NO IMAGE

バイデンのおかげでコロナワクチン完成したのに逃げる医者

NO IMAGE

ワクチン有効性90%以上 米ファイザーが暫定評価
2020/11/10 00:45共同通信
https://news.goo.ne.jp/article/kyodo_nor/business/kyodo_nor-2020110901002408.html

【ワシントン共同】米製薬大手ファイザーは9日、開発を進めている新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、発症を防ぐ有効性が90%以上に上ったとする暫定的な臨床試験の結果を公表した。安全性の深刻な懸念も見られないとし、今月中にも米食品医薬品局(FDA)に緊急使用許可を申請するとしている。

欧米メーカーのワクチンの中で、最終段階で有力な結果が示されたのは初めて。日本政府は同社からこのワクチンを6千万人分供給を受けることで基本合意している。

ファイザー、新型コロナワクチン候補は有効性分析の段階に達せず
2020年10月28日 0:58
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2020-10-27/QIV2UFT0AFB601
米ファイザーは新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチン候補の後期臨床試験で、有効性の分析に入る段階に達していないと示唆した。

ファイザーは27日、7-9月(第3四半期)決算と併せて発表したプレゼンテーションで、治験を監督する科学者らで構成する委員会は有効性の暫定解析を行っていないと明らかにした。4回の解析作業のうち初回はプラセボ(偽薬)投与群のうち新型コロナ感染者が32人になった時点で行う予定だが、この数にまだ達していないことを意味する。

ファイザーの治験には4万2000人余りが参加している。同社がこの日明らかにしたところによると、およそ3万6000人が26日時点で2回目の接種を受けた。

ファイザーはこのワクチン候補をドイツのパートナー、ビオンテックと共同開発しており、ワクチン開発競争の先頭集団にいる。これまでは暫定的な有効性解析の結果が今月にも得られるとの見方を示していた。

風邪が治せないことでおなじみの現代医学。

コロナワクチンができるまでにはまだ数年がかかると言われていました。

バイデンが当選しそうになったおかげで突然コロナウィルスが予防できることに決定。予防できるか予防できないかの話ではなく、バイデンが当選するかしないかだけの話。

悪事を隠蔽できるかできないかの話だったようです。

いきなり予防できることになった

2週間で効くことになったコロナワクチン。米大企業のいいなりで、ワクチンが打ちたくて仕方がない腐敗しきった日本政府は説明を差し控えます。

バイデンが当選しそうになったものだから、首相がワクチンを打ちまくることを表明。

つい最近までは医療関係者が最初にワクチンを打ち、高齢者・病人と続くようでしたが、いつの間にか医療関係者はワクチンを打たないことになっています。自分の身が第一で逃げました。毒物打って寄り添うだけの基本スタンスに変更はありません。

医療関係者
高齢者
病人


医療関係者
高齢者
病人

コロナの治療にあたる医療関係者が率先してワクチンを打たないと、医師や看護師が感染を広めてしまい危険なはずですが打ったら自分がヤバいんで除外。これで治った人を見たことのない抗がん剤と同じシステムです。

体の弱った人間にワクチンを打って一気に人口を減らす作戦。医療関係者は加害者ですから、被害を逃れようとするのは自然です。

詐欺ばっか

医療関係者なんて無責任なものです。自分の施す治療は絶対に自分で歩けないこれが基本のスタンスです。

がん治療は当然のこと、ハゲ治療・レーシックなども自分だったら絶対に治療は受けないという異常な代物ばかり。目先の金銭のために本心を隠し患者に勧めます。

医療関係自体が詐欺まがいのものばかり。ボロカスにされて「ありがとう」という患者も患者です。

バイデン当選しそうだから

特定の人間が選挙に受かると治らないものが治りだすのですから、これほど科学的なものはありません。医療を信じましょう。バイデンのおかげです。

バイデンが当選すると悪事のし放題。大企業は何でもできるし、どんな問題起こしても隠蔽できるといった甘えが顕在化し始めました。テレビやラジオに出てくるコメンテーターは大企業・マスコミにおべっか使うだけのゴミ。コロナ騒動は世界中の大企業の連携した人口削減の自作自演茶番劇です。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!