ビルゲイツになんかまけないぞ

ビルゲイツの発言から狙いと計画を推測しコロナウイルス後の世界で生き残る

ビルゲイツになんかまけないぞ

https://www.gatesnotes.com/Health/A-coronavirus-AMA

コロナウイルス対策に関して2020年の3月頃
ビルゲイツが発言をしています。

しかもその発言を見てみると、明らかに不自然なことが多く、何かを狙っているようにしか見えません。

その発言を冷静に分析していきましょう。
引用は自動翻訳です。

手を洗い続けてください!

以下は、私が得ることができるすべての質問のトランスクリプト(長さを少し編集したもの)と私の回答です。ここで、COVID-19について、ゲイツノートとソーシャルチャネルで詳しく説明します。その間、健康を維持し、手を洗い続けてください!

異常なまでに手を洗うことを推奨しています。

新型コロナウイルスは鼻や喉だけでなく目からも入ってくると言われています。にもかかわらず、手洗いばかりを過剰に推奨するのは一体どういうことなのでしょうか。
しかも、ビルゲイツは医師ではありませんがテレビの専門家も手洗いをしつこく強調します。

手を洗えば感染しないという思い込みを植え付けて、空気感染することから目を背けさせる狙いがあります。

一生懸命手洗いしていれば大丈夫、と騙して油断させ、陽性の患者を増やしてコロナウイルスに感染する人間を増やそうとしているのではないでしょうか?

手洗い励行など、直接的な物理的接触の危険性ばかりを強調して、空気感染を暗に否定します。実際には、コロナウイルスに感染させるように仕向けている可能性があります。物理的直接的な接触や飛沫関係なく、感染することまで知っているものと思われます。

この時期に突然始まった経済のために全国各地に旅行に行け、という強盗キャンペーン推進も、感染する人間を増やそうとしている意図が読み取れますよね。

ワクチン作成実験台収集のための検査

これは素晴らしい質問です。ワクチンを作るために行われている6つ以上の異なる努力があります。いくつかは、証明されていないRNAと呼ばれる新しいアプローチを使用しています。それらのいくつかは機能しないことを知っている私たちは、さまざまなアプローチのために多くの製造を構築する必要があります。世界を守るためには、文字通り何十億ものワクチンが必要です。ワクチンは、それらが安全で効果的であることを確認するための検査を必要とします。インフルエンザのようないくつかのワクチンは高齢者には向いていません。

ワクチン推進は、もうすでにお馴染みですよね。ワクチンを打って人口削減したいという狙いがよくわかります。治るかどうかなんてどうでもよく、とにかくワクチンを打って人工減らせばいいというだけの話なのですが。高齢者に対するワクチン接種を推進したいそうです。

輸血の推進

探究されている一つのアイデアは、回復した人々からの血液(血漿)を使用することです。これは人々を守る抗体を持っているかもしれません。それが機能すれば、医療従事者と重症の患者を保護する最も早い方法になります。

そして回復した人の血液を輸血することも推奨しています。残念ですが、他人の血液を輸血しても体調が良くなるどころか悪くなるだけです。輸血は体にいいものではありません。輸血しなくても体に全く害のない代用液というものも存在します。

他人の血液はその人にとっては異物と判定されてしまい、血栓ができたり肝炎を起こす結果となります。人は輸血してはならないのですが、輸血の危険性を知っていて推奨しているのではないでしょうか?

リモート

学校が今後数ヶ月間閉鎖される可能性が高いことは大きな問題です。多くの教師がリモートで教えるために考えている創造的なアプローチに感動しました。(あなたがこれを読んでいる先生なら、あなたがやっている仕事をありがとう。)しかし、誰もがリモートで教える準備ができているわけではないことを私は知っています。Khan Academy、CommonLit、Illustrative Mathematics、Zearn、Scholasticなど、多くの優れたオンラインリソースがあります。

学校も会社もリモートテレワークを推進していますが、よくよく考えれば全てビルゲイツの作った会社のシステムを利用するわけですから、誰が儲かるのかはよく分かりますよね。

ワクチン

私は2015年にこのについて話しました。診断、薬、ワクチンを非常に迅速にスケールアップする能力が必要です。適切な投資が行われた場合、これをうまく行うためのテクノロジーが存在します。国はこれに協力することができます。私たちは、ワクチンにいくつかの取り組みを行ったCEPI = 流行への備えの革新のための連合を作成しましたが、世界のスタンバイ製造能力を確保するには、より高いレベルで資金を調達する必要があります。

コロナウイルス対策の中心となるのはワクチンです。そのワクチンをどうにかして人々の体内に入れて体調不良を引き起こすように様々な面で投資をしていくというのです 。

予測することはできませんでした ← 嘘つけ

新しいウイルスが出現する可能性を予測することはできませんでした。しかし、インフルエンザや他の呼吸器ウイルスのいずれかでそれが発生することはわかっていました。

自分がやる予定だったとは口が裂けても言うわけがありませんよね。ウイルスをばら撒きながら一方では、治療薬をばらまくというのですから。その両方がどちらも毒というのですから、さすがの両建て戦法です。

陽性患者を追跡するシステム

現在、物事は少し混乱しています。シアトルでは、ワシントン大学が1日に数千のテストを提供していますが、全国の追跡システムに接続している人はいません。陽性の検査があるときはいつでも、病気がどこにあるか、そして社会的距離を強化する必要があるかどうかを理解するために見られるべきです。韓国は、デジタル連絡先の追跡を含め、これに関して素晴らしい仕事をしました。

そしてコロナウイルスの陽性患者を追跡するシステムを構築するということです。当然他の目的で人間を追跡してその情報を収集することは当然ですよね。一人一人を監視するシステムを作り上げたいということです。

医療関係者と年寄りを生け贄

優先的な状況は、24時間以内にテストする必要があります。多くの国がそれを行っているので、これは非常に可能です。たとえば、医療従事者が優先されるべきです。高齢者が優先されるべきです。

まず医療関係者と年寄りを中心に検査をしていくということで、これらのこれらの人々を実験台にしていこうということです。

新約聖書を読んだことのある人なら聞いたことがあるかもしれませんが、ユダという人物はキリストの弟子だったのですが、最後にはお金をもらってキリストを裏切ったのです。

このことが何を暗示するかお分かりでしょうか?

お金をもらって罰当たりな行為をしているのは医療関係者です。だから医療関係者はお金持ちなのですが、反キリストの役割を与えられているからなのです。その彼らを最初に実験台にしてしまおうというのですから、生産性もないのにたくさんのお金をもらっていれば、最初に生贄にされても文句は言えない、ということでしょう。

ヒドロキシクロロキンがとにかく嫌い

Q.クロロキン/ヒドロキシクロロキンについての考え?

A.検討中の治療薬はたくさんあります。これは多くの1つですが、証明されていません。それが機能する場合、それを最も必要とする患者のために有限の供給が確保されることを確認する必要があります。

トランプ大統領の推奨するこの薬、ビルゲイツは嫌いみたいで、はぐらかします。
この時点でトランプとビルゲイツが対立関係にあることも分かります。

テストキットを送る

ほとんどの人は自分の家に避難できますが、それがうまくいかない人のために、彼らが行く場所があるはずです。私たちは、自宅にいる人にテストキットを送って、外出する必要がなく、優先度の高い人にテストを届けられるかどうかを検討しています。

検査キットを自宅に郵送して検査をさせるということです。この間はアベノマスクというどうでもいい政策が行われましたが、今度はアベノキットということです。

検査キットが当然ボロ儲けになりますよね。検査検査うるさかったり、テストキット屋のババアが異常なほどテレビに出演する理由がおわかりでしょう。

ワクチンを受けた人を示すデジタル証明書、それが狙いか

最終的には、最近回復またはテストされた人、またはワクチンを受けた人を示すデジタル証明書がいくつかあります。

そしてワクチンを打った人間には証明書を与えるということです。

ワクチンを打たない人間には証明書が与えられず、経済活動ができなくなるということになります。

どこかで聞いたことがありますよね。

親の顔よりよく見た数、義務教育で習った獣の数字666です。

獣の数字(けもののすうじ)は新約聖書のヨハネの黙示録に記述されている。以下に引用すると、「ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(13章18節)

「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である。」(新共同訳聖書 ヨハネの黙示録13章16-18節)

経済活動をする条件としてワクチンを接種することを義務付ける考えです。ワクチンを打たなければ経済活動ができないように追い込まれるのです。

ワクチンの中に微小なマイクロチップを入れさせます。そして5Gという強い電磁波を当てて反応を起こさせるわけです。

うまくできていますよね。

それを実行に移す時が来たのです。聖書の予言(予定)通りです。

ワクチンを打った人は病気かなんかになり不幸な目に遭うとされています。

9ほかの第三の御使が彼らに続いてきて、大声で言った、「おおよそ、獣とその像とを拝み、額や手に刻印を受ける者は、
10
神の怒りの杯に混ぜものなしに盛られた、神の激しい怒りのぶどう酒を飲み、聖なる御使たちと小羊との前で、火と硫黄とで苦しめられる。

11 その苦しみの煙は世々限りなく立ちのぼり、そして、獣とその像とを拝む者、また、だれでもその名の刻印を受けている者は、昼も夜も休みが得られない。

そして、第一の者が出て行って、その鉢を地に傾けた。すると、獣の刻印を持つ人々と、その像を拝む人々とのからだに、ひどい悪性のでき物ができた。

聖書やヨハネの黙示録をオカルトだと思ってバカにしていませんか?

超上級国民の方々はヨハネの黙示録の通りに計画を実行していこうとしているのです。その噂は昔からありましたがはっきりしてきたようです。

「お籠もり」の推進で相談させない、人間関係の分断

Q.第二波が出る可能性はありますか?

A.中国は多くの反発を報告していない。韓国の症例数は正しい方向に進んでいます。陽性と判定された人が自分自身を隔離すると、その広がりは非常に低くなる可能性があります。感染したことをより早く人々が知ることは、より早く分離することができます。

そして自宅にこもる「お籠もり」の推進です。自宅にこもっていれば Microsoft のテクノロジーに頼らなければならなくなりますから家にこもってパソコンをやれということです。

そして他人とコミュニケーションを取れなくなるために、考えが浅くなります。自分の考えをしっかり持って行動できる人間ならいいのですが、そんな人ばかりではありません。

そのような寂しがり屋の人を分断させることにより判断を鈍らせるのです。人間関係をバラバラにすることによって協力させないようにして、誤った判断をさせようということです。そして最終的にはワクチンに追い込むわけです。

他の人とおしゃべりもできなければ、ワクチンなんて聞かねーよそんなものので治るわけねーだろ、という人の声も聞こえてこないのですから。マスコミを使って「みんなワクチン打ってるよ」とコメンテーターに言わせACジ●パンの広告リピートで騙されてワクチン打つ人間が増えます。

麻疹ワクチンの時も「流行ったから早く打ちましょう」と言ったら誘導される奴が続出したようですが、その戦法でコロナワクチンも一気に広めていこうということです。

人間関係をバラバラに切断すると、マスコミによる誘導がダイレクトにきいてくるわけです。

夜の街過剰な強調について

政治家がコロナウイルスと夜の街の関連付けを行っています。

コロナに感染すれば「夜の街で遊んだんでしょ」と言われ、悪い印象を植え付けようとしています。

「夜の街!夜の街!」といきなり叫び始まったのはいくらなんでも不自然すぎます。

コロナウイルスに感染して夜の街で遊んだ、と言われたくないがために、病院に行く時に家族に相談しようとしない人が増えます。

仮に性病にかかったとしたら「性病にかかったから病院に行ってくるわ」と家族に相談できる人がどれほどいるでしょうか。

このようにして家族という身近な人間関係をバラバラに引き裂いていきます。コロナウイルスにかかったら恥ずかしいという悪いイメージを広め、ダイレクトに病院に向かわせ、家族と相談する機会を与えず、医療に疑いを持たせず、ワクチンを投与するように仕向けているのです。今はその下準備です。

病気のことは人様には言いにくいですが、その心理を巧みについてきています。

陽性反応を示した奴らを隔離して実験へ

誰が陽性反応を示したのかがわかれば、彼らを隔離し、必要な食べ物や薬を手に入れることができるようにサポートする方法を見つけることができます。

陽性反応を示したものは実験体として使えると言っているようなもの。そしてワクチンを投与することにより、その人間をいいのままに操ってしまう、ということも考えているのかもしれませんね。

マスク売ってなかったわけ

Q..NHSの医者である友人がいます。昨日以来、彼はマスクがなくなったのでマスクなしで働いています。誰がすべてのマスクを独り占めしていますか?

A.ごめんなさい。これは、ケースの数を最小限に抑えるために社会的距離を確保する必要がある理由と、全国的なテストネットワークとデータベースをできるだけ早く実行する必要がある理由の例です

ソーシャルディスタンシングとステイホームを推進するために、わざとマスクの流通を抑えていたのではないでしょうか。

マスクをすれば安心なんて思われたら、人々はマスクして外に出まくり、ステイホームやソーシャルディスタンスを守らなくなります。

マスク警察の出現も計画通りといったところでしょう。

「マスクをしないと外に出られない」とお籠もり推進で人間関係を分断していきます。

最初のうちはマスクを与えないで外出させず、個人で過ごす時間に慣れさせることに注力していました。

人間関係をバラバラにすることが目的で、バラバラになった人間はパソコンとスマホに接続し、情報は生の情報や意見に触れさせず、安いネットニュースとマスコミのみに制限してしまうということです。

突然のソーシャルディスタンス

恐ろしいのはソーシャルディスタンスという言葉が突然出てきたことです。

カイロ大学を出た可能性のある都知事が、ソーシャルディスタンスというハイカラな西洋語を使い始めた時

「どこからそんな言葉が出てきたのか」

と謎に感じた方も多いでしょうが、実はビルゲイツの言った通りにやっているだけだったのです。

こんな言葉を思いつくわけもなく、造語するわけもありません。

ビルゲイツがそうしろと指示したから命令に従った、と考えるのが妥当でしょう。

そして、ビルゲイツ等超上級国民の計画どおりに政治家は動くだけの人形です。自分が何をやっているかわかっていない可能性があります。

「出世できりゃ何でもいい」と言う奴ほど使いやすい者はいません。

ビルゲイツの計画の中核になっているのはワクチンですが、大変怪しいです。

ワクチンを打たなければ経済活動ができないように制限をかけてくることが予想されます。

金のために魂を売らなければならなくなるわけですが、これは聖書のヨハネの黙示録にも記載されていることで、そのことを実行しようとしているのです。

私たちのできることはビルゲイツの狙いを読み取ること。
そしてビルゲイツの思ったとおりに動かないこと。

マスコミや政治家は何も考えず、ビルゲイツの言った通りに行動していることを理解しましょう。

つまり本当の上級国民とはビルゲイツ達であり、総理大臣や知事などは何も知らすに、パシリとして使われている中級国民である、ということを理解しましょう。

そして上級国民や中級国民の計画された政策をまにうけることによって、被害は拡大します。甘い言葉でそそのかして国民を地獄に落とす役割ということです。

その最も中心になっている役割なワクチンには、何が入っているのかわかりません。マイクロチップというのは都市伝説として有名な話なのですが、体内に入れたらどんなことになるのか全く分かりませんが、ろくなことにならないでしょう。

人類ゲームオーバーになるか、回避できるか

やたらと手洗い手洗い、鼻くそをほじるなと言っている専門家が出てきたり、ソーシャルディスタンスなどというヘンテコな言葉が突然出てきたのにも腑に落ちます。

そしてビルゲイツの計画通りに事が進むのでしょうか?

計画通りに進めば、この世の中は惨憺たることになるでしょう。

このビルゲイツの計画は途中で頓挫する可能性はあるのでしょうか?

この計画がうまくいってしまったら、世界線は変更されず、人類はゲームオーバーになる可能性が高く、その分岐点に人類は立たされているのです。上記の話の理解できない方は都市伝説として一応、頭の片隅においておきましょう。

ビルゲイツになんかまけないぞ
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!