Sponsored link
インチキコロナ騒動「俺は絶対にワクチン打たねーよ」官房長官:新型コロナウィルス

インチキコロナ騒動「俺は絶対にワクチン打たねーよ」官房長官:新型コロナウィルス

インチキコロナ騒動「俺は絶対にワクチン打たねーよ」官房長官:新型コロナウィルス
Sponsored link

「加藤勝信官房長官は、厚労大臣時代から“俺はワクチンを打たねーよ”と漏らし、その姿勢はいまに至るまで一貫しています。“一部の高齢者を除けば、インフルエンザより重症化リスクが低い”“感染予防を徹底していれば大丈夫”というのが理由です」

https://news.yahoo.co.jp/articles/ba1a5c4b9bba5fe5bf2f19484118ae0406f63431

医師が自分の子供と家族には打たせないけど患者には打つことでおなじみのアイテム。それがワクチンです。

厚生労働大臣もカメラの前では「早くワクチンを打たなければならない」と言いながら裏では「自分は絶対にうたねーよ」と叫びます。「コロナが大したことがないから」ではなく「ワクチンが危険だから」が本音。この記事も隠しているわけです。

嘘つきは泥棒の始まりと言いますが、泥棒ばかりが政治を行っているのだからおかしくなるのは当たり前。上級国民は朝から晩まで嘘ばかりついているのだから困ります。

現代医療の真骨頂は、他人には治療を施すけどその治療は絶対に受けない。この詐欺商売が本質です。

新型コロナを巡っては、今月2日に成立したワクチン接種関連法で、国民は無料接種を受けられることになった。接種の希望を尋ねると、「すぐに接種を受けたい」15%、「急がないが接種は受けたい」69%を合わせ、84%の人が接種の意思を示した。「接種は受けたくない」は15%だった。https://news.goo.ne.jp/article/yomiuri/nation/20201206-567-OYT1T50155.html

国売新聞社のインチキ誘導アンケート。嘘ばっか。必死だな。

医師のいうことも聞いてロクなことにならない

医療関係者と言うと頭のおかしい者ばかり、このイメージを持つ方もおられるのではないでしょうか。

言っている意味も理解できない医師の言う通りに治療を受けても、具合が悪くなるのは当たり前です。

ボロボロになって殺される、がんを早期発見したのに治療が原因でがんが再発したり、無理やり無断で抗がん剤を打たれ、がんだらけになって早期安楽死というのがオチ。

病人を治したことのない偉い医師にいくら相談したところで無駄。風邪が治せないのにそれより難しい病が治せる道理はありません。

自分の病気すら治せない医者に医療知識を教えてもらったところで病気が治るわけがありません。正しい知識はもうたくさんですからご自分のハゲ白髪くらいは治して下さい。

できの悪い人に相談することがどれほど愚かなことがわかっていない国民が多すぎます。自分の治療で患者が治っていない、バンバン殺してるのに出世することに疑問を持たない狂った医師。無用な治療のおかげで救急車のサイレンが賑やかで仕方ありません。

こんなことなら早めに医療崩壊して消滅してくれた方がマシです。

コロナワクチンのターゲット

高齢者と病人を一気に殺して人口を減らそうといった作戦になっています。

 

https://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000013nne-att/2r98520000013nz4.pdf
コロナワクチンは医療関係者が率先して打つことになっていました。しれっと医療関係者は打たないことに決定、マスコミは医師を敬うばかりで指摘できません。

しかも 上記の添付文書はインフルワクチンのものですが、病人・基礎疾患持ちや高齢者など体の弱い者には打たないようにとの指示がなされています。他の薬を飲んでいるのに更に薬品を入れるのは危険だからのですが、完全に無視。

接種が不適当な者から打つというわけです。インフルワクチン死をインフル死扱いにされた患者は、接種が不適当なのに医師の生活の糧のために打たれているわけです。

ワクチンを打つなら健康な者から、が基本で、順番が逆なのに誰も指摘をしません。マスコミに出てくる医師は、不要な知識やご自分すら理解不能な理論をひけらかすだけで肝心なことは説明できません。

添付文書も読まずに危険な薬品をポンポン出す医師が多すぎます。彼らの尻拭いのために救急車が走り回り、医師の無益な治療で追い込まれた自殺者の遺体を他人が始末させられる社会では仕方ありません。

そもそも「弱い奴に打ったら死ぬから注意」という薬を推奨するワクチン抗体免疫理論などインチキなわけですが……

得体の知れない薬は自分の体に打つのが嫌だから患者を人柱に実験しましょう。そしてコロナ騒動を作出、ワクチンを使って弱い奴から一気にせん滅、人口を減らしの殺す気マンマンな気持ちが丸見えですよね。

ワクチンの中には毒物が入っているからワクチンを打って異物を体内に注入すると、その異物を体外に排出するために発熱し具合が悪くなり「コロナ死」で片付けるというわけです。「コロナ死」って騒いだ医者にはカネやるぞ、といつものパターンです。

まだPCR検査っていってんの?

みんなが大好きなPCR検査。ウィルスを目で確認しているわけもなく何を検査しているのかも不明。中国・武漢や人造ウイルス、「特定できないから」感染源・感染経路の話は、騒動が小さくなると困るので、存在しないことに。マスコミと医療関係者は「人間のツバ」が悪いと決定しました。

インドネシアから今月11日、同じ飛行機で関西空港に到着した10~20歳代の女性17人が、入国前の新型コロナウイルス抗原検査などで陽性になっていたことがわかった。  

厚生労働省は、搭乗前にクラスター(感染集団)が発生していた可能性が高いとみて、経緯を調べている。同省によると、空港で家族以外の集団の新型コロナ感染を確認したのは初めてという。

17人は11日、インドネシアのジャカルタからの直行便で関空に着いた。インドネシア出国前の72時間以内に受けた検査で陰性だったとの証明書を持っていた。  到着時は全員無症状で、現在は大阪府内のホテルで療養中だという。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20201118-OYT1T50220/

出国時に陰性で入国時に陽性。偽検査で敗退してアメリカ横断ウルトラクイズみたいに入国できずに帰国です。

陰性、おめでとー!
あ〜なってしまったごめんなさい陽性〜

陰性証明書を持っている人が陽性になるなど結論がコロコロ変わる、風邪をひいたら陽性になる、ひきこもりの老人が陽性など……そのうさん臭さは枚挙に暇がありません。

でたらめな検査を使って国民を騙しワクチンを送りにする作戦と言うことです。テレビに出てくる研究者の人間はPCR検査の精度が高い高いと言うだけで何の検査なのか自分でもわかっていないのです。説明したとしても文系ばかりの国民では理解することは困難です。

無症状の感染者など都合のいい概念を作り出します。冷静に考えれば無症状の病人など治療する必要がないのに、人工呼吸器&ステロイド薬で後遺症まみれにされるだけ。

やばいと感じたアスリート・芸能人は「偽陽性」「微陽性」「俺はもう治った」と偽医療に引っかかりたくないと「コロナに気をつけて」と叫びつつ自分だけ難を逃れようとします。

高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、体が悪く異物を排出する免疫力が低いので、ワクチンという異物を注入して死亡。死人が増えれば支払う年金の額が少なくて済みます。年金を株に突っ込んで溶かしてしまったのかもしれません。

ワクチンを打って具合が悪くなる患者が続出する予定ですから、今のうちにコロナ専用病棟を必死になって整備するわけです。今はガラガラでもワクチンを打たれた患者で、コロナ専用病棟が満杯になる可能性もあります。

使いやすい芸能人

芸能人なんかは都合の良い広告塔として利用しやすい人間です。

自分の考えを持たず偉い人の言うことにはホイホイ信じてしまい、治療を受けて体がボロボロになり、それでも医者のおかげで助かったと信じているのですから。

こんなにだまし易い人間は広告塔として利用しなければもったいないですよね。芸能人になるような人は自我が異常に弱く、そのおかげで成功しますが、自我の異常な弱さには負の側面もあります。

他人に依存しやすく、そのためにカルト宗教などおかしな団体に足を突っ込んでしまう傾向が強いわけですが、現代医療に足を突っ込んでボロボロにされて喜ぶのもカルト宗教にハマったのと同様と考えれば納得できるでしょう。

広告塔としてさんざん利用されたあげく、偽医療に喰われて病死ですから身から出たサビ。おかしな方法で財を築けばその財で身が滅びます。

芸能人を使って「専門家を信じてよかった」「ワクチン打ったおかげで体調がいい」「重症化が防げた」などカメラの前でいわせるのでしょう。医師の勧めで発がん性薬品を打ってがんが再発して喜んでいる芸能人が続出していますが何がしたいのか不明、正気でないのは確かです。不当に稼ぎすぎたカネを自分の生命で消費しているようにも見えます。

「偉そう」なだけで「偉い」わけじゃない

偉そうな先生の言うことをきいていれば助かる、と言って甘い考えを捨てることです。

医者に騙されて殺されても文句は言えず、警察も被害者を小馬鹿にするだけで捕まえてくれません。殺してくれてありがとうと感謝でするものまでいる始末。馬鹿は死んでも治らないということです。

ワクチンは病気の元

ワクチンを打てば打つほど病気になるリスクが高まります。コロナワクチンだろうが麻疹ワクチンだろうが、ろくなものが入っていないので具合が悪くなると言うわけです。

抗体ができたと喜んでも、単に赤血球と異物が結びついて細胞化しただけ。出来損ないの細胞が増えれば増えるほど体調が悪くなるだけです。でき損ないの細胞を「抗体」といってありがたがってるだけでした。

スペイン風邪においてもワクチン接種を受けた人から具合が悪くなり死んだと言う話がある位です。その時にも「抗体」と言うまやかしを使いワクチン接種を進めたと言われています。100年後に同じ方法を採用したのでしょう。

インチキコロナ騒動やインチキ治療を推進する医師、嘘つき政治家、反社政府の言うことに騙されず「俺も絶対に打たねーよ」と流されず官房長官のように強い気持ちで生活をしたいものですね。

みんなが大好きなPCR検査。ウィルスを目で確認しているわけもなく何を検査しているのかも不明。中国・武漢や人造ウイルス、「特定できないから」感染源・感染経路の話は、騒動が小さくなると困るので、存在しないことに。マスコミと医療関係者は「人間のツバ」が悪いと決定しました。

インドネシアから今月11日、同じ飛行機で関西空港に到着した10~20歳代の女性17人が、入国前の新型コロナウイルス抗原検査などで陽性になっていたことがわかった。  

厚生労働省は、搭乗前にクラスター(感染集団)が発生していた可能性が高いとみて、経緯を調べている。同省によると、空港で家族以外の集団の新型コロナ感染を確認したのは初めてという。

17人は11日、インドネシアのジャカルタからの直行便で関空に着いた。インドネシア出国前の72時間以内に受けた検査で陰性だったとの証明書を持っていた。  到着時は全員無症状で、現在は大阪府内のホテルで療養中だという。 https://www.yomiuri.co.jp/national/20201118-OYT1T50220/

出国時に陰性で入国時に陽性。偽検査で敗退してアメリカ横断ウルトラクイズみたいに入国できずに帰国です。

陰性、おめでとー!
あ〜なってしまったごめんなさい陽性〜

陰性証明書を持っている人が陽性になるなど結論がコロコロ変わる、風邪をひいたら陽性になる、ひきこもりの老人が陽性など……そのうさん臭さは枚挙に暇がありません。

でたらめな検査を使って国民を騙しワクチンを送りにする作戦と言うことです。テレビに出てくる研究者の人間はPCR検査の精度が高い高いと言うだけで何の検査なのか自分でもわかっていないのです。説明したとしても文系ばかりの国民では理解することは困難です。

無症状の感染者など都合のいい概念を作り出します。冷静に考えれば無症状の病人など治療する必要がないのに、人工呼吸器&ステロイド薬で後遺症まみれにされるだけ。

やばいと感じたアスリート・芸能人は「偽陽性」「微陽性」「俺はもう治った」と偽医療に引っかかりたくないと「コロナに気をつけて」と叫びつつ自分だけ難を逃れようとします。

高齢者や基礎疾患をお持ちの方は、体が悪く異物を排出する免疫力が低いので、ワクチンという異物を注入して死亡。死人が増えれば支払う年金の額が少なくて済みます。年金を株に突っ込んで溶かしてしまったのかもしれません。

ワクチンを打って具合が悪くなる患者が続出する予定ですから、今のうちにコロナ専用病棟を必死になって整備するわけです。今はガラガラでもワクチンを打たれた患者で、コロナ専用病棟が満杯になる可能性もあります。

使いやすい芸能人

芸能人なんかは都合の良い広告塔として利用しやすい人間です。

自分の考えを持たず偉い人の言うことにはホイホイ信じてしまい、治療を受けて体がボロボロになり、それでも医者のおかげで助かったと信じているのですから。

こんなにだまし易い人間は広告塔として利用しなければもったいないですよね。芸能人になるような人は自我が異常に弱く、そのおかげで成功しますが、自我の異常な弱さには負の側面もあります。

他人に依存しやすく、そのためにカルト宗教などおかしな団体に足を突っ込んでしまう傾向が強いわけですが、現代医療に足を突っ込んでボロボロにされて喜ぶのもカルト宗教にハマったのと同様と考えれば納得できるでしょう。

広告塔としてさんざん利用されたあげく、偽医療に喰われて病死ですから身から出たサビ。おかしな方法で財を築けばその財で身が滅びます。

芸能人を使って「専門家を信じてよかった」「ワクチン打ったおかげで体調がいい」「重症化が防げた」などカメラの前でいわせるのでしょう。医師の勧めで発がん性薬品を打ってがんが再発して喜んでいる芸能人が続出していますが何がしたいのか不明、正気でないのは確かです。不当に稼ぎすぎたカネを自分の生命で消費しているようにも見えます。

「偉そう」なだけで「偉い」わけじゃない

偉そうな先生の言うことをきいていれば助かる、と言って甘い考えを捨てることです。

医者に騙されて殺されても文句は言えず、警察も被害者を小馬鹿にするだけで捕まえてくれません。殺してくれてありがとうと感謝でするものまでいる始末。馬鹿は死んでも治らないということです。

ワクチンは病気の元

ワクチンを打てば打つほど病気になるリスクが高まります。コロナワクチンだろうが麻疹ワクチンだろうが、ろくなものが入っていないので具合が悪くなると言うわけです。

抗体ができたと喜んでも、単に赤血球と異物が結びついて細胞化しただけ。出来損ないの細胞が増えれば増えるほど体調が悪くなるだけです。でき損ないの細胞を「抗体」といってありがたがってるだけでした。

スペイン風邪においてもワクチン接種を受けた人から具合が悪くなり死んだと言う話がある位です。その時にも「抗体」と言うまやかしを使いワクチン接種を進めたと言われています。100年後に同じ方法を採用したのでしょう。

インチキコロナ騒動やインチキ治療を推進する医師、嘘つき政治家、反社政府の言うことに騙されず「俺も絶対に打たねーよ」と流されず官房長官のように強い気持ちで生活をしたいものですね。

Sponsored link
インチキコロナ騒動「俺は絶対にワクチン打たねーよ」官房長官:新型コロナウィルス
最新情報をチェックしよう!
NO IMAGE
error: Content is protected !!
Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

Ads Blocker Detected!!!

We have detected that you are using extensions to block ads. Please support us by disabling these ads blocker.

Powered By
Best Wordpress Adblock Detecting Plugin | CHP Adblock