コロナウイルス治療の鍵となる血液の逆分化作用

コロナウイルス治療の鍵となる血液の逆分化作用

コロナウイルス治療の鍵となる血液の逆分化作用

がん細胞の作り方は早い話が、赤血球と、発がん性物質と結合させれば自動的にがん細胞になる、と言うわけです。

そんなに難しい話ではありません。発がん性物質である抗がん剤を体内に入れればがんだらけになるという馬鹿でもわかる単純な仕組みです。

この仕組みが理解できない専門家には、今までやってきた行いがトラウマになり、受け入れると精神的なダメージが大きいので無視するメンタルブロックが働きます。精神的ダメージを軽減するため、都合の悪い話は防衛機制として耳が聞こえなくなる、トラウマ回避の現実逃避作用が働きます。

そして、病気とは赤血球と体に悪い異物や毒物が結びついて、中途半端な細胞や病的な細胞になってしまうわけです。

これがいわゆる炎症と言われるものです。

赤血球を媒介

コロナウイルスでも赤血球を媒介して細胞になり体内に残ります。炎症や血栓ができる症状にも表れています。

マラリアにおいてもその感染する過程は、赤血球に取り付いて、分化が進み細胞の中に取り込まれてしまい、排出できず治らなくなる、というわけです。

病気だろうがウイルスだろうが細菌だろうが、赤血球にいらないものがついてしまっているからです。コロナウイルス対策とか言って専門家は役に立たないウイルスの知識を披露して正義ヅラして金を稼ぎますが、赤血球の知識がなければ何の役にも立ちません。

赤血球の分化作用

赤血球の分化作用は、血液から細胞や臓器ができる作用です。若い人とか体の大きい人などは分化作用が強いため、体が大きく筋肉も大きくなり力が強かったりします。

でも、取り込むばかりで逆分化作用である毒素の排出がうまくいかなくなるので、お早めに亡くなる傾向もあります。

スペイン風では、若い人は先になくなったコロナウイルスでも若い人が重症化すると言うのも、血液の分化作用の働きばかりが強い可能性があります。

取り込まれたコロナウイルスを排出すれば治療になるわけです。細胞の中に取り込まれたウイルスを、血液の逆分化作用で排出させればいいわけです。

そして、逆分化作用は血液をきれいにすることでしか実現できません。アルカリ性食品をしっかりと食べること、毒物を取り込まないで適度な断食も重要です。

この断食は一時的に骨を溶かすことによって血液中の血液のpHを高め、血液を弱アルカリ性に傾け血液を還元させます。

発熱

症状を抑えるために薬を投与するのは考えものです。

逆分化作用が起こるときには必ず熱が高くなります。風邪をひいたときに熱が高くなると治りが早いといいますが、逆分化作用が進み、異物の排出が進んでいるからに他なりません。

また、がん治療においてもがんが取れる傍腫瘍性神経症候群が現れるときには、必ず体温が高くなります。異物を排出するときには必ず体温は上がります。体温を無理やり下げてウィルスの排出が困難になります。熱があるからダメ、は不合理です。

風邪薬という解熱剤を飲んではいけないと言うのも、異物の排出ができなくなり、免疫力が低下することになるからです。

風邪を治せない現代医学にコロナウイルスは治せない

熱が高い人は異物を排出がよく、病気にかかりにくい「免疫力が高い」状態。
熱の低い人は異物の排出ができません。この状態を「免疫力が低い」といいます。

現代医学は体を

温めたほうがいいのか
冷やしたほうがいいのか

という論争にいまだに決着がついていません。結論は、体温が高い方がいいのです。しかし現代医学は病人を増やすためだとか言って、体温を低くすることばかりやっているのです。

それが世の中に販売されている神経をマヒさせる痛み止めの処方薬です。神経をまひさせた結果、筋肉が動かず血液が流れず、ウイルスの排出が困難になります。専門家がやたらと推しているステロイドもこんなオチです。発がんのおまけ付きですが。

目に見える症状を無理に抑えるのはインチキ現代医学の基礎ですが、赤血球の分化作用・逆分化作用を理解できなければ治ることはありません。

症状を抑えることと、病気を治すことは全く違う、むしろ逆のことであることも理解しましょう。

コロナウイルス治療の鍵となる血液の逆分化作用
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!