼ連鎖反応アッセイの所見は、重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)で陰性でした。
https://www.thailandmedical.news/news/breaking-news-covid-19-latest-shocking-discovery-that-many-covid-19-patients-in-icu-have-abnormalities-detected-on-brain-mri-scans

COVID-19の臨床的ケア:COVID-19感染からの一般的な発生として現れる腎不全
出典:COVID-19 Clinical Care 2020年5月12日11日前
COVID-19クリニカルケア:ノースウエスタン大学の新しい研究によると、多くのCOVID-19患者は急性腎不全のリスクがあります。急性腎不全は急性腎障害 (AKI)とも呼ばれ 、COVID-19の深刻な合併症です。これは過少報告されており、よく理解されていません。https://www.thailandmedical.news/news/covid-19-clinical-care-kidney-failure-emerging-as-a-common-occurrence-from-covid-19-infections

COVID-19警告!SARS-CoV-2コロナウイルス感染は休眠中の結核を活性化する可能性がある
出典:COVID-19警告2020年5月9日14日前
COVID-19の警告:まだ査読されていない新しい印刷前の調査結果は、SARS-CoV-2コロナウイルスが特定の個体の休眠中の結核菌を活性化する可能性があることを警告しています。新規コロナウイルスは、ヒト宿主における休眠中の結核の活性化を加速する幹細胞媒介防御機構を活性化することがわかった。COVID-19警告!SARS-CoV-2コロナウイルス感染は休眠中の結核を活性化する可能性がある
https://www.thailandmedical.news/news/covid-19-warnings-sars-cov-2-coronavirus–infection-could-activate-dormant-tuberculosis

速報!COVID-19の研究:研究によると、COVID-19で致死的なサイトカインストームを引き起こす原因は血糖である可能性がある
https://www.thailandmedical.news/news/breaking-covid-19-research-study-shows-blood-sugar-could-be-responsible-for-triggering-lethal-cytokine-storms-in-covid-19

速報!COVID-19治療:抗凝固剤または抗凝血剤はCOVID-19患者の死亡率を改善するhttps://www.thailandmedical.news/news/breaking-covid-19-treatments-anticoagulants-or-blood-thinners-improve-mortality-rates-of-covid-19-patients

上記は翻訳済みです。

血液の問題だから全身に影響ある

コロナウイルスで、体調が悪くなるのは血液の問題だから。肺が悪くなるから人工呼吸器、腎臓が悪いから人工透析などデタラメやってると血液があっという間に酸性化して血栓化してあっという間に死ぬことになります。

コロナウイルスは血液の問題です。血液をきれいに保つしか回復する方法も予防する方法もありません。

ワクチンは予防
治療は薬

こんなでたらめなこと言ってるうちはいつまでたっても治りません。

回復するのも予防するのも同じことです。血液の酸性化が進んでいなければ、コロナウイルスやその他の病気にもかからず風邪すら引きません。血液の酸化が進むと、異物やウイルスの排出に時間がかかって症状も大きくなります。

血液の酸性が進んでいるかどうかが問題ですから、予防はできるけど治療ができない、はデマ。予防できると思いこみは患者の免疫力に頼っていたのを専門家が自分の手柄のように吹聴していただけの話です。

いつの間にか肺炎が強調されなくなった

コロナウイルスは当初、新型肺炎と呼ばれていましたが、いつの間にやら肺炎の部分を強調することが少なくなりました。

肺炎に対して人工呼吸器を使っても具合が良くなるどころか悪くなるだけで、人工呼吸器の病気の治療として使うことはできません。

保険点数を稼げるので新型の人工呼吸器をどんどん投入したい様子がうかがえますが、コロナウイルスの対策には全くなりません。血栓ができてよけい悪化です。

血管神経は赤血球からできる

血管や神経など体のすべての期間は赤血球からできています。

赤血球が成長して細胞になり、各器官を構成するのです。そして、その赤血球は全身を駆けめぐっています。

人によって血流の悪い部分が異なります。人によって弱点は異なります。血流が悪い部分に血液がたまり炎症となるわけです。それが脳血管に出たり腎臓に出たり、その人の弱点と言われる箇所を集中して悪化するのです。

臓器別に診療科を分けるのは愚の骨頂ということです。肺が悪いから肺だけみる、心臓が悪いから心臓だけみる、では絶対に治せません。原因ではなく結果だからです。結果をいじくり回しても原因はそのままあるので結果は発生しつづけます。専門家の科学的治療が聞いてあきれます。死ぬような原因を専門家が作るから治療死が止まらないのです。

ウイルスと結びついた赤血球が病的に成長した

赤血球は鉄でできていて、ウイルスと結びついて病的成長した細胞に成長します。ウイルスを取り込んだまま体内に埋まってしまうわけです。

血液の分化作用が働きすぎることにより、取り込まれたウイルスが体内に残されてしまうわけです。そして赤血球には逆の作用もあります。人間の器官や細胞が元の赤血球に戻る機能があります。これを血液の逆分化作用といいます。

血液が弱アルカリ性などのいい状態に変化した場合、断食を行った場合など活発に働くことになります。断食は逆分化作用で骨を溶かし、ミネラルを血中に排出し、アルカリ度を上げています。

ウイルスと結びついた赤血球は体積が大きくなるから心臓肥大

ウイルス結びついた赤血球が細胞になり、血管や心臓の器官にも変化します。余計なものがついた状態ですから心臓は肥大します。

サイトカインストームではなく赤血球

サイトカインストームという免疫の暴走のせいという人がいますが、この考え方は危険です。免疫力を低下させる薬を飲ませることになるからです。

免疫抑制剤は何の治療にもなりません。それどころか、がんだらけになったり、免疫力低下を招きコロナウイルスから回復不能になります。偽免疫知識を信じ込み、このような毒薬を飲ませている医師には大きな罪があります。

サイトカインストームではなく血液が問題です。全身を駆けめぐっている赤血球にウイルスがとりついたまま体内に取り込まれるのが問題です。

赤血球にウイルスが取りついたものをどう取り除くかが問題なのです。それが還元反応です。免疫が正常に機能するのは血液が弱アルカリの状態下です。

このことを誰も指摘しません。免疫機能を正常化させられないなら免疫学など修めても無意味。免疫力が高いというのは、異物を排出する血液の逆分化作用が正常に働いていることと同義です。

腎不全は血液の酸化

コロナウイルスによる腎不全も指摘されています。現代医学では腎臓は治らないと教義のごとく決めつけられていますが、血液の弱アルカリ性に保つことによって回復します。腎臓の機能が知れると商売にならないのでしょう。

腎臓が悪くなるのは体内の毒を取り除こうとしているから、そのために使われるのが重炭酸イオンです。毒は酸ですから、重炭酸イオンで中和するのです。血液の弱アルカリ性が保たれていないと重炭酸イオンが少なくなり、血液はアシドーシスのままです。

人工透析は腎臓に血液を通過させないので、血液の酸が中和できずアシドーシスがひどくなり早死にします。腎臓のろ過機能ばかり強調して中和できていないのです。人工透析はお金が儲かるので、その欠陥を指摘すると怒られます。

また、病院に入院すると塩抜き食を食べさせられますが、血液を弱アルカリ性に保つ塩分が少ないので免疫力が低下します。塩分控えめが健康、などというデマを調べもしないで御用専門家連中はよく広めたものです。

肥満は血液が酸化している

肥満の患者がコロナウイルスに感染しやすいと言われています。肥満している人は血液がアシドーシスの状態であり、血液の分化作用ばかりが強く働いているのでウイルスを取り込んだままになりやすいです。

体の大きな人のほうが、血液の分化作用で体を大きくするばかりで、たまったウイルスを排出する逆分化作用が弱く、感染して悪化する傾向が強いことは推測できます。スペイン風邪でも丈夫そうな若者の死亡が指摘されています。

血液の凝固は酸化だから酸化を抑える抗凝血剤はCOVID-19患者の死亡率を改善する

血液が固まるのは血液が酸性化している場合です。血液が溶けやすいのは、血液が弱アルカリ性を保っている場合です。

そのため血液の凝固を止めることにより、赤血球に結合したウイルスが取り除かれやすくなります。

ウイルスが赤血球に結びつくのは酸化反応だとすると還元反応を起こすことになります。そのためには、血液を弱アルカリ性にして電子を積極的に吸収することです。

薬品よりもアルカリ性食品を食べるのが最も手っ取り早いです。基本は野菜類です。肉ばかり食べてきた体の大きい民族はコロナで悪化しやすいと推測できます。菜食をしてきた日本人も食が劣化し、無駄な医療にどっぷり浸かっていますので気を抜けません。

第2波とまがいものワクチン薬品に警戒

いつの間にやら新型コロナウイルスに感染する患者が少なくなりいつの間にか収束。というのも、初めからそのような計画だったからです。閉じこもってるだけで5月に入ってから急激に患者が少なくなるなんておかしな話。発表する数字なんていくらでもごまかせます。政治家もヘラヘラ半笑いで会見するもの納得ですよね。

しかし、第2波があります。
そしてワクチンはできません。

血液を弱アルカリ性といういい状態に保つことでしか予防も回復もできないからです。それでもワクチンができたというなら間違いなくまがいものです。

政治家がコロナウイルスがなくなった、収まったと言ったからといって現実が変わるわけではありません。

今のうちから血液をきれいにしておくこと。コロナウイルス騒動が収まってヒャッホーと叫んでいたら第2波がきて、あっという間にやられてしまったということになりかねません。気を抜くのは時期尚早です。そして政治や行政には全く期待しないほうがいいでしょう。

COVID-19新型コロナウイルスは血液が問題だから全身に影響
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!