コロナウイルス認知症を引き起こす人工呼吸器と放射能被曝と死の原因

コロナウイルス認知症を引き起こす人工呼吸器と放射能被曝と死の原因

コロナウイルス認知症を引き起こす人工呼吸器と放射能被曝と死の原因

脳炎から認知症になる可能性も 専門家危惧するコロナ後遺症
2020/06/16 06:00女性自身
https://news.goo.ne.jp/article/jisin/life/jisin-https_kgadmin.jisin.jp_p_1869076.html
脳炎から認知症になる可能性も 専門家危惧するコロナ後遺症

「新型コロナウイルスは、回復後に後遺症が残るケースが全世界で報告されています。肺へのダメージや血栓を引き起こす症例が知られていましたが、記憶障害の症例も伝えられるようになってきました」(医療ジャーナリスト)

連日増え続ける新型コロナウイルスの感染者。完治後も後遺症に苦しむ事例が徐々に明らかになってきた。なかでも、注視すべきなのは、この記憶障害のケースだ。

「3月に新型コロナウイルスに感染し、髄膜炎を発症した山梨県内の20代男性が退院後、直近1〜2年間の記憶を失っていることが判明しています。また、4月初旬に感染した埼玉県内の60代男性は多臓器不全となり、人工心肺装置・ECMOによる治療の結果、1カ月後に奇跡的に回復。しかしながら、この男性もせん妄(意識障害)の後遺症を起こしていました」(全国紙記者)

ウイルス学に詳しい○○教授はこう語る。

「新型コロナウイルスで脳炎となり、記憶障害が起きた事例が見られています。脳炎の後遺症には手足のまひや言語障害といった症状もあるので、記憶障害だけというのも、多様な症状が出る新型コロナの特徴かもしれません」

なぜ記憶障害が起きたのか――。

「山梨県の症例では、病院側が鼻の奥の嗅神経から脳にウイルスが侵入したことを推察しています。侵入した場所が記憶をつかさどる脳細胞に近いため、記憶に影響が出たのではないかと考えられます。今後、新型コロナで神経や脳が損傷を受けるケースがまとめて報告されることになるでしょう」(○○教授)

人工呼吸器で窒息する

人間の吸う空気は自然の作り出したものでなければなりません。

人工的に作った空気では電子が足りません。そのため、人工呼吸器で酸素や合成空気を吸わせたとしても具合が良くなるどころか悪くなってしまうのです。

酸素が体に良く二酸化炭素は体に悪い、という単純なものではないのです。自然がつくりだした空気でなければ酸素も体に悪いのです。

正常な呼吸のメカニズムは以下の通りです。

XO2 → CO2

自然の作り出した空気には生体物質Xが含まれています。それが炭素Cと等価交換の関係になっています。

自然が作り出してたものでない人工的な空気にはXがありません。この場合の酸素は、一酸化炭素となり窒素を作り出します。そして窒息したり、血栓ができたりしてしまうのです。人工的に作った空気は酸素も毒ということです。

O2(酸素)→ CO(一酸化炭素 分子量:12+16=28)→ N2(窒素 分子量:14+14=28)

◀酸素(O)が劣化しすぎると窒素(N)になる。電子が減るのではなく原子番号が減る。ちなみに、アルミニウム濃度が上がる透析脳症はアルミ鍋が原因(笑)ではなく、体内のリン・骨中のケイ素をアシドーシスで劣化させすぎた人工透析が原因。リン(P) → ケイ素(Si)→ アルミニウム(Al)

一酸化炭素中毒になった患者から一酸化炭素が検出されないことがありますが、一酸化炭素が窒素に変換されているので気がつかないのです。

劣化した酸素は一酸化炭素になり、窒素を作り出します。

そして人間の具合が悪くなるのは、空気中の窒素の割合が増えることにあります。窒素の「窒」は窒息のもとです。

生体物質が含まれていない酸素から窒素が発生するというのは元素転換によるものです。従来の科学を信じていてはいつまでたっても何の説明もつきません。

そして、原子力発電所の事故により、関東や東京周辺は空気が酸化しています。空気中に窒素が多い状態となり、普段から呼吸困難になりやすい環境です。そのため、現在の都心部に行くと喉が痛くなります。そして、喉を使うお仕事の人が声が出なくなってしまうのです。

血液が酸化しやすくなると血流が悪くなり血栓ができて、脳神経が働きません。

深く考えることができず暴れたり、キレる人が増えたり、くだらない犯罪に走る偉い人、狂った政治家、患者に無断で抗がん剤投与で毒殺し、がん死にみせかけて点数を稼ごうと良心を欠いた短絡的な行動に走る医師まで現れるのは科学的な原因によるのです。

これらを被爆症状という人がいますが、空気が酸化して血栓ができやすくなるのが原因です。病人が増えるし、ホルモンバランスの異常により同性愛者が増えます。都会は空気がきたないのでこれらの現象は顕著です。

また血液は全身に回りますから、最も血流の悪い場所にウイルスが留まります。患者によって症状が異なります。しかし、その原因は全く同じ血液にあります。

鼻から吸ったから近い脳に影響が出たんだ、という単純な頭で教授になれたのですから、そのことのほうが驚きです。そりゃ治療も永久に無理です。

人工呼吸器で血栓

血栓ができるのは血液中に生体物質Xが足りなくなったからです。血液の酸化が止まらず、酸化した血液どうしがくっつき塊になってしまうのです。

吸わせる空気は自然の作った新鮮なものでなければなりません。そうでなければ窒息します。コロナウイルスのせいなのか、人工呼吸器のせいなのかをはっきりさせるといいでしょう。

「コロナウイルスに治療法はないのだから、できる治療はすべてやってみる」などと威勢のいいことを言っている者がいましたが、よくよくみたら、血液を酸化させるような治療法ばかりです。これだけひっかき回して死なない患者に拍手を送りたい気持ちがわくのが自然です。

メトヘモグロビン血症(メトヘモグロビンけつしょう)とは、血液中にメトヘモグロビン(MetHb)が多い状態を言う。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E8%A1%80%E7%97%87

メトヘモグロビン(Methemoglobin)は、ヘモグロビンの一種であり、通常のヘモグロビンに配位されている二価(フェロ)の鉄イオンが三価(フェリ)のものである。メトヘモグロビンは、酸素を運ぶことができない。

一般の人では、ヘモグロビンの1-2%がメトヘモグロビンである。これよりも数値が高い場合には、遺伝的要因か様々な化学物質への曝露が可能性として考えられ、高い数値の程度に応じてメトヘモグロビン血症として知られている健康問題の原因となる。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A1%E3%83%88%E3%83%98%E3%83%A2%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3

簡単にいうと、酸化した血液のことです。一般的な原因は、医薬化合物、窒素酸化物です。みなさんの大好きな処方薬も原因に含まれています。

メトヘモグロビンの飽和度は、メトヘモグロビン(metHb)のヘモグロビンとのパーセンテージで表現されます。

メトヘモグロビン(metHb)飽和度
1-2%通常
10%以下 症状なし
10-20%皮膚の変色のみ(鼻粘膜で最も目立つ)
20-30%不安・頭痛・作業時の呼吸困難
30-50%疲労・精神錯乱・めまい・頻呼吸・動悸
50-70%昏睡・発作・不整脈・アシドーシス
70%以上死亡

人はメトヘモグロビンの増加で病気になり死亡します。放射能での体調不良や異常行動の理由も、メトヘモグロビンの増加で理解できます。汚い血液がたまりすぎて、おかしな行動に走る人間が出てきましたが、それも経済優先の社会が生み出したようなものですが。

誰もが目を背ける放射能問題とコロナウイルスのコラボは、ローマ人同様に罪を作り続けた国民に対する罰といえます。自然のない都心部で、コンビニ弁当食って酒飲んで健康でいられるわけがありません。芸能人の不祥事・異常行動も偶然ではなく、若者は体調不良で早死にです。

(CNN) 新型コロナウイルスに感染した30~40代の患者が脳梗塞(こうそく)を併発する症例が相次いでいる。米ニューヨークのマウントサイナイ病院が22日に報告した。

同病院によると、新型ウイルスの感染者で病院があふれ返っているという話を聞き、救急車を呼ぶことをためらう患者もいるとみられる。

新型コロナウイルスをめぐっては、血栓を引き起こしたという報告が増えており、結果として脳梗塞を発症したと思われる。https://www.cnn.co.jp/usa/35152843.html

健康で長生きしたければ、メトヘモグロビンをヘモグロビンに再還元させて減らすことです。

メトヘモグロビンは、次のメカニズムでヘモグロビンへ再還元される。

シトクロムb3による再還元、シトクロムb3はNADHにより再生される。
アスコルビン酸による再還元、生成したデヒドロアスコルビン酸はグルタチオン、NADHによりアスコルビン酸に再生される。
グルタチオンによる再還元、生成した酸化型グルタチオンはNADPHにより還元型グルタチオンに再生される。

アルカリ性食品を食べればいいだけの話です。上記の物質の投与では体に不要と認識され、失敗することが予想されます。

酸化した血液が脳血管に詰まり認知症

血液の中心的な存在である赤血球はヘモグロビンがありますが鉄でできています。さびた鉄入りの赤血球が不完全な細胞に成長し詰まってしまいます。

細菌の専門家は「血管!血管!」とやたら叫びますが、血管は赤血球から作られます。赤血球の状態が悪ければ、血管の具合が悪くなります。血管に手を加えて治療することは不可能です。血管の元である赤血球に問題があるのですから。

酸化した血液が脳に回り、脳血管をふさいで脳の血流が悪くなり認知症になる、ということです。血液の酸化が原因で認知症になるということは、その逆のことをすれば治るということです。認知症の薬など飲んだって治りません。それどころか、赤血球に化学物質が結びつき、血管につまり、さらなる認知症や異常行動につながります。

そして最も血流の悪い場所に血栓がたまり、その箇所が悪くなりひどい場合には手足の切断ということになるのです。

人工呼吸器を乱用して人為的に認知症を作り出したのだから大したもの。血液が酸化し、脳血管につまれば認知症が作り上げられるというわけです。その血液を還元させて取り除いてやれば、認知症が治ると言っているようなものです。

専門家は新型の人工呼吸器をただ使いたいだけだったのです。毒物・兵器を治療の道具と騙して渡してやると、彼らはすぐ使いたがります。

病気の根本原因を自ら作り出す専門家

自分たちの行いが何を意味するのかわからない専門家の方々。

さんざん人工呼吸器を持ち上げて、その後遺症で悩む人が大量発生。しかも予想通りの退院後の患者は再陽性。

「人工呼吸器は病気を治すものではありません」との記載がWikipediaでは速攻で削除されていましたが、結果はご覧の通り。赤血球の真の機能を無視して免疫の話をしたところで治ることは絶対にありません。

血液を酸化させ、メトヘモグロビンを増加させる治療はコロナウイルスには無効かつ有害であり、すべて排除されるべきです。

コロナウイルス認知症を引き起こす人工呼吸器と放射能被曝と死の原因
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!