コロナワクチンなんてどうせ効かないから要警戒

コロナワクチンなんてどうせ効かないから要警戒

コロナワクチンなんてどうせ効かないから要警戒

コロナウイルスのワクチンができると言ってはいますが効くわけがありません。
いつものように頭の弱い人から引っかかるシステムになっています。

コロナウイルスに警戒するのではなくワクチンに警戒するのです。

WHO「特効薬ない可能性」=新型コロナ、事務局長が警告
2020/08/04 08:52時事通信
https://news.goo.ne.jp/article/jiji/world/jiji-200804X105.html?isp=00002
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染症について、「特効薬は現時点でなく、今後も存在しない可能性がある」と述べ、ワクチンや治療薬の開発に過度に期待しないよう警告した。

嘘ばかりつくくせに、たまにまともなことをいうので困ります。

インフルも治せないくせに

1年間で3000人もの人がインフルエンザで亡くなっていると言われています。

インフルエンザも治せないのに、コロナウイルスが治せるとは思えません。簡単なことができないのに難しいことができるわけがありません。

それどころかインフルエンザで亡くなったというのは、インフルエンザワクチンのせいではないでしょうか?
インフルエンザ脳症はインフルのせいではありません。

体内にいらないものを入れれば免疫力が低下するのは当然のこと。

ワクチンで死んだのを、インフルで死んだとごまかす。
死因なんてインチキばかりです。
発表される死因には注意を払いましょう。

医学部の教授の死因が病気と発表されたことがあります。
末端の医師がインチキばかりするからデータも統計もでたらめ。隠蔽大国日本なら当然ですよね。

人体実験

ワクチンワクチン具合が悪くなったら政府がお金を払うという異常さ。

どう考えても人体実験です。

コロナウイルスは人為的に撒かれたもので
コロナウイルスワクチンもセットでばらまきと初めから計画されていたことなのでしょう。

ウイルスを自分で撒いて、治療法があるよと言いながらウイルスをまくわけです。
どっちにしろ毒、そして詐欺です。

選択肢2つ与えて正解どっち?と聞いておいて、どっちもバツ。もう慣れましょう。固い試験頭ではひっかかります。

麻疹のワクチンも突然、麻疹が流行ったから早く打たなければならないんだとマスコミはキャンペーンを打っていました。麻疹の菌入れて抗体できたと感染して大喜びする馬鹿。

子宮頸がんワクチンの後遺症についてはもう忘れてしまいましたか?

6000万人分もワクチンを輸入するというのですから、大きな被害が出ることが予想されます。
そしてワクチンの中には新型コロナウイルスが含まれていて、ワクチンを打った人が更に被害を拡大させます。

彼らは抗体によって病気が治ると考えていますから、病原菌を体に入れることになります。コロナワクチンには新型コロナウイルスが含まれているわけです。

タイミングよく破産しかかり、食うにこまった医師が渡りに船とワクチンで一儲けを狙いワクチン詐欺に加担します。

抗体が減っていくのは免疫力があって異物を排出した証拠です。抗体なんて異物はないほうがいいに決まっています。

抗体のおかげで病気が治ると騙されて病原菌を体内に入れられて早死に

これはインフルだろうが、コロナだろうが全く同じ手法であることに気がつきましょう。
血液の中に異物を入れてはいけないのです。

被害がでても関係ねえ

「新型コロナワクチンに副作用があっても責任負わない」=アストラゼネカ

英国アストラゼネカが、各国と締結した新型コロナウイルス感染症のワクチン供給契約には、製品の副作用に対する法的責任を免除される条項が含まれていることが分かった。同社は、英国オックスフォード大学とともに新型コロナウイルスのワクチンを開発している。

ロイター通信によると30日(現地時間)、英国アストラゼネカのルード・ドーバー副社長は「各国と締結した新型コロナウイルスのワクチン供給契約には、ワクチンの副作用が発生した場合、自社が責任を負わないという内容が含まれている」と明らかにした。https://news.yahoo.co.jp/articles/b80bdb6d214120ea89e8ecce38c4cf1cfe57ff1d

失敗しても責任は取りませんよという製薬会社どう考えても治るものではありません。自分の行いに責任を取れない人の言うことを聞くものではありません。

被害を出すためにやるのでしょう。

マスコミ・コメンテーター嘘ばかり

マスコミに出てくるコメンテーターは嘘ばかりついています。黙って聞いてりゃ治ることになってしまいます。

「デマを広めないで」と言いながら舌の根も乾かないうちにデマを広める始末。

スポンサーに対する「忖度」です。

病院に行くと適切な医療を受けられて、進行を遅らせたり、治ったりするなどとコメンテーターとマスコミ・医療芸人がデマを撒き散らします。

人工呼吸器の血栓リスクは?
ステロイドによる発がんの副作用は?

素早い検査で病院に入院するとすぐに治る

薬を使って見かけの症状を消しているだけで原因は何も変わっていないのだから、イソジンでうがいするのをバカにすることもできません。

むやみな人工呼吸器の使用で血栓増加、手足の切断というリスクもあります。

イソジンが出てきた時には急に元気が湧いて喜んで叩いた専門家。
何も治せない無力感を埋めようとして他人を叩いて元気になろうとするのです。

コロナウイルスで具合が悪くなったのか「適切な医療」によって具合が悪くなったのか、見極めなければなりません。

コロナウイルス流行当初では「急に肺が真っ白になるんだ」と言っていたようですが、人工呼吸器で引き起こしたのではないでしょうか。病院内での悪化は不適切な原因を作った治療失敗を意味します。

人工的な空気を吸うと患者の肺が悪くなります。コロナウイルス流行の前からも人工呼吸器によって殺される患者も大勢いました 。空気の質を指摘した専門家は皆無です。

肺の損傷や血栓、あげくにはがん治療死までコロナウイルスのせいにしていませんか。個々の治療法を語らずコロナワクチン褒めればテレビに出ずっぱりになれるでしょう。嘘つき大量発生の予感です。

ワクチン&マイクロチップ&5G

ワクチンの中に同じようにしたマイクロチップが含まれていて5gと反応させるなどという話も出ている模様。
●イツが何をやらかそうとしているのか分かりませんが、テクノロジーは相当のレベルまで進化しています。

テクノロジーの遅れまくった昭和の日本人の頭では、単なるオカルトとしか思えないことでしょう。

検査は脅しの道具・治療に追い込む脅し

血液のpHを知らなければ絶対に治らない
ステロイドの発がん性を無視してコロナに効くんだ、と叫んで投与

コロナウイルスに勝てるようになってきたと嘘をつく専門家芸人が後を絶ちません。

PCR検査の嘘臭さを否定する人があまり出てきません。
検査したって治るものではなく、それどころか検査結果を気にして余計なワクチンを打たれる危険性が高まるだけ。
予防のためと称して陰性患者にまで感染させる気です。

患者に発がん性のステロイドを山ほど飲ませておいて、体中がんだらけにしておいて、早期発見したらがんだらけになったことがわかり、末期になったから抗がん剤を打ってくださいね、と無理やり抗がん剤打って速攻で安楽死させ「おまえらが悪いんだ」と怒鳴って居直る科学的な見識を持つ医師。
「がんは怖い病気だ」と叫びながら抗がん剤を使った自作自演で殺人を繰り返していただけ、とバレて人としての信用を失う始末です。

何も治せないくせに「治せる」と見栄張って大ボラ吹くから、殺到した患者の始末に追われることになるのです。嘘はつくものではありません。

こんな専門家をいつまで信用するのでしょうか?

「ワクチン打ちましょう」

と言う医師。

「自分と家族には絶対に打たせない」

が本音。でも豊かな生活のためですから目先のカネのために打ちまくるでしょう。

血液中に不要な異物を入れれば、毒素排出のために血液と免疫力の無駄遣いが起こり、病気リスクは高まるのは当たり前です。専門家の出す統計はインチキ・嘘です。自社の製品を売るときに「この商品は危険です」と言う馬鹿はいません。物事は数字ではなく性質から判断するべきです。

山ほどの罪を犯してきた現代医療と医師がいうコロナ対策に信用などおけるはずもなく、数年は医療とワクチンに警戒です。

コロナワクチンなんてどうせ効かないから要警戒
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!