Sponsored link
NO IMAGE

金メダル取ったんで偽陽性でOK:新型コロナウイルス

NO IMAGE
Sponsored link

2020/10/31 18:03サンケイスポーツ

国際体操連盟(FIG)は31日、五輪男子個人総合2連覇の〇〇が新型コロナウイルスに感染していないのにPCR検査で陽性となる「偽陽性」だったと発表した。

4カ国が参加して11月8日に東京・国立代々木競技場で開催される国際競技会の日本代表に名を連ねる〇〇は8日に検査を受け、29日に陽性と判定されていた。その後3つの病院で再検査を受け、全て陰性だったため、大会医師団は「偽陽性」と判断した。

FIGによるとの〇〇体調は万全で、大会に向けて調整している。他の男女計7人の日本代表も30日に再検査を受け、いずれも陰性だった。https://www.sanspo.com/sports/news/20201031/gym20103118000003-n1.html

この後に及んで偽陽性と言う言葉が出てきました。

PCR検査は精度が高いから偽陽性なんて滅多にない、それよりも、偽陰性が多いのが問題なんだ、とコメンテーターや医師芸人が飛沫を飛ばして主張していたにもかかわらず、金メダルを取ったから偽陽性、という感動的な結論を導き出します。

コロナ騒動のインチキ臭さがクラスター並に爆発しています。

陰性が出るまで夢を諦めない

金メダルを取るとスポーツ選手としては偉い部類になるので、人工呼吸器にかけて肺を損傷するわけにはいきませんよね。

偉い選手はセカンドチャンス、サードチャンス、ラストファイナルチャンス2など陰性が出るまで何回もあきらめずにPCR検査にチャレンジできる特別待遇。諦めなければ夢はいつか叶います。

4回PCR検査を行い1回目が陽性で2・3・4回めが陰性だから陰性なんだと主張。4回くじを引いて1回目が当たりで2・3・4回めがハズレを引いたとき、この人は「くじで当たった」と言います。偽陽性を主張していますがテレビ的には偽陰性といえます。要はどっちでもいいのです。人生なんて捉えかた次第。アスリートはポジティブです。

血圧測定と一緒です。何回も測定していればそのうち低い数値が出て高血圧じゃない、と言うことができますよね。

そして偽陽性といえばもうおなじみの微陽性です。

おなじみの微陽性

巨人〇〇と〇〇コロナ陽性 共に既に回復か
[2020年6月3日18時7分]

31日、紅白戦で右越え本塁打を放つ〇〇2日の練習試合で右犠飛を放つ〇〇
巨人は3日、〇〇内野手(31)、〇〇捕手(27)に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/202006030000610.html

プロ野球セ・リーグは30日、巨人が2連覇を飾った。4番を務めた〇〇は、本塁打と打点でリーグトップを争う存在感を示した。初の打撃タイトルも狙える活躍で打線をけん引した主砲に、新型コロナウイルスの影響を受けた異例のシーズンで優勝を果たした思いを聞いた。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65702660Q0A031C2000000/

【巨人】〇〇・優勝コメント「ファンの皆様の応援が力に」日本一で恩返し
2020年10月30日 22時8分 スポーツ報知

◆JERAセ・リーグ 巨人3―3ヤクルト(30日・東京ドーム)

巨人が2年連続リーグ優勝を果たした。

〇〇内野手(31)は、開幕直前に新型コロナウイルス陽性判定となり入院したが開幕戦から出場。シーズン前半は打率2割台前半も、夏場以降にグングン状態を上げ、2000安打達成目前となっている。

主将として攻守でチームの先頭に立った。「野球ができる喜びを感じ、多くの方に支えられて達成できた連覇です。無観客を経験して、ファンの皆様の応援が自分たちの力になることを改めて実感しました。日本一になって恩返ししたいです」とコメントした。https://news.yahoo.co.jp/articles/f23556bb6b0c34ab020f02e63bc58bf55e2aacad

コロナ、相当数に「深刻な後遺症」=心臓や肺に損傷―WHO
2020/10/31 06:34
【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は30日の記者会見で、新型コロナウイルスは「相当数の人に、深刻な後遺症を残す」と警告した。ここ数カ月のうちに、子供を含めて年齢や性別を問わず、後遺症の報告を受けているという。
テドロス氏は「懸念が大きいのは、症状の幅広さだ」と指摘。時間の経過で症状は変動し、体内のあらゆる器官に影響を及ぼし得るという。具体的な例として「疲労感をはじめせき、息切れ、肺や心臓を含む主要臓器の炎症と損傷、神経系や心理面での影響」を挙げた。

WHOテドロス事務局長がコロナの危険性と後遺症の酷さを必死にうったえているのを完全に無視、免疫が暴走しているはずなのに100試合以上に出場、成績がグングン上昇コロナ(微)陽性の巨人選手にはトミー・ジョンも驚愕して外れたアゴを治すために手術を受けるレベルです。もはや人間ではありません。
参考:個人年度成績

巨人軍の選手は微陽性と言う新概念を提唱。巨人軍の選手は大切ですから人工呼吸器にかけて肺を損傷してしまったら優勝できませんよね。

だから陽性と判定されても医師に対するなんらかの攻撃で「陽性じゃないって言ってよ」と新概念を提唱させることに成功した模様。

微陽性なら無症状の感染者ですから、ベンチ内でコロナを広め、巨人の選手に感染、免疫が暴走するサイトカインストームに襲われ倦怠感と肺の損傷・線維化で呼吸困難、グラウンドでピクピク痙攣して倒れる選手が続出、肺が真っ白になるんだぁと主治医は恐怖に怯え、病院での治療後も医師の治療を信じた芸能人のようにズタボロの状態になるはず。

微陽性の選手は無症状でも感染リスクがあるため、隔離しなければいけないけないはず。しかも、格闘技の選手ですら飛沫を飛ばさないように気合の声もだせない、フェイスガードが必要と報道しているのに野球はノーマスク、ノーフェイスガードで飛沫を飛ばしながらプレイ。取ってつけたような軍手でコロナ騒動の茶番性を強調、ソーシャルディスタンス無視ノーマスク胴上げなど密になり飛沫が飛びすぎ危険すぎます。

あれほど怒り狂っていたマスク警察も、警察を名乗る割に正義感など皆無、電車内の弱そうな奴ばかり狙い憂さを晴らしてただけの腑抜け。読売という巨大な存在にはだんまり、ノークレーム、みてみぬふりです。

そんな不可解な状況下にもかかわらず、元気ハツラツでプレイで優勝。日本中の国民に勇気をくれました。感染しても人工呼吸器もステロイドもワクチンも不要で優勝できることを立証。クラスターなど選手のファンへ感謝の気持ちが強すぎて起こりません。

そんなわけで体操金メダル選手も、一度は陽性が出て、無症状の感染者なのだからどこかに閉じ込めて治療しなければいけません。にもかかわらず、

「金メダルを取ったから2回4回やって陰性でしたテヘペロ」

PCR4回転という離れ業金メダル手心効果で陰性判定をゲット。PCR検査はその人の立場によって結論が違うことになる精度の高い検査なのです。医療を信じましょう。

感謝

無症状の患者がそこら中にコロナウイルスをばらまいているとコメンテーターが言っていたのは記憶に新しいところ。だけど金メダル選手、巨人軍だったらセーフ。せっかくのニューノーマルを主張するマスコミをぶっ飛ばし真っ向から対抗します。

お金を積んで大企業に守られていれば窒息を招き肺を損傷する人工呼吸器をつけなくてもいいし、発がん性ステロイド薬も飲み、後遺症やがんの恐怖に悩まされる必要はありません。やればできる。

こんなにいい立場なのだから「ファンの皆さんありがとう」と感謝の気持ちでいっぱいになるのも当然のこと。「バカは騙して特権使って自分だけ助りゃいい」一流アスリートが背中で語るありがたいメッセージがコロナ騒動の最中、日本国民に勇気を与えてくれましたね。

Sponsored link
NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock